《ブラック・ガーデン/Black Garden》

フィールド魔法
「ブラック・ガーデン」の効果以外の方法で
モンスターが召喚・特殊召喚に成功した時、
そのモンスターの攻撃力を半分にし、
そのモンスターのコントローラーから見て相手のフィールド上に
「ローズ・トークン」(植物族・闇・星2・攻/守800)1体を攻撃表示で特殊召喚する。
また、自分のメインフェイズ時に発動できる。
このカードとフィールド上の植物族モンスターを全て破壊し、
自分の墓地からこのカードの効果で破壊したモンスターの
攻撃力の合計と同じ攻撃力のモンスター1体を選択して特殊召喚する。 

 CROSSROADS OF CHAOSで登場したフィールド魔法
 召喚・特殊召喚に成功したモンスター攻撃力を半減させ、相手フィールドローズ・トークンを生成する強制誘発効果を持つ。
 さらにこのカード植物族全体除去した後に、モンスター蘇生する起動効果を持つ。

 前半の効果により、セット以外の方法で出したモンスターが全て弱体化するので、デュエルが膠着状態になりやすい。
 守備力は減少しないため、モンスター戦闘破壊するのが困難になり、攻撃力1600未満のモンスターでは特殊召喚するトークンすら倒せない。
 ただし反転召喚リバースには対応しておらず、結果として攻め手は遅れるものの、このカードの効果発動しない。
 この点は《聖なる輝き》と併用することで、半減効果及びローズ・トークンの増殖を免れない状態になる。
 なお、《収縮》を使った場合は特殊な処理が行われる。(FAQ参照

 ローズ・トークンアドバンス召喚シンクロ召喚を始めとするほとんどの事に使うことが出来るという点には注意が必要。
 大抵のモンスター攻撃力が半分になるため脅威ではなくなるが、《神獣王バルバロス》モンスター効果の発動を補助してしまう危険性もある。
 相手フィールド上に特殊召喚されたトークンを、すぐに始末できるようなデッキ構築にしておきたいところである。
 《群雄割拠》と併用すれば、相手【植物族】でない限りはローズ・トークン特殊召喚されることもかなり少なくなる。
 相手フィールドに他のモンスターが居なければ、これだけで簡易ロックとしても機能する。

 モンスターによる戦闘を重要視しないバーンロックタイプのデッキとの相性が良いカードと言える。
 反転召喚に対応しないその性質から、サイクル・リバースモンスターを多用するデッキでも一方的に相手だけを阻害するカードとして使える。
 またローズ・トークンという植物族を大量展開することから、植物族専用カードと様々なシナジーを生む。
 《椿姫ティタニアル》リリース確保や、《世界樹》フラワーカウンター稼ぎに大きな貢献が期待できるだろう。
 ただし【ギガプラビート】のようなビートダウンが持ち味の【植物族】との相性は最悪なので、くれぐれも投入するデッキを選ぶようにしよう。
 《種子弾丸》《フレグランス・ストーム》を採用するようなバーンコントロールタイプの【植物族】が適任である。

 後半の効果破壊するモンスターは、通常はローズ・トークンになるだろう。
 3体破壊すれば、攻撃力2400の一般的な上級モンスター蘇生できる。
 または、このカード発動ローズ・トークン1体を生成し即破壊することで攻撃力800限定の蘇生カードとして扱うのも手である。
 特に《リチュア・アビス》特殊召喚時にサーチ効果発動できるのでこのカードが任意のリチュア関連カードになるので非常に相性が良い。
 それ以外にも《バイサー・ショック》《D−HERO ディアボリックガイ》《召喚僧サモンプリースト》がいるので、チューナー1体から高レベルシンクロ召喚に繋げることも可能である。
 ローズ・トークンの数を調整することで攻撃力1600、2400…の蘇生も狙えるが攻撃力半減した自軍のモンスターが複数残るようだと有効とは言い難い。
 シンクロ召喚エクシーズ召喚に繋げる等攻撃力半減した自軍のモンスターの処理ができるような手段があると好ましいだろう。

