《ホップ・イヤー飛行隊(ひこうたい)/Hop Ear Squadron》

チューナー・効果モンスター
星2/風属性/獣族/攻 300/守 600
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手メインフェイズに、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、そのモンスターとこのカードのみを素材としてS召喚する。

 CHAOS IMPACTで登場した風属性獣族下級モンスターチューナー
 相手メインフェイズに自身を手札から特殊召喚し、他の自分モンスター1体と合わせてシンクロ召喚を行う誘発即時効果を持つ。

 効果自体は《水晶機巧−クオン》に似ているが、非チューナーを呼び出すあちらに対し、こちらは自身の特殊召喚を行う。
 注意点はあちらを参照。
 このカードは自身の特殊召喚を行うため、《デモンズ・チェーン》などに妨害されず、手札誘発のためシンクロ召喚を行うことを気づかれにくい。
 現環境では《エフェクト・ヴェーラー》《灰流うらら》などに妨害されて棒立ちとなったモンスターを処理することにも役立つだろう。
 除去対象になったモンスターサクリファイス・エスケープに使い、シンクロモンスターを残すこともできる。
 対象をとるので、この効果チェーンされてモンスター除去をくらうとシンクロ召喚不発となってしまう。

 シンクロ召喚先に制限はないため、シンクロ召喚したい主なモンスター《フォーミュラ・シンクロン》の(2)の効果を使う場合と概ね同様。
 シンクロ素材の数の制限や、種族属性の違いには注意したい。

 エクシーズモンスターリンクモンスター主体のデッキでもない限り、このカードシンクロ素材になり得るモンスターフィールドが残ったまま相手ターンが渡ることも少なくない。
 ただ、サクリファイス・エスケープにしても、相手ターンシンクロ召喚する意義のあるカードは限られてくる。
 もっとも、手札誘発なら他のカードへの警戒が優先されるので、このカードで意表をついたり、相手ターン特殊召喚できるモンスター等を併用し、予想を崩すことはできるかも知れない。

 レベル獣族なので、《キーマウス》でのサーチ《魔獣の懐柔》をはじめとする豊富なリクルート手段に対応する。
 サーチした場合はやはり奇襲性は薄れるものの、単体除去などへの牽制や《ブラック・ローズ・ドラゴン》等の存在を匂わすことで相手の展開をある程度縛ることができる。

 レベル10・12シンクロモンスターを組み込みやすい【Sin】との相性は悪くなく、相手フィールド魔法除去チェーンしてこのカードシンクロ召喚すれば、自分モンスターゾーンががら空きになるのを防ぐことができる。

  • カードのモチーフはウサギの一種である「ロップイヤー」だと思われる。
    耳が非常に大きく、成体になると垂れ下がるのが特徴で、スペイン原産の品種改良された家畜用のアナウサギである。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ホップ・イヤー飛行隊》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星2 風属性 獣族 攻300 守600

広告