《リチュア・エリアル/Gishki Ariel》

効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1000/守1800
リバース:デッキから「リチュア」と名のついたモンスター1体を手札に加える事ができる。

 DUEL TERMINAL −インヴェルズの侵略!!−で登場した水属性魔法使い族下級リバースモンスター
 デッキからリチュアサーチする誘発効果を持つ。

 サーチ先にレベル種族などの制限は無いため、全てのリチュアモンスターサーチできる。
 そして、《シャドウ・リチュア》サーチすれば間接的に儀式魔法サーチできるため、事実上リチュアと名のついたカード全てをサーチできることになる。
 《リチュア・アビス》《ヴィジョン・リチュア》といった補助的なモンスターはもちろん、《リチュア・アビス》ではサーチできない《リチュア・ビースト》サーチ可能である。
 その《リチュア・ビースト》との相性は抜群で、戦闘破壊されたとしても次のターンに損失無しのエクシーズ召喚へ繋げる事ができる。
 守備力もそこそこあり、下級メリットアタッカー程度なら受け止めることができる。

 ただ、《リチュア・アビス》と比較してリバースさせる必要があるため、タイムラグが発生するのが欠点。
 《ライオウ》との相性は最悪であり、一方的に戦闘破壊される上にサーチ効果も使えなくなる。
 また、リチュア下級モンスター召喚に成功した時に効果発動するものが多く、【リチュア】ではこのカード以外のモンスターセットする事が少ない。
 このため、このカードの存在は非常に読まれやすく、《ブラック・ホール》などでリバース前に破壊されて効果が使えない事も少なくない。
 とはいえ、群を抜くサーチ範囲の広さから【リチュア】への投入例は多い。
 《A・ジェネクス・バードマン》から《アーカナイト・マジシャン》に繋げられるのも、大きなメリットとなる。

  • 英語名のArielはヘブライ語で「神のライオン」を意味し、また空気の精霊の名前でもあるが、このカードとあまり関連性は無いように思える。
  • この意味での「エリアル」が登場する作品としてシェークスピアの「テンペスト」が存在する。
    幽閉されていたところを主人公に救われ、使い魔として主従関係となり、最後には自由となるというもので、解説の《リチュア・ノエリア》と似ている点がある事から、そこから取られたのかもしれない。
    また作品内では徹底して中性的に扱われており、一般的には男性と解釈されるという側面があり、後述のWCSの設定に通じるものがある。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALのアクションデュエルにおけるミニゲーム「ぴちぴち魚釣り」では、アクション中タイトル画面横にデフォルメ化された姿で2体描かれている。
    また、魚がすべて釣れた場合のゲーム終了画面に登場する。
    また、イベントモードではカーリーなのさが【リチュア】で使用。
    召喚時には「かかったのさ!《リチュア・エリアル》!」という専用ボイスが存在する。
  • WCS2011では対戦相手として登場。
    「リチュアンブルー」という名の【リチュア】を使用する。
    ちなみに、このモンスターは女性であるはずだが、何故か台詞が男性キャラのものに設定されている。
    ただし、女性モンスターの台詞セットには控えめな性格のものが用意されておらず、イメージに合わないためやむを得ず女々しい男性のものを使ったとも考えられる。
    一人称は「僕」。

関連カード

―《リチュア・エリアル》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《リチュア・エリアル》 モンスター 効果モンスター リバースモンスター 水属性 魔法使い族 星4 攻1000 守1800 リチュア

広告