 【植物族】ならば、ローズ・トークン以外にも破壊できるモンスターが多く存在するので、蘇生対象の範囲は広がる。
 上手く調整すれば《DNA改造手術》《アイヴィ・シャックル》を使うことで疑似《ブラック・ホール》蘇生にもなる。
 しかし、相手モンスターを巻き込まない限りディスアドバンテージが増加する上、前半の効果により攻撃力蘇生対象攻撃力と合わなくなってしまうケースも多く【植物族】にただ投入しただけでは効果的な蘇生はできない。

 ローズ・トークン特殊召喚は全てこのカードコントローラーが行う。
 そのため、自分がこのカードを使用している間に相手《増殖するG》発動すると、相手ローズ・トークン特殊召喚1回につき1枚ドローすることになる。
 また、《EMソード・フィッシュ》ならばローズ・トークン特殊召喚される度に弱体化効果を使用できる。

 非常に複雑な処理を行なうカードなので、以下にこのカードの効果についての解説を記しておく。

  • このカードの登場以降、攻撃力が800の整数倍かつ蘇生に何らかの制限がかかっていないことは一つの明確なメリットとなった。
    800、1600、2400といった攻撃力は、俗に「黒庭ライン」とも呼称されている。
  • その様は正にフィールドを覆い尽くす黒薔薇の園であった。
    アキは「ここは《ブラック・ガーデン》…、モンスターの命を養分に、花咲かせる魔界の花園」と公言している。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは仕様上収録されていないのだが、ステージ1でアキが対戦相手として登場する際に「ここは《ブラック・ガーデン》…」という発言をしている。
    このカードと関連付けたのであろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:カードの発動やそれぞれの効果の発動《王宮の弾圧》チェーンできますか?
A:効果の発動に対しては可能ですが、カードの発動に対しては不可能です。(09/04/16)

1つ目の効果関連

Q:攻撃力半減は強制ですか?チェーンブロックを作りますか?
A:強制発動で、チェーンブロックを作ります。
  なお、「半減→特殊召喚」までが一連の処理になります。(08/07/19)

Q:攻撃力を半減する効果対象を取る効果ですか?
A:対象をとらない効果です。(08/07/27)

Q:このカードフィールドを離れた時、このカードによって攻撃力を半分にされたモンスター攻撃力は元に戻りますか?
A:戻りません。(08/07/19)

Q:このカード適用中、相手フィールドモンスターカードゾーンが全て埋まっている時に、自分モンスター召喚(or特殊召喚)しました。
  この場合、攻撃力が半分になる効果のみが発動するのか、一連の効果なので、攻撃力は半減せず、トークンも生成されない、のどちらになるのでしょう?
A:トークン特殊召喚されませんが、攻撃力が半分になる効果のみが適用されます。(08/08/05)

Q:攻撃力0のモンスター召喚特殊召喚されたとき、効果発動しますか?
A:その場合も、ローズ・トークン特殊召喚されます。(08/07/19)

Q:攻撃力半減の効果効果解決時に、召喚特殊召喚されたモンスター裏側表示になっていた場合、ローズ・トークン特殊召喚されますか?
A:その場合でもローズ・トークン特殊召喚されます。(12/02/13)

Q:攻撃力半減の効果効果解決時に、召喚特殊召喚されたモンスターフィールド上に存在しない場合、ローズ・トークン特殊召喚されますか?
A:その場合、ローズ・トークン特殊召喚されません。(17/04/13)

Q:《ブラック・ガーデン》適用中に召喚して攻撃力が半分になったデュアルモンスター再度召喚しました。
  このとき、さらに攻撃力が半分になりますか?
A:はい。攻撃力はさらに半分になり、ローズ・トークン特殊召喚されます。(08/07/25)

Q:同時に複数のモンスター特殊召喚した場合、全てのモンスター攻撃力を半減しますか?
A:はい、その場合全ての特殊召喚されたモンスター攻撃力を半減します。(08/07/27)

Q:同時に複数のモンスター特殊召喚した場合、ローズ・トークンは何体も特殊召喚されますか?
A:一度に何体特殊召喚されても、発生するローズ・トークンは1回につき1体です。(08/07/19)

