《リビングデッドの()(ごえ)/Call of the Haunted》

永続罠
(1):自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを攻撃表示で特殊召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

 Curse of Anubis −アヌビスの呪い−で登場した永続罠
 自分墓地モンスター1体を特殊召喚する効果を持つ。

 フリーチェーンであり、蘇生させたモンスターの用途にも特別な制限が存在せず、蘇生カードの中でも扱いやすいカードである。
 ただし、後半のデメリット故に《サイクロン》等で蘇生させたモンスター破壊される危険がある。

 蘇生させるモンスターに制限は無いので、ステータスの高いモンスターや、効果の有効なモンスター蘇生できる。
 このカードと同じく任意のモンスター1体を蘇生できる《死者蘇生》と違い、フリーチェーンかつ相手ターンにも特殊召喚できるのが大きな利点。
 例えば、相手罠カード発動チェーンして、《人造人間−サイコ・ショッカー》特殊召喚する事でその罠カード不発にすることができる。
 また、好きなタイミングで蘇生できるのを利用し、「特定のフェイズにフィールド効果発動するモンスター」の効果の発動を手助けすることも可能。
 もちろん「特殊召喚時の強制効果場合の任意効果があるモンスター」を特殊召喚するのも有効。
 同名カードを含めて1ターンに1度しか効果発動できないモンスターを、相手ターン特殊召喚することでより多く効果を使えるようにするといった芸当もできる。

 リリース要員や、シンクロ素材エクシーズ素材リンク素材を揃えるのに利用するといった使い方もできる。
 しかし、リリース要員や各種素材を用意する場合は、このカードよりも蘇生を妨害されにくい《戦線復帰》を使用したほうが良い場面も多い。
 リンク2以上のリンクモンスター蘇生リンク素材にできるという点は、リンクモンスター蘇生できない《戦線復帰》にはない利点である。

 このカードフィールドから離れると、連動して蘇生したモンスター破壊される
 基本的にはデメリットだが、このカード破壊される場合にチェーンして発動し、「破壊された時に効果発動するモンスター」を蘇生すれば、蘇生したモンスター効果発動できる。
 また、このデメリット《E・HERO ワイルドマン》等の「罠カード効果を受けないモンスター」であれば影響がない。
 他にも、蘇生したモンスター《月の書》等で裏側表示にしたり、《亜空間物質転送装置》等で一定期間だけ除外したりすれば、因果関係が断たれるので、このデメリットを回避できる。
 そう言った点では、自身の効果裏側表示になれるサイクル・リバースモンスターとも相性が良い。

 永続罠故にフィールドに意味もなく残り続ける事もある。
 蘇生したモンスターが、「リリース」・「エクシーズ素材になる」・「墓地へ送る効果」・「バウンス効果」・「破壊せずに除外する効果」等でフィールド離れた場合、このカードフィールドに残り続ける。
 このカードの発動時に《D.D.クロウ》等で指定した蘇生対象モンスター墓地から消えた場合も、不発により残り続ける。

 フィールドに残ったこのカードは、バウンスする事で再度使用できる。
 このバウンスによる再利用に特化したデッキが、【セルフ・バウンス】である。
 ただ、フィールドに意味もなく残ったこのカードを処理できなければ、自分魔法&罠ゾーンを圧迫し続ける事になる。

  • 現役時代の《早すぎた埋葬》、そして類似効果《死者蘇生》は、よほどデッキとの相性が悪くなければ100%に近い投入率だった。
    それらに比べると「発動までが遅い」・「応用がききにくい」等、扱い易さに劣ると見なされがちである。
  • 2009年のVジャンプカードフェスタでは、漫画版遊戯王5D'sの作者である佐藤雅史氏が、禁止カード(8月29日時点)であるはずのこのカードを使用していた。
    そして、その事をギャラリーの小学生に突っ込まれてしまったというエピソードをコミックス内に載せている。
  • 「リビングデッド(Living Dead)」とは、「生きる死体」の意味。
    原作では「生ける屍」というルビがあった。
  • アニメ56話でレアハンターがデュエリストと所有レアカードをパソコンで見ていた際、このカードがゴースト骨塚のレアカードとして載っており、この時も魔法カードだった。
  • アニメGXでは《死者蘇生》禁止カード化に伴い、十代、万丈目、亮、翔、明日香、吹雪等、様々なデュエリストが使用している。
    他には、斎王、レイの手札にあるのが確認できる。
    戦況の立て直しから追撃まで幅広く使用され、その汎用性の高さを遺憾なく発揮した。

