暗炎星(あんえんせい)−ユウシ/Brotherhood of the Fire Fist - Bear》

効果モンスター
星4/炎属性/獣戦士族/攻1600/守1200
1ターンに1度、このカードが相手ライフに戦闘ダメージを与えた時、
デッキから「炎舞」と名のついた魔法カード1枚を選んで自分フィールド上にセットできる。
また、1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
「炎舞」と名のついた魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。
フィールド上のモンスター1体を選択して破壊する。

 COSMO BLAZERで登場した炎属性獣戦士族下級モンスター
 戦闘ダメージを与えた時に炎舞1枚をデッキからフィールドセットする誘発効果炎舞1枚をコストモンスター破壊する起動効果を持つ。

 前半の効果は、戦闘ダメージを与えた時に炎舞1枚をデッキからフィールドセットする効果
 自身は攻撃力は高くなく、モンスター同士の戦闘ダメージを与えるには補助が必要となる。
 相手モンスター除去してから直接攻撃を決める方法が1番発動しやすく、他のカードに頼らずとも自身の後半の効果除去できる。
 モンスター同士の戦闘を補助するなら《月鏡の盾》も相性がいい。

 後半の効果は、炎舞1枚をコストモンスター破壊する効果
 除去効果を使用することで直接攻撃を狙いやすくなり、前半のサーチ効果発動しやすくなる。
 炎舞を必要とするが、発動後に不要になった炎舞コストし、直接攻撃を決めれば、新しい炎舞サーチできるので、実質ノーコストとなる。

 両方の効果が噛み合っており、前半のサーチ効果で後半の除去効果コストを調達でき、後半の除去効果直接攻撃できる状況を整えれば前半のサーチ効果発動しやすくなる。
 罠カード炎舞によってこのカードを守り維持できれば、カード・アドバンテージを得続けることができる。

 炎星モンスターの中でも特にアドバンテージを得やすい効果を持つことから、【4軸炎星】では必須カードとなる。
 このカード《炎舞−「天キ」》のみでもコンボ可能であることから、《炎舞−「天キ」》を活用できる獣戦士族系のデッキにギミックとして採用するのも良いだろう。

  • モデルは『水滸伝』の登場人物である、「天暗星」の生まれ変わりの「楊志」だろう。
    顔に青痣があることから「青面獣」と呼ばれ、イラストでも顔に傷が存在する。
    イラストに熊の形状の炎が見られる事から、カード名は「熊」の音読みの「ユウ」と掛け合わせたと考えられる。

関連カード

―《暗炎星−ユウシ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《暗炎星−ユウシ》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 獣戦士族 攻1600 守1200 炎星

広告