Q:《血の代償》などで1回のチェーンに複数のモンスター召喚(特殊召喚)した場合、攻撃力半減効果はすべてのモンスターに対し発動しますか?
A:召喚したモンスターの体数分、《ブラック・ガーデン》の効果が同一チェーン上にて発動します。(13/04/11)

Q:このカードフィールド上に発動している状態で、《高等紋章術》発動したら、ローズ・トークンは何体特殊召喚されますか?
A:2体特殊召喚されます。(13/04/11)

Q:《光天使スローネ》効果によって、《光天使スローネ》ドローした光天使特殊召喚されました。
  このカードの効果は何回発動しますか?
A:《光天使スローネ》特殊召喚と、ドローした光天使特殊召喚は同時扱いではありません。
  このカードの効果は2回発動します。(14/11/09)

Q:《雷帝家臣ミスラ》効果で、それぞれのフィールド家臣トークン《雷帝家臣ミスラ》が同時に特殊召喚された場合、ローズ・トークンはどのように特殊召喚されますか?
  (テキストに『1体を攻撃表示特殊召喚』とあるため)
A:それぞれのフィールドローズ・トークン特殊召喚されます。(16/02/13)

Q:エンドフェイズ時に行う手札枚数の調整によって墓地へ捨てられ特殊召喚された《魔轟神獣ケルベラル》に対してこのカード効果発動しますか?
A:発動します。(11/12/20)

Q:自分発動した《ブラック・ガーデン》がフィールドに存在している状態で自分《スケープ・ゴート》《迷える仔羊》《スライム増殖炉》等の『このカード発動する場合、このターン内は召喚反転召喚特殊召喚できない』効果を持ったカード使用する際の効果処理はどうなりますか?
A:その場合、これらのカード効果によりトークン特殊召喚され、その後にこのカード効果発動攻撃力が半分になる効果だけが適用され、ローズ・トークン特殊召喚されません。(08/09/04)

Q:《フォッシル・ダイナ パキケファロ》《虚無魔人》特殊召喚を封じられた状態でモンスター召喚されたとき、攻撃力半減効果のみが発動しますか?
A:はい、トークン特殊召喚されず、攻撃力半減効果だけが適用されます。(08/09/02)

Q:《ホルスの黒炎竜 LV6》等の魔法カード効果を受けないモンスター召喚した場合でもローズ・トークン特殊召喚されますか?
A:はい、特殊召喚されます。(08/07/23)

Q:《スキルドレイン》適用中に《ホルスの黒炎竜 LV6》等の魔法カード効果を受けないモンスター召喚され攻撃力が半減しました。
  《スキルドレイン》破壊された場合、半減した攻撃力を元に戻しますか?
A:いいえ、半減効果は継続されます。(08/07/21)

Q:攻撃力を半減する処理と特殊召喚する処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いです。(12/10/18)

攻撃力半減効果関連

Q:1つ目の効果攻撃力が半分になっているモンスター《収縮》発動した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:《収縮》効果によりそのモンスターのテキスト記載の元々の攻撃力の半分になります。
  その後、エンドフェイズ攻撃力元々の攻撃力に戻ります。(08/09/17)

Q:自分フィールドの上に《強者の苦痛》1枚と《ブラック・ガーデン》が存在します。相手《青眼の白龍》召喚特殊召喚しました。攻撃力はいくらになりますか?
A:《ブラック・ガーデン》と《強者の苦痛》発動している時に《青眼の白龍》召喚した場合、《強者の苦痛》効果によって攻撃力が800ポイントダウンした数値が半分になります。
  したがって、《青眼の白龍》攻撃力は1100になります。(08/12/31)

Q:《邪神ドレッド・ルート》が存在する場合、攻撃力半減効果は重複しますか?
A:召喚特殊召喚したモンスターは先に《邪神ドレッド・ルート》永続効果攻撃力が半分になり、その攻撃力が半分になった状態からこのカード効果攻撃力がさらに半分になり、またその半分になったモンスター攻撃力《邪神ドレッド・ルート》永続効果で半分になり、結果、元々のモンスター攻撃力の8分の1の攻撃力になります。
  (例:攻撃力1000のモンスター召喚《邪神ドレッド・ルート》永続効果攻撃力500にこのカードの効果でさらに半分の攻撃力が250、ここでまた《邪神ドレッド・ルート》永続効果適用され半分の125になります。(08/09/17)
  なお、途中で端数が出た場合はその時点で四捨五入を行い、次の半減処理に移ります。(10/03/12)