関連カード

―類似効果を持つ永続罠

―名前関連

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果特殊召喚したモンスター裏側表示にしてからこのカード破壊した場合、その裏側表示モンスター破壊されますか?
A:いいえ、破壊されません。そうなった場合は、このカードモンスターの関係が断ち切られます。

Q:このカードモンスター特殊召喚した後に《王宮のお触れ》発動すると、モンスター破壊されますか?
A:無効化されると関係が断ち切られる為、モンスター破壊されません。
  無効化されている最中にこのカード破壊された場合も、モンスター破壊されません。

Q:このカードモンスター特殊召喚した後に、《王宮のお触れ》発動されました。
  《王宮のお触れ》適用中に、《大嵐》発動されました。
  蘇生したモンスター破壊されますか?
A:《王宮のお触れ》と《リビングデッドの呼び声》が同時に破壊された場合、モンスター破壊されません。(07/10/29)

Q:このカードモンスター特殊召喚した後に、《王宮のお触れ》発動されました。
  《王宮のお触れ》発動された次のターンに、《王宮のお触れ》破壊しました。
  その後でこのカード破壊した場合、蘇生したモンスター破壊されますか?
A:はい、モンスター破壊されます。
  途中で無効化されていたとしても、破壊される時点で有効であるならば関係は適用されます。(07/03/28)

Q:《人造人間−サイコ・ショッカー》を《リビングデッドの呼び声》で蘇生させた後、《大嵐》でこのカード破壊したらどうなりますか?
A:《人造人間−サイコ・ショッカー》は《リビングデッドの呼び声》の効果無効化しているので、《人造人間−サイコ・ショッカー》破壊されずにフィールドに残ります。

Q:《人造人間−サイコ・ショッカー》を《リビングデッドの呼び声》で蘇生させた後、《人造人間−サイコ・ショッカー》破壊したらどうなりますか?
A:《人造人間−サイコ・ショッカー》破壊された直後に罠無効永続効果は解除されるので、《リビングデッドの呼び声》の効果も有効になり《リビングデッドの呼び声》が破壊されます。(07/04/28)

Q:《リビングデッドの呼び声》で蘇生したモンスター《亜空間物質転送装置》発動した場合、そのモンスターと《リビングデッドの呼び声》との関連性は切れますか?
A:はい。そのモンスターと《リビングデッドの呼び声》との関連性はなくなります。

Q:《神禽王アレクトール》効果無効化したこのカード手札戻した場合、このカード蘇生したモンスター破壊されますか?
A:いいえ、《神禽王アレクトール》によって無効化されたこのカードフィールド離れても、蘇生したモンスター破壊されません。(09/08/27)

Q:《スキルドレイン》適用中に、《リビングデッドの呼び声》で《人造人間−サイコ・ショッカー》特殊召喚しました。
  この時、《大嵐》が発動され、《スキルドレイン》と《リビングデッドの呼び声》が同時に破壊される場合、《リビングデッドの呼び声》の効果《人造人間−サイコ・ショッカー》破壊されますか?
A:破壊されます。(12/02/01)

Q:このカード《異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン》蘇生させた後、《大嵐》でこのカード破壊したらどうなりますか?
 (モンスター破壊する効果対象をとる効果として扱われますか?)
A:フィールド離れた時の効果対象をとる効果として扱われないので、《異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン》は自身の効果によって破壊されずにフィールドに残ります。(13/09/27)

Q:相手が、自分の《リビングデッドの呼び声》に対して《サイクロン》発動しました。これにチェーンしてその《リビングデッドの呼び声》を自分墓地《E・HERO シャドー・ミスト》を対象に発動しました。
チェーン処理終了後、《E・HERO シャドー・ミスト》特殊召喚された後破壊され墓地に送られますが、《E・HERO シャドー・ミスト》効果発動できますか?
出来る場合、どちらの効果発動するか選べますか?
A:はい、発動でき、(1)か(2)どちらの効果発動するか選ぶことが出来ます。(15/07/12)


Tag: 《リビングデッドの呼び声》 永続罠

広告