《レインボー・ライフ/Rainbow Life》

通常罠
手札を1枚捨てて発動できる。
このターンのエンドフェイズ時まで、
自分は戦闘及びカードの効果によって
ダメージを受ける代わりに、
その数値分だけライフポイントを回復する。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 PHANTOM DARKNESSで登場した通常罠
 《エネルギー吸収板》《ホーリーライフバリアー》と似た効果だが、こちらはモンスター戦闘破壊を防ぐことはできない。

 手札コストというディスアドバンテージは負うが、大きなライフゲイン効果を持つ。
 ダメージ回復にする効果は、戦闘ダメージおよび効果ダメージどちらにも適用される。

 主に相手バーンカードの発動チェーンしたり、相手攻撃時に発動し、ダメージ回復に変える目的で使用することになる。
 【チェーンバーン】【ダーク・ガイア】等の1ターンキルデッキに対応しやすく、ライフゲインにつながるので相手1ターンキルを回避しやすくできる。

 もっとも、昨今の1ターンキルでは除去を行ってから安全に攻撃を通すといった動きも多い。
 フリーチェーンであるため、《裁きの龍》など全体除去に対して発動し、そのターンを安全にやり過ごす事が多くなるだろう。
 前もって発動してしまう以上ライフゲインはほぼ期待できなくなるので、この用途においては《和睦の使者》などの方が手札コストもない分扱いやすいと言える。
 こちらは効果ダメージにも対応し、チェーンして回復を狙える点、自爆特攻などでライフゲインにつながる点で差別化を見出せる。

 また、能動的にダメージを受けるカードと併用し、回復する手もある。
 自分カードの効果ダメージ回復するので、自分《パワー・ボンド》《女神の加護》《破滅へのクイック・ドロー》《時の魔術師》等のダメージライフ・アドバンテージに変えられる。

 《トーチ・ゴーレム》との自爆特攻コンボもいいだろう。
 《ギガンテック・ファイター》リクルーターを使う場合、むしろ戦闘破壊耐性を得ないことが利点ともなる。

 同時に《シモッチによる副作用》適用されている場合、このカードは「戦闘ダメージ効果ダメージに変換する」だけの効果になる。
 実質的には無効にされた場合とほとんど変わらない。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:《シモッチによる副作用》相手フィールドに存在する場合はどうなりますか?
A:《シモッチによる副作用》効果ダメージを受けることになります。無限ループが発生することはありません。(07/11/27)

Q:コストとして支払ったライフポイントにも適用できますか?
A:このカードが干渉するのは「ダメージ」のみです。「ダメージ」と「コスト」は別のものとして扱います。

Q:特殊なダメージにも適用されますか?
  (《パワー・ボンド》のような残存効果によるダメージや、おジャマトークンなどの戦闘効果どちらにも属さないダメージ適用されるかどうか)
A:いかなるダメージにも適用します。(09/06/18)


Tag: 《レインボー・ライフ》 通常罠

広告