Q:《邪神ドレッド・ルート》が2体存在する場合、モンスター召喚すると攻撃力は最終的にいくつになりますか?
A:《ブラック・ガーデン》と《邪神ドレッド・ルート》が2体存在する時に、モンスター召喚に成功した場合、《邪神ドレッド・ルート》2体の効果適用された数値から《ブラック・ガーデン》の効果によって半分になった後、再度《邪神ドレッド・ルート》2体の効果適用されます。(10/06/14)

Q:《邪神アバター》召喚された場合、攻撃力はどうなりますか?
A:最後に《邪神アバター》効果攻撃力が決定します。(08/07/21)

Q:《ワイト》墓地に2体いる状態で《ワイトキング》召喚した場合、《ワイトキング》攻撃力はどうなりますか?
  また、その後でさらに3体目の《ワイト》墓地に落ちた場合《ワイトキング》攻撃力はどうなりますか?
A:その場合、攻撃力は2000の半分の1000になり攻撃力は元に戻らず、墓地《ワイト》の数が増減しても変化せず攻撃力は1000のままになります。(08/09/04)

Q:この効果攻撃力1000になったモンスター(元々の攻撃力は2000)が《地球巨人 ガイア・プレート》攻撃されかつ生き残った場合、その後の攻撃力は最終的にいくつになりますか?
A:ダメージ計算時のみ500になり、その後1000に戻ります。(10/08/12)

Q:《サイバー・ブレイダー》が、相手フィールドに2体のモンスターが存在する状況で融合召喚された場合攻撃力はいくつになりますか?
A:《サイバー・ブレイダー》攻撃力は2100となります。(12/05/26)

Q:《ブラック・ガーデン》適用中に妥協召喚した《神獣王バルバロス》に対し《禁じられた聖杯》発動しました。
  それ以降、その《神獣王バルバロス》攻撃力はいくつになりますか?
A:まず、《禁じられた聖杯》効果によって《神獣王バルバロス》効果が無効になり、攻撃力は400ポイントアップします。
  しかし、《ブラック・ガーデン》の効果適用されているため、効果無効になったとしても攻撃力は元々の3000に戻りません。
  よって、950に400を加算し1350となります。エンドフェイズ以降の攻撃力は950に戻ります。(09/05/06)

Q:《ブラック・ガーデン》が適用中に《ビクトリー・バイパー XX03》効果オプショントークン特殊召喚した場合、オプショントークンステータスはどうなりますか。
  またその後《ビクトリー・バイパー XX03》ステータスが変化した場合、オプショントークンステータスはどうなりますか。
A:《ブラック・ガーデン》の効果適用されている時に特殊召喚されたオプショントークンも、《ビクトリー・バイパー XX03》と常に同じ数値のままとなります。
 したがって《ブラック・ガーデン》の効果によってオプショントークン攻撃力が半分になる事はありません。(10/08/16)

Q:1番目の効果攻撃力が半分になっているモンスター《禁じられた聖槍》発動した場合、攻撃力はどう変化しますか?
A:《禁じられた聖槍》効果によって、攻撃力エンドフェイズまで800ポイントダウンします。
  《禁じられた聖槍》以外の魔法・罠カード効果を受けませんが、《ブラック・ガーデン》効果適用されたままになります。
  (例:攻撃力3000の《青眼の白龍》召喚し、このカードの効果攻撃力が半減し1500、その後に《禁じられた聖槍》発動した場合、攻撃力は800ポイントダウンし、攻撃力700となります。エンドフェイズ以降は攻撃力1500となります。)(10/11/13)

Q:このカード適用中、《トラゴエディア》召喚した時、手札が4枚でした。
  この《トラゴエディア》対象《禁じられた聖槍》発動した場合、攻撃力はどう変化しますか?
A:《禁じられた聖槍》効果によって、攻撃力は800ポイントダウンします。
  《禁じられた聖槍》以外の魔法・罠カード効果を受けませんが、《ブラック・ガーデン》効果適用されたままになります。
  よって、攻撃力1200に800を減算し、400となります。エンドフェイズ以降は攻撃力1200となります。(10/11/13)

