《ヴァレルロード・(フュリアス)・ドラゴン/Borreload Furious Dragon》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
ドラゴン族・闇属性モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスター1体と
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の闇属性リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。

 ストラクチャーデッキ−リボルバー− エクストラデッキ強化パックで登場した闇属性ドラゴン族融合モンスター
 自分モンスター相手フィールドのカード破壊する誘発即時効果、自身を墓地コスト闇属性リンクモンスター蘇生する起動効果を持つ。

 融合素材闇属性ドラゴン族2体。
 【ヴァレット】以外には【真紅眼の黒竜】【オッドアイズ】でも狙いやすい。
 該当するモンスターが非常に多く、展開過程で墓地に落ちたものを《龍の鏡》《死魂融合》融合素材にしてしまうのも手。
 【オッドアイズ】では《オッドアイズ・フュージョン》によりエクストラデッキ内のカードのみでの融合召喚も可能。
 《獄炎のカース・オブ・ドラゴン》《ドロドロゴン》なら融合召喚手段を組み込まずとも狙えるが、代わりにフィールドに出す手段が別に必要になる。

 (1)は自分モンスター相手カード破壊する効果
 破壊トリガーとする効果と相性がいいのはもちろん、スペルスピード2のために相手の妨害として使える。
 ヴァレット・ドラゴンならば後続のモンスターリクルートすることで次の破壊する対象を確保でき、高いステータスと合わせ制圧要員として活用できる。
 (2)の効果へ繋げるために自身を破壊させるのも手の一つで、特に《ラピッド・トリガー》《ヴァレルロード・X・ドラゴン》などのデメリットや制限が付いた状態で特殊召喚した場合には、積極的に自壊させても良いだろう。

 (2)は闇属性リンクモンスター蘇生する効果
 上記のように高い制圧力を誇るが、壊獣などで除去されるケースも無いわけではないため、その保険となる。
 あらかじめ墓地へ送る必要があるが、このカード融合素材として使用すればスムーズに準備を整えることができる。
 ターン中はモンスター効果発動制限がかかるので、単純なアタッカーや何かしらの素材・コストとして使うか、相手ターンでも発動できるものを選ぶといい。
 《ゲール・ドグラ》などで直接墓地へ送ることで蘇生手段として使うこともできる。

 《竜嵐還帰》とは相性が良く、(2)の効果で自ら除外することができ、(1)の効果で自身を破壊することでバウンスを回避して再び(2)の効果に繋げられる。

  • 上記デュエルの前に了見が遊作にカードを投げ渡すシーンがあり、その際に渡したカードと思われる。
    なお、劇中で了見がこのカードを使用するシーンは描写されていない。
  • 融合召喚時の口上は「ネットワークに宿りし寂然たる二つの憤怒。今、禍根を越え1つとなる!融合召喚!現れろ、《ヴァレルロード・F・ドラゴン》!」。
    • 放送1年目の頃には敵対していた遊作/Playmakerと了見/リボルバーだが、2年目以降は完全な和解とはいかないまでも共闘している。
      「二つの憤怒」と述べた上で「禍根を超え1つとなる」という口上は両者の関係性の変化を表したものと思われる。
      また、同デュエルでこのカード融合召喚するためにリンク召喚した《プロキシー・F・マジシャン》は目つきなどが1年目のリボルバーのアバターに酷似している。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ヴァレルロード・F・ドラゴン》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 ヴァレル

広告