《ホールディング・レッグス/Holding Legs》

効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻 800/守 600
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
フィールドにセットされた魔法・罠カードを全て持ち主の手札に戻す。
(2):墓地のこのカードを除外し、
相手フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
次の相手ターン終了時までそのカードは発動できない。

 MILLENNIUM PACKで登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合にセットされた魔法・罠カードバウンスする誘発効果墓地の自身をコストセットされた魔法・罠カード発動を封じる起動効果を持つ。

 (1)の効果は、セットされた魔法・罠カードバウンスする効果
 基本的には本命を通す前に露払いとして相手セットカードをどかすのが主な役割となる。
 このカード召喚に対して《激流葬》などを発動される可能性もあるが、レベル4で効果タイミングを逃す心配は無いため、《ゴブリンドバーグ》特殊召喚して発動機会を奪う手も有る。
 ただし、セットカードが1枚だけの場合は、《ライトロード・マジシャン ライラ》等で破壊した方が良いことも考慮したい。
 変わった所では、《埋蔵金の地図》トリガーとしても使いやすい。

 (2)の効果により墓地へ送られた後でも相手セットカード1枚を一時的に封じられる。
 (1)の効果バウンスして発動を遅らせたカードをこちらの効果で封じてやれば、相手はかなり長い間そのカードを使用できなくなるため妨害に使いやすい。
 しかし、次のターンには発動可能になる上、フリーチェーンならこの効果に対してチェーンされてしまう。
 (1)の効果で複数枚バウンスさせた場合も同様であり、あくまで一時しのぎであることは念頭に置きたい。

 レベル4・闇属性悪魔族なので《マスマティシャン》《終末の騎士》《ダーク・グレファー》《魔サイの戦士》効果に対応しているため墓地へ送る手段は多い。
 上記のカードがなくてもこのカードでもエクシーズ召喚できるランク4は多く、墓地へ送る手段は多岐に渡る。
 このことから(1)の効果を無視して(2)の効果のみを目当てに使用することも検討できる。
 墓地に送った後も相手エンドフェイズ《リビングデッドの呼び声》等で蘇生させることでエンドサイクに近い感覚でバウンスできる。
 先攻ターン目などのセットカードがない状況で墓地に送った際の選択肢として覚えておくといいだろう。

 同一ターンにおける効果発動の回数制限や、同名カードの使用制限が存在しない。
 《聖戦士カオス・ソルジャー》召喚特殊召喚した場合、あちらの(1)の効果相手カード除去した上にこのカード1枚で最大2枚のセットカードを封じるため、あちらの(2)の効果発動を補助できる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ホールディング・レッグス》 モンスター 効果モンスター 星4 闇属性 悪魔族 攻800 守600

広告