Q:このカード適用中、《高等紋章術》効果によって特殊召喚した2体のモンスターに半減効果適用されますか?
A:《ブラック・ガーデン》を発動している時に《高等紋章術》発動した場合に、《高等紋章術》効果によって墓地から特殊召喚されたモンスター攻撃力は半分にはなりません。(13/04/20)

Q:このカード適用中、《機皇帝グランエル∞》特殊召喚されました。この場合《機皇帝グランエル∞》攻撃力はどう変化しますか?
A:その場合、《機皇帝グランエル∞》自身の効果によってアップした数値がこのカード効果によって半分となります。
  その後、自身のライフポイントが変化した場合でも、《機皇帝グランエル∞》攻撃力は変化しません。(12/11/26)

ローズ・トークン関連

Q:ローズ・トークン特殊召喚された時、どちらのプレイヤーが「特殊召喚に成功した」扱いですか?
A:このカード効果によって特殊召喚されるローズ・トークンは、「このカード発動しているプレイヤー」が特殊召喚した扱いになります。 (11/09/25) 

Q:ローズ・トークンの元々の持ち主はどちらのプレイヤーですか?
A:ローズ・トークンの元々の持ち主ローズ・トークン特殊召喚トリガーになったモンスター召喚特殊召喚したプレイヤーになります。(11/09/25)

Q:自分が《ブラック・ガーデン》を発動しています。
  自分モンスター召喚した場合、ローズ・トークンの位置はどちらが決定しますか?
A:自分です。(17/05/27)

Q:自分が《ブラック・ガーデン》を発動しています。
  相手モンスター召喚した場合、ローズ・トークンの位置はどちらが決定しますか?
A:相手です。(17/05/27)

Q:《次元融合》等によって自分相手が同時にモンスター特殊召喚した時、自分相手の両方にローズ・トークン特殊召喚されますか?
  される場合、ローズ・トークン特殊召喚は同時扱いですか?
A:《ブラック・ガーデン》が存在する時に、《次元融合》発動お互いフィールド上にモンスター特殊召喚された場合、「ローズ・トークン」はお互いフィールド上に特殊召喚されます。
  なお、「ローズ・トークン」は同時に特殊召喚される扱いとなります。(10/06/25)

Q:自分フィールド魔法ゾーンにこのカードが存在する状況で、自分《餅カエル》の(2)の効果相手モンスター自分フィールドセットした時、このカード効果相手フィールドローズ・トークン特殊召喚されますが、特殊召喚するモンスターゾーンはこのカードコントローラーである自分が選びますか?
  また、その特殊召喚したローズ・トークン1体のみをリリースして相手《宇宙獣ガンギル》アドバンス召喚できますか?
A:《ブラック・ガーデン》の効果によって特殊召喚されるローズ・トークンは、《ブラック・ガーデン》の効果発動する際に召喚特殊召喚したモンスターコントローラーとなり、ローズ・トークンを置く位置も、そのプレイヤーが選択します。
  ご質問の場合、自分が選びます。
  また、相手フィールド上にあるローズ・トークン1体をリリースして、相手プレイヤー《宇宙獣ガンギル》アドバンス召喚できます。(17/04/01)

Q:自分フィールド魔法ゾーンにこのカードが存在する状況で、相手《超重武者ヒキャ−Q》効果相手手札から《超重武者装留イワトオシ》1体と《超重武者ツヅ−3》1体が自分フィールド特殊召喚した時、このカード効果相手フィールドローズ・トークン特殊召喚されますが、特殊召喚するモンスターゾーンはこのカードコントローラーである自分が選びますか?
  また、その特殊召喚したローズ・トークン1体のみをリリースして相手《宇宙獣ガンギル》アドバンス召喚できますか?
A:その場合、ローズ・トークンの持ち主である自分ローズ・トークン特殊召喚する位置を決めます。
  また、持ち主が自分であるローズ・トークン相手プレイヤーフィールドに存在しているので、ローズ・トークン1体をリリースして《宇宙獣ガンギル》アドバンス召喚できます。(17/04/02)

