《ヴェルズ・オピオン/Evilswarm Ophion》

エクシーズ・効果モンスター(制限カード)
ランク4/闇属性/ドラゴン族/攻2550/守1650
「ヴェルズ」と名のついたレベル4モンスター×2
エクシーズ素材を持っているこのカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
お互いにレベル5以上のモンスターを特殊召喚できない。
また、1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
デッキから「侵略の」と名のついた魔法・罠カード1枚を手札に加える。

 DUEL TERMINAL −破滅の邪龍 ウロボロス!!−で登場した闇属性ドラゴン族エクシーズモンスター
 上級モンスター特殊召喚を封じる永続効果と、侵略のと名のついた魔法・罠カードサーチする起動効果を持つ。

 前半の効果は、自身がエクシーズ素材を持つ場合にお互いレベル5以上のモンスター特殊召喚を抑止する効果
 発動条件としてエクシーズ素材を持つ必要があるものの、エクシーズ素材を消費しない永続効果である点は優秀である。
 《インヴェルズ・ローチ》と違い特殊召喚自体を封じるので、《冥府の使者ゴーズ》等の効果発動での特殊召喚《サイバー・ドラゴン》等の召喚宣言での特殊召喚の両方を抑止できる。
 高レベルモンスター特殊召喚を多用するシンクロ召喚主体のデッキ【征竜】【聖刻】などには特に有効である。
 レベルを持たないエクシーズモンスター特殊召喚は抑止できないが、実質的にランク5以上のエクシーズ召喚は困難に陥る。
 下級モンスターだけでこのカード除去するのも容易ではないため、結果としてランク4以下のエクシーズモンスター以外での突破は難しい。

 後半の効果は、侵略のと名のついた魔法・罠カードサーチする効果
 サーチ対象ヴェルズカードのみだが、エクシーズ素材を消費するのみでアドバンテージを得る優秀な効果である。
 サーチできるカードの中では《侵略の汎発感染》が特に強力であり、相手魔法・罠カードでこのカード除去することまで困難になる。
 ただし、エクシーズ素材を使い切ると前半の効果が使用できなくなるので、返しのターンにもう1度サーチを使うかは状況を見極める必要がある。

 このカードエクシーズ召喚には、2体のレベルヴェルズモンスターが必要になる。
 しかし、《レスキューラビット》《ヴェルズ・ヘリオロープ》コンボ《ヴェルズ・ケルキオン》によりエクシーズ召喚の手段は豊富である。
 特に《レスキューラビット》は、【ヴェルズ】以外でも手軽にこのカードエクシーズ召喚ギミックを組み込むことができる存在である。

 以上のように高い拘束力と実質的な耐性、更には2550という絶妙な攻撃力を併せ持ち、デッキによってはこのカード1枚で詰みかねない。
 既に強力な上級モンスター特殊召喚されている場合でも、同様のエクシーズ素材で出せる《ヴェルズ・バハムート》コントロール奪取で対抗できるため隙がない。
 【ヴェルズ】以外のデッキにも《侵略の汎発感染》とともにギミックとして使用されることもあり、現行の主流デッキ対策を語る上では外せない存在となっている。

 よって、上級モンスター主体のデッキではもちろん、環境を意識してデッキを組むのであればこのカードの対策は欠かせない。
 《奈落の落とし穴》《強制脱出装置》エクシーズ召喚直後に除去するのが理想的だが、《侵略の汎発感染》を既に握られていた場合はそれも不可能。
 エクシーズ召喚そのものを無効にする《神の警告》や、下級モンスターもしくは《焔征竜−ブラスター》などのフィールド上に出す必要がない効果モンスター効果除去を図るのが確実だろう。
 戦闘破壊するのであれば《No.52 ダイヤモンド・クラブ・キング》などの汎用エクシーズモンスターが有効なほか、《侵略の汎発感染》の特性上コンバットトリックは通用する。
 ただし、みだりに攻撃力の高いモンスター戦闘破壊を狙うと返しの《ヴェルズ・バハムート》から手痛い反撃を食らいかねないので、これも留意すべきである。

  • 背中が甲虫の前翅のような形をしている。
    また、背部には、ひび割れ、内部に赤い球体の覗く《氷結界の鏡》が見られる。
  • 「オピオン(Ophion)」とは、ギリシャ・オルフェウス神話における原初の神である。
    「海の老人」という意味であり、目のない蛇の姿をしている。
    混沌と虚無のみの空間だった宇宙に最初に誕生し、その中を這いまわる事で月の女神エウリュノメーを生み出し、エウリュノメーと共に太陽や星々を生み出したとされている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALのアクションデュエルXのタッグバトルにおいては最初の対戦相手として登場。
    優秀な特殊コマンドが搭載されており、非常に厄介。
    EXしょうかんでのコマンドは「だいかんぱ」であり、コマンドを使えなくなるため猛攻で倒される危険がある。

