《ヴィシャス・クロー/Vicious Claw》

装備魔法
装備モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。
装備モンスターが戦闘によって破壊される場合は、
代わりにこのカードを手札に戻す。
さらに戦闘を行った相手モンスター以外のモンスター1体を破壊し、
相手ライフに600ポイントダメージを与える。
その後、相手フィールド上に「イービル・トークン」(悪魔族・闇・星7・攻/守2500)を1体特殊召喚する。
このカードが手札に戻ったターンは「ヴィシャス・クロー」を手札から使用できない。

 PHANTOM DARKNESSで登場した装備魔法
 装備モンスター攻撃力強化する効果戦闘破壊身代わりにこのカードバウンスし、モンスター除去バーンの発生後、相手フィールドイービル・トークンを生成する一連の効果を持つ。

 装備モンスター戦闘破壊を防いだ上で、除去バーンを行うことができる。
 更に効果使用後は手札に戻り、そのターン中こそ発動制限がかかるが再使用が可能となる。
 微弱な攻撃力アップの効果戦闘破壊を防ぐ効果が若干ミスマッチではあるが、そこまで不都合にはならない範疇だろう。
 装備魔法ゆえに奇襲性がなく相手からの戦闘破壊は期待できないので、自爆特攻から効果発動させることが基本となる。

 一方で、この効果を使うと相手に攻守2500のイービル・トークンを与えてしまう。
 バトルフェイズ中の特殊召喚であるため、自分バトルフェイズなら相手を与えることに、相手バトルフェイズであれば追撃に利用されることになる。
 レベルも7と高く、シンクロ素材などとしても脅威になりかねない。
 強制効果である上に戦闘を行った相手モンスター自体は破壊できないため、相手フィールドに2体以上のモンスターがいなければ装備モンスターを含む自分モンスター破壊されてしまう。

 装備魔法の中でもかなり変わった効果であり、何の考えもなく採用しても相手を有利にしかねない。
 コンボに使用してこそ真価を発揮する癖のあるカードである。

関連カード

収録パック等

FAQ

戦闘破壊の身代わり効果について

Q:「手札戻す」「モンスター1体を破壊」「ダメージを与える」「イービル・トークン特殊召喚
  これらの効果は一連の処理ですか?
A:はい、一連の効果処理です。
  また、これらの処理は全てチェーンブロックを作りません。(10/04/26)

Q:複数の《ヴィシャス・クロー》を装備したモンスター戦闘破壊される場合どうなりますか?
A:破壊されるモンスターの《ヴィシャス・クロー》を全て手札に戻し、モンスター破壊ダメージを与える効果を1枚ずつ処理し、それぞれ適用する事ができます。(08/12/19)

Q:「モンスター1体を破壊」する効果は、対象をとる効果ですか?
A:対象をとらない効果です。(09/07/22)

Q:相手モンスターに《ヴィシャス・クロー》を装備し、そのモンスター攻撃して相手モンスター破壊される場合、《ヴィシャス・クロー》の効果相手モンスター戦闘では破壊されず、《ヴィシャス・クロー》の効果戦闘を行った相手モンスター破壊できますか?
A:戦闘破壊を防ぐ効果適用されますが、戦闘を行った相手モンスター破壊する事はできません。
  戦闘を行った相手モンスター以外のモンスター破壊する事はできます。(10/08/16)

Q:《虚無魔人》が《ヴィシャス・クロー》の効果によって破壊される場合、相手フィールドイービル・トークン特殊召喚されますか?
A:イービル・トークン特殊召喚されるタイミングでは《虚無魔人》破壊されていますので、特殊召喚できます。(10/03/25)

Q:このカードモンスター破壊する効果チェーンして《スターダスト・ドラゴン》効果発動することはできますか?
A:いいえ、できません。
  そもそもこのカード破壊を含む処理はチェーンブロックを作りません。(10/04/26)

Q:《ヴィシャス・クロー》の発動または効果《王宮の弾圧》無効にすることはできますか?
A:《ヴィシャス・クロー》の発動や、ダメージステップ中にイービル・トークン特殊召喚する効果適用される時に、《王宮の弾圧》効果発動無効にする事はできません。(09/06/26)

Q:モンスター破壊ダメージイービル・トークン特殊召喚は同時に行いますか?
A:モンスター破壊ダメージを与える効果イービル・トークン特殊召喚は別々のタイミングで行います。(10/03/31)
  処理は同時扱いではなく、且つ特殊召喚が最後の処理となるため、破壊された時が条件の強制でない効果等は発動できません。(10/04/26)

Q:手札から発動したターンに、効果適用することはできますか?
A:はい、できます。(10/07/30)

Q:「戦闘を行った相手モンスター以外のモンスター1体」とは、自分モンスターも含みますか?
  たとえば、フィールドが《ヴィシャス・クロー》を装備した自分モンスター1体と相手モンスター1体のみで、相手モンスター攻撃自分モンスター破壊される場合、このカードの効果で《ヴィシャス・クロー》を装備したモンスター破壊することになりますか?
A:装備していた自分モンスター破壊しなければなりません。(10/09/08)

Q:モンスター破壊できなかった場合、トークン特殊召喚されますか?
A:特殊召喚されません。(10/09/08)

手札から使用できない効果について

Q:手札からの発動ができない誓約効果ですが、一度フィールドに伏せてからなら発動できますか?
  また、あらかじめ伏せてあった「2枚目の《ヴィシャス・クロー》」を発動できますか?
A:《ヴィシャス・クロー》が手札に戻ったターンは、《ヴィシャス・クロー》を手札からセットすることはできません。
  「2枚目の《ヴィシャス・クロー》」があらかじめセットされていた場合は、同一ターン中に伏せられた《ヴィシャス・クロー》の「カードの発動」が可能です。(07/12/14)

Q:フィールドに存在するこのカードが他のカードの効果によって手札に戻った場合もそのターン手札から使用できませんか?
A:はい、その場合も手札からこのカードを使用できなくなります。(10/06/30)

Q:フィールドセットされたこのカード《氷結界の龍 ブリューナク》効果によって手札に戻った場合もそのターン手札から使用できませんか?
A:はい、その場合も手札からこのカードを使用できなくなります。(12/05/09)

Q:墓地に存在するまたは除外されているこのカード《魔法石の採掘》《パラレル・セレクト》等の効果手札に戻した場合もそのターン手札から使用できませんか?
A:はい、その場合も手札からこのカードを使用できなくなります。(10/07/01)

Q:このカード手札戻ったしたターンに、手札のこのカード捨てて《幻想の見習い魔導師》特殊召喚できますか?
A:はい、発動できます。(19/06/23)

Q:このカード手札戻ったしたターンに、手札のこのカード除外して《妖精伝姫−シラユキ》の(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(19/06/22)

Q:このカード手札戻ったしたターンに、《妖精伝姫−シンデレラ》の(2)の効果手札のこのカード装備できますか?
A:はい、装備できます。(19/06/22)

Q:このカード手札戻ったしたターンに、手札にこのカードが存在する状態で《手札抹殺》発動できますか?
A:はい、発動できます。(19/06/23)

Q:手札に戻ったターン手札から使用できない制限はお互いプレイヤーが受けるのですか?
A:手札に戻った《ヴィシャス・クロー》が使用できなくなるのは、その《ヴィシャス・クロー》の持ち主のみです。(15/07/09)


Tag: 《ヴィシャス・クロー》 魔法 装備魔法

広告