《ワンダー・ワンド/Wonder Wand》

装備魔法
魔法使い族モンスターにのみ装備可能。
(1):装備モンスターの攻撃力は500アップする。
(2):装備モンスターとこのカードを自分フィールドから墓地へ送って発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

 GENERATION FORCEで登場した装備魔法
 魔法使い族単体強化効果と、ドロー効果を持つ。

 (1)の効果だけでは単体強化装備魔法としては力不足なので、基本的に(2)の効果をメインに手札交換カードとして使うことになる。
 効果使用済みの魔法使い族モンスターコストにすればメリットともしやすい。
 例えば効果を使用した後の《執念深き老魔術師》《アーカナイト・マジシャン》《魔導戦士 ブレイカー》等を利用することで、無駄なくカード・アドバンテージを稼げる。
 特に効果発動直後の《魔導戦士 ブレイカー》に装備すれば、伏せ除去後に攻撃力2100で攻撃メインフェイズ2で2枚ドローといった働きも可能。
 《アーカナイト・マジシャン》墓地へ送った後に《ミラクルシンクロフュージョン》《覇魔導士アーカナイト・マジシャン》に繋げられる他、《デブリ・ドラゴン》からシンクロ召喚につなげることも可能。

 装備魔法であるが故に、他の手札交換カードとの相違点がいくつかある。
 採用率の高い《月の書》《サイクロン》等で妨害を受けるのは勿論のこと、装備モンスター側がフリーチェーン除去を受けようものなら損失まで発生してしまう。
 しかし《アームズ・ホール》《パワー・ツール・ドラゴン》で簡単にサーチサルベージでき、単純な単体強化カードとしても使えるのは他にはないメリットである。
 この他、コスト墓地へ送るために《マクロコスモス》の影響下においてはこのカードドローができなくなるのにも注意したい。
 また、魔法使い族であってもペンデュラムモンスターコストにしてドローすることは当然できないので注意。

  • アニメARC-V第57話ではデニスがジャグリングを披露するために実体化している。
  • コナミのゲーム作品において―
    デュエルリンクスでは自身のデッキには入っておらず、原作でも使用していないがイシズに専用ボイスが存在する。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:墓地へ送るのはコストですか?
A:はい、そうです。(11/04/16)

Q:《時読みの魔術師》墓地へ送ることで2枚ドローできますか?
A:ペンデュラムモンスターコスト墓地へ送ることができないので効果発動する事自体できません。(14/03/23)


Tag: 《ワンダー・ワンド》 魔法 装備魔法

広告