2つ目の効果関連

Q:2つ目の蘇生効果発動時の植物族全体破壊コストですか?チェーンブロックを作りますか?
A:効果破壊し、チェーンブロックを作ります。(08/07/19)

Q:蘇生させる効果発動時墓地モンスター対象に取りますか?
A:はい、対象に取ります。(08/07/19)

Q:フィールド上の植物族モンスターを全て破壊する処理と墓地からモンスター特殊召喚する処理は同時に行う扱いですか?
  効果処理後、モンスター破壊され墓地へ送られた時に発動できる任意効果タイミングを逃さず発動できますか?
A:同時ではありません。破壊後に特殊召喚する処理になり、モンスター破壊され墓地へ送られた時に発動できる任意効果タイミングを逃すため発動できません。(12/10/18)

Q:フィールド上に植物族が存在しない時2つ目の効果発動し、攻撃力0のモンスター蘇生できますか?
A:いいえ、破壊する植物族が存在しない場合は発動できません。(08/07/21)

Q:《DNA改造手術》植物族宣言)の効果適用中に《ブラック・ガーデン》の破壊効果発動しました。
  フィールド上の元々の種族植物族でないモンスター破壊することは可能ですか?
A:はい。可能です。(08/07/23)

Q:フィールド上の植物族攻撃力の合計と一致するモンスター墓地に存在しない場合、2つ目の効果発動できますか?
A:できません。(08/07/19)

Q:フィールド上の植物族モンスターが1体のみの場合、2つ目の効果発動して破壊したモンスター特殊召喚できますか?
A:いいえ、特殊召喚できません。(12/11/26)

Q:自分フィールド上に《Sin スターダスト・ドラゴン》がいる時、2つ目の効果発動できますか?
A:できません。(11/02/18)

Q:このカード《マジック・ガードナー》カウンターまたは《カードガード》ガードカウンターが乗っている場合、2つ目の効果発動できますか?
A:発動することはできますが、このカード自身は破壊されない為適用はされません。(13/11/01)

Q:このカードの2つ目の効果によって破壊できなかった植物族モンスター攻撃力の合計に加算されますか?
A:加算されません。(13/03/31)

Q:フィールド上の植物族モンスター《カードガード》ガードカウンターが乗っている場合、2つ目の効果発動できますか?
A:発動はできますが、効果解決時破壊したモンスター攻撃力の合計と選択したモンスター攻撃力が一致していなければ2つ目の効果適用されません。(13/03/31)

Q:2つ目の効果発動後のチェーンにより攻撃力の合計が増減した場合、選択したモンスター特殊召喚できますか?
A:チェーンしたカードによって、植物族モンスター攻撃力の合計が増減し、墓地モンスター攻撃力と等しくない場合、特殊召喚する事はできません。(08/07/21)

Q:2つ目の効果発動後、相手植物族破壊されますか?
A:はい、破壊されます。(08/07/23)

Q:破壊する植物族モンスター攻撃力の合計はどこで参照しますか?
A:フィールドで参照します。(12/12/30)

Q:《DNA改造手術》植物族宣言)の効果適用中に《ブラック・ガーデン》の破壊効果発動しました。
  フィールド上の元々の種族植物族でないモンスター攻撃力の合計に加算されますか?
A:はい。加算されます。(12/12/30)

Q:罠モンスタートークン攻撃力の合計に加算されますか?
A:はい。加算されます。(12/12/30)

Q:2つ目の効果発動後、チェーンして《サイクロン》発動されこのカードを先に破壊されました。
 この場合植物族モンスター破壊されますか?
A:その場合、2つ目の効果適用されず破壊されません。(13/03/31)

Q:2つ目の効果発動後、チェーンして《忍法 超変化の術》発動《白竜の忍者》特殊召喚されました。
 このとき、《ブラック・ガーデン》の効果適用されますか?
A:いいえ、されません。(13/04/11)


Tag: 《ブラック・ガーデン》 魔法 フィールド魔法

広告