関連カード

イラスト関連

エクシーズ素材にできるモンスター

 《ヴェルズ・バハムート》を参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードフィールド上に存在する場合、《スターライト・ロード》発動できますか?
A:はい、フィールド上に《ヴェルズ・オピオン》が存在する場合でも、《スターライト・ロード》発動し、カードを2枚以上破壊する効果無効にし破壊する事ができます。
  しかし、《スターライト・ロード》効果によって《スターダスト・ドラゴン》特殊召喚することはできません。(12/02/12)

Q:フィールド上に存在するこのカード《DNA改造手術》等で機械族にし、このカード融合素材にして《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》特殊召喚を行う事はできますか?
A:できません。(12/02/12)

Q:このカードフィールド上に存在する場合、レベル5以上のモンスター融合召喚するためにこのカード融合素材にして《融合》《超融合》発動できますか?
A:いずれも発動できません。(12/03/08)

Q:レベル4以下の融合モンスター融合素材が存在する場合、このカードがフィールド上に存在していても《融合》《超融合》発動できますか?
  発動できる場合、発動後にこのカード融合素材にしてレベル5以上のモンスター融合召喚できますか?
A:その場合、《融合》《超融合》発動し、レベル4以下のモンスターのみを融合召喚することができます。
  このカードレベル5以上の融合モンスター融合素材にすることはできません。(12/03/08)

Q:このカードフィールド上に存在する場合、《星蝕−レベル・クライム−》発動できますか?
A:このカードフィールド上に存在する場合でも、レベル4以下のシンクロモンスター特殊召喚は可能な為、そのモンスター対象発動できます。(12/02/25)

Q:このカードフィールド上に存在し、自分デッキに存在するモンスターが全てレベル5以上のモンスターの場合に自分《モンスターゲート》《名推理》発動する事自体できますか?
A:いいえ、できません。(12/03/14)

Q:エクシーズ素材を持っている《ヴェルズ・オピオン》がフィールド上に表側表示で存在し、デッキレベル4以下とレベル5以上のモンスターが存在する時に《名推理》《モンスターゲート》発動できますか?
  また、エクストラデッキレベル4以下とレベル5以上の融合モンスターが存在する時に《未来融合−フューチャー・フュージョン》発動できますか?
A:《名推理》《モンスターゲート》については調整中
  《未来融合−フューチャー・フュージョン》の場合は発動できますが、その場合エクストラデッキレベル5以上の融合モンスターを選んで発動する事はできません。(14/04/12)

Q:エクシーズ素材を持っている《ヴェルズ・オピオン》をコスト《モンスターゲート》発動できますか?
A:調整中(14/04/12)

Q:このカードフィールド上に存在する場合、元々のレベルが5のモンスターを対象に《ロスト・スター・ディセント》発動できますか?
A:できません。(12/05/09)

Q:このカードフィールド上に存在する場合、元々のレベルが4のモンスター対象《ネクロの魔導書》発動できますか?
A:できます。(12/05/09)

Q:エクシーズ素材を持っている《ヴェルズ・オピオン》がフィールド上に表側表示で存在し、自分墓地レベル5以上のモンスターしか存在しない時に《光と闇の竜》破壊され墓地へ送られた場合、《光と闇の竜》効果発動しますか?
A:《光と闇の竜》効果発動しますが、墓地レベル5以上のモンスター対象にする事はできません。
  なお、フィールド上のカード破壊する処理は行われます。(12/09/19)

Q:エクシーズ素材を持っているこのカードが存在する場合、《ギガプラント》除外して《スポーア》特殊召喚できますか?
  また、《半月竜ラディウス》を自身の効果特殊召喚できますか?
A:その場合でも、《スポーア》《半月竜ラディウス》特殊召喚できます。(13/06/27)

Q:エクシーズ素材を持っている《ヴェルズ・オピオン》が相手フィールド上に表側表示で存在し、自分フィールドには《D−HERO Bloo−D》表側表示で存在しています。
  《ヴェルズ・オピオン》の効果《D−HERO Bloo−D》により無効になっていますが、この状況で《融合》発動し「(《ヴェルズ・オピオン》の効果無効にしている)フィールド《D−HERO Bloo−D》」と「《D−HERO ドグマガイ》」を融合素材にして《Dragoon D−END》融合召喚することができますか?
A:はい、《Dragoon D−END》融合召喚することができます。(13/01/16)

広告