《マジシャンズ・ソウルズ/Magicians' Souls》

効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻   0/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札にある場合、
デッキからレベル6以上の魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカードを特殊召喚する。
●このカードを墓地へ送る。
その後、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」または
「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚できる。
(2):自分の手札・フィールドから魔法・罠カードを2枚まで墓地へ送って発動できる。
墓地へ送った数だけ自分はデッキからドローする。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編6−で登場する闇属性魔法使い族下級モンスター
 デッキレベル6以上の魔法使い族コスト手札から特殊召喚または自身を墓地へ送り《ブラック・マジシャン》《ブラック・マジシャン・ガール》蘇生する効果手札フィールド魔法・罠カードコストドローする効果を持つ。

 (1)は手札の自身を特殊召喚するか、自身を墓地へ送って《ブラック・マジシャン》《ブラック・マジシャン・ガール》蘇生する効果
 どちらの場合でもコストとしてレベル6以上の魔法使い族デッキから墓地へ送ることができ、蘇生墓地発動する効果とのコンボが狙える。
 コストなので無効にされても墓地肥やしができるが、レベル6以上の魔法使い族デッキに存在しなければ発動できない点には注意。

 自身を特殊召喚する場合、全く同じステータスノーコスト《ジェスター・コンフィ》が存在する。
 こちらはコストの関係で特殊召喚できるデッキは限られるが、(2)の効果も持ち墓地肥やしもできるので、コストを確保できるならあちらより優先しやすい。

 《ブラック・マジシャン》《ブラック・マジシャン・ガール》蘇生する場合、コストでそれらを墓地へ送っておけばすぐに特殊召喚できる。
 実質的に手札のこのカード1枚でどちらかを擬似的にリクルートできるということになる。
 墓地送り効果ではなくコストであり、リクルートするわけではないので《灰流うらら》に妨害されないが、蘇生であるため《屋敷わらし》無効にされる。
 その場合、発動無効になることで手札のこのカード墓地へ送られない。

 (2)は魔法・罠カードを2枚まで墓地へ送ってドローする効果
 手札交換と言えるが、こちらは効果を使用したフィールド永続魔法などもコストにできる。
 《ブラック・マジシャン》サポートカードでは《マジシャンズ・コンビネーション》とのコンボが狙える。
 《魔術師の再演》はこのカード蘇生でき、墓地へ送ることで魔術師永続魔法サーチ可能であり相性が良い。
 《サクリファイス》等で装備した相手モンスターコストにするのもいいだろう。

 注意点としては墓地へ送るのはコストであり、《エフェクト・ヴェーラー》《灰流うらら》などにカウンターされた場合、大きなディスアドバンテージに繋がる。
 また《マクロコスモス》が存在する場合など、カード墓地へ送れない状況では(1)共々発動自体できない。

 (2)の効果魔法使い族と関係はないので、こちらだけを目的に汎用カードとして採用することも考えられるが、その際に(1)の効果発動できるようにしておくかは熟考が必要だろう。
 (1)も発動できるようにする場合、《星呼びの天儀台》なら手札に来てしまった(1)のコストデッキ戻すことができ、不要になった場合は(2)のコストに当てられる。

 ウィッチクラフトとは相性がよく、《ウィッチクラフト・サボタージュ》特殊召喚する最上級ウィッチクラフトを墓地へ送りつつ、使用しないウィッチクラフト魔法カードドローに変換できる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《マジシャンズ・ソウルズ》 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 魔法使い族 攻0 守0

広告