《ラヴァル・キャノン/Laval Cannon》

効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻1600/守 900
このカードが召喚・反転召喚に成功した時、
ゲームから除外されている自分の「ラヴァル」と名のついた
モンスター1体を選択して特殊召喚できる。

 DUEL TERMINAL −オメガの裁き!!−で登場した炎属性戦士族下級モンスター
 召喚・反転召喚に成功した時、ラヴァル1体を帰還させる誘発効果を持つ。

 墓地アドバンテージが重要なラヴァルにとって、弱点であった除外メリットに変えられるこのカードの効果は非常に有用。
 また除外した《ラヴァル炎湖畔の淑女》特殊召喚することでレベル7のシンクロ召喚ができるだけでなく、セットされたカード破壊する効果を再び使用することができる。
 レベル4を出せばエクシーズ召喚につなげられる。

 《封印の黄金櫃》ラヴァルデッキから除外すれば、擬似的にサーチ特殊召喚ができる。
 また、《封印の黄金櫃》《真炎の爆発》などのキーカードサーチできるので、このカードを採用するなら併せて投入しておくといいだろう。
 他にも《インフェルノ》《炎の精霊 イフリート》《ヘルフレイムエンペラー》《ラヴァル・グレイター》《ラヴァル・ステライド》効果除外したラヴァル帰還させるのも悪くはない。

 効果自体は優秀だが、特殊召喚時には発動しない。
 また、その守備力から《真炎の爆発》にも対応していない。
 攻撃力も準アタッカー程度しかないので、複数枚積む場合は能動的に除外できるギミックを多めに用意しておきたい。
 また、《ラヴァルバル・ドラグーン》効果サーチできるものの、あちらはシンクロモンスターなので依存は危険である。

 除外ギミックを多く使うならば、《戦士の生還》を採用する事である程度カバーできる。
 《炎熱伝導場》《ラヴァル炎火山の侍女》で他のラヴァルと同時に墓地へ送る事ができるため、墓地に存在しなければならない条件と、墓地へ送る事へのディスアドバンテージを解消できる。
 その分、本来墓地へ送るべきであったラヴァルが利用できなくなるので注意が必要である。
 同じラヴァル妥協召喚可能な《ラヴァル・ランスロッド》《ライオウ》《インヴェルズ・ローチ》などに強い《フォトン・スラッシャー》《シューティング・クェーサー・ドラゴン》などを狙う際の《ブースト・ウォリアー》ならば、《戦士の生還》を共有でき、相性も悪くない。

  • インヴェルズ大戦の中でヴァイロンを付与された者の1体。
    しかし関連書籍には他の力を付与された者たちと違いそれ以上の活躍はなく、一部のモンスター召喚時セリフがカーリーなのさにあるDUEL TERMINALでもただの擬音語で済まされてしまっており、かなり不遇である。

関連カード

―《ラヴァル・キャノン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ラヴァル・キャノン》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 戦士族 攻1600 守900 ラヴァル

広告