《ライトパルサー・ドラゴン/Lightpulsar Dragon》

効果モンスター
星6/光属性/ドラゴン族/攻2500/守1500
このカードは自分の墓地の光属性と闇属性のモンスターを
1体ずつゲームから除外し、手札から特殊召喚できる。
また、手札の光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ墓地へ送り、
このカードを自分の墓地から特殊召喚できる。
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、
自分の墓地のドラゴン族・闇属性・レベル5以上の
モンスター1体を選択して特殊召喚できる。

 ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン−で登場した光属性ドラゴン族上級モンスター
 手札墓地から特殊召喚できる召喚ルール効果と、墓地へ送られた時にドラゴン族闇属性上級モンスター蘇生する任意発動誘発効果を持つ。

 カオスと同様の特殊召喚条件を持ち、《ダーク・シムルグ》の様に墓地からの自己再生もできる。
 《ダーク・シムルグ》との差異として、墓地からの特殊召喚時にはモンスター除外せず墓地へ送る
 後続のカオス特殊召喚条件を満たしたり、自身の後半の蘇生効果を使うための墓地肥やしにできるため、メリットは大きい。
 反面、《次元の裂け目》等が存在すると、この召喚条件による手札からの特殊召喚はできない。
 また、《ダーク・シムルグ》の場合は起動効果であるのに対しこちらは召喚ルール効果であるため、《ライオウ》等に妨害されうる。
 一方で、自己再生《D.D.クロウ》等をチェーンされないというメリットもある。
 通常召喚も可能で、上級モンスターとしては高めの攻撃力なので、状況によってはアドバンス召喚をしても悪くない。

 同様の召喚条件を持つ《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》《カオス・ソーサラー》は対モンスター性能が非常に高く、【カオス】においてはこのカードの優先順位は落ちる。
 現在はそれぞれ制限カード準制限カードであるため、4枚目以降のカオスとして採用を検討しても良いだろう。
 このカードの持ち味を活かすなら、後半の蘇生効果ドラゴン族である点を活かし、【ドラゴン族】ドラゴン族シンクロモンスターを多用するデッキで採用していきたい。
 光属性ドラゴン族には聖刻《青眼の白龍》《エクリプス・ワイバーン》闇属性には《神竜 アポカリプス》《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》等が存在する。
 自己再生効果を使う際、手札で腐っている上級ドラゴン族墓地へ送る事ができるのは、効率が良い。
 手札からの特殊召喚は、カード・アドバンテージを失わないが、【ドラゴン族】墓地に依存する部分が大きいため、除外によって墓地アドバンテージを減らしてしまうのは痛い。
 ただし、《エクリプス・ワイバーン》除外効果を使う、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》除外《闇次元の解放》に繋げる等、メリットに転換させる事もできる。

 後半の効果は範囲こそ狭いものの、ドラゴン族上級モンスター蘇生できる。
 蘇生対象となるドラゴン族は、《竜の渓谷》《終末の騎士》《ダークフレア・ドラゴン》等、墓地へ送る手段が豊富に存在している。
 これらは、このカード特殊召喚するコストの調達にも使えるので、相性が良い。
 蘇生対象として特に強力なのは、やはり《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》だろう。
 このカード除去されても、後続の《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》でこのカードを即座に蘇生して、再びフィールドに戻る事ができる。
 《ブラック・ホール》等の全体除去で自発的にこのカード諸共モンスターを全滅させれば、ガラ空きの相手に対してゲームエンド級の攻撃を叩き込む事ができる。
 その他では、シンクロモンスター《ダークエンド・ドラゴン》《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》蘇生できれば理想的である。
 他には召喚条件が同じである《ダークフレア・ドラゴン》特殊召喚しやすい《バイス・ドラゴン》《異界の棘紫竜》等も蘇生対象として準備しやすい。
 効果特殊召喚したドラゴン族を、ウイルスカード等のコストにするのも良いだろう。
 《巨竜の羽ばたき》等で手札に戻せば、再び自己再生効果手札コストにできる。

 《ダークエンド・ドラゴン》の様に破壊を介さず墓地へ送る効果であっても発動できるため、フィールドに出しさえすれば高確率で蘇生効果発動を狙える。
 ただし、現環境には《奈落の落とし穴》《神の警告》等、発動条件を満たさずに除去できるカードも多く存在するので過信はできない。
 除外バウンスされた場合も同様である。
 特に《次元の裂け目》等がある状態では、このカード特殊召喚するためのコストを用意できず、蘇生効果も活かせなくなるので注意。
 また、任意効果であるため、チェーン2以降で除去された場合はタイミングを逃し発動できない。
 リリースシンクロ素材等にした場合や《ライトロード・ハンター ライコウ》等によって破壊された場合も同様である。

  • 「パルサー(Pulsar)」とは、パルス状の可視光線、電波、X線を発生する天体の総称である。
    超新星爆発後、ブラックホールと共に残るといわれており、に関係する効果はここから来ているのだろう。
    海外の紹介記事では、ブラックホールドラゴンを呼ぶと説明されている。
    このカードイラストでも、パルス状の光線を放っているのが確認できる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

このモンスター効果蘇生可能なモンスター一覧

(※は蘇生制限を満たした上で可能)

レベル

レベル

レベル

レベル

レベル

レベル10

レベル12

収録パック等

FAQ

Q:それぞれの効果分類は何ですか?
A:1つ目・2つ目の効果は分類のない効果(召喚ルール効果)で、3つ目の効果誘発効果です。(11/12/10)

Q:1つ目・2つ目の効果で、除外墓地送りコストですか?
A:いいえ、このカード特殊召喚するための手順であり、コストではありません。(11/12/10)
  注:同様にコストと効果の分類の効果でもない。

Q:2つ目の効果での特殊召喚に対し、《昇天の黒角笛》発動できますか?
A:はい、発動できます。尚、その場合も消費した2枚の手札墓地に送られたままです。(12/06/13)

Q:3つ目の効果任意効果のようですが、コスト墓地へ送られた場合、タイミングを逃す事になりますか?
A:はい、逃します。(11/12/10)

Q:3つ目の効果は、対象をとりますか
A:はい、取ります。(11/12/10)

Q:ダメージステップ中にこのカードフィールドから墓地へ送られた時、3つ目の効果発動できますか?
A:はい、できます。(11/12/10)

Q:2つ目の効果で、手札にあるこのカード闇属性モンスター1体を墓地へ送り、このカード自身を墓地から特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(11/12/16)

Q:装備魔法扱いのこのカードを装備したモンスターが戦闘によって破壊され、このカードが墓地へ送られた時、3つ目の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/03/12)

広告