(やみ)誘惑(ゆうわく)/Allure of Darkness》

通常魔法(制限カード)
(1):自分はデッキから2枚ドローし、手札の闇属性モンスター1体を除外する。
手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。

 EXTRA PACKで登場した通常魔法
 2枚ドローし、手札闇属性除外する効果を持つ。

 【ダークモンスター】【悪魔族】【BF】など多くの【闇属性】関連デッキで採用される強力な手札交換カード
 類似効果を持つ《凡人の施し》と比べても、魔法カードである点で速攻性があり非常に優秀。
 上記のデッキでなくても《冥府の使者ゴーズ》を始め、闇属性にはデッキを選ばずに投入できるモンスターが多く存在するので便利。
 選択したカード除外されるデメリットがあるものの、闇属性を多く採用していれば除外するカードに困ることはないだろう。

 除外されても帰還等につなげることができれば除外メリットになる。
 《D・D・R》《闇次元の解放》などで、除外した最上級モンスター帰還させることが出来ればベストである。
 特に《異次元の偵察機》《ネクロフェイス》などは、手札に来たらこのカードで効率よく除外できるため、相性は抜群。
 【アンデット族】【墓地BF】のように、《ゾンビキャリア》《馬頭鬼》《BF−大旆のヴァーユ》を使い回すために《異次元からの埋葬》メインデッキから利用しているデッキでは、除外したカード墓地に戻し、墓地利用に繋げるコンボを狙うこともできる。
 ただしドローしたいがために何も考えずに発動すると、主力モンスター除外せざるを得なくなる事も起こるので注意。

 サーチサルベージしたモンスターを、このカードドローに変えるコンボもある。
 例えば《ジェネクス・ウンディーネ》サーチした《ジェネクス・コントローラー》ドローコストに変わり、《悪夢再び》で回収したカードドローに変える事もできる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ドロー除外(あるいは墓地へ送る行為)は同時扱いですか?(《便乗》の処理に関係)
A:いいえ、ドローした後に除外(あるいは墓地へ送る行為)を行いますので同時扱いではありません。(08/09/14)

Q:《闇の誘惑》の発動チェーンして、《王宮の鉄壁》発動した時どういう処理を行いますか?
A:カードを2枚ドローした後に、自分手札相手確認し、闇属性モンスター手札に存在する場合、除外をせず、墓地にも送りません。
  闇属性モンスター手札に存在しない場合は、手札を全て墓地へ送ります。(08/09/14)

Q:(上記の状況で)確認する手札とは1枚ですか?全てですか?
A:1枚です。闇属性モンスターを見せれば良く、他の手札のカードは確認しません。(09/01/09)

Q:《セレモニーベル》が存在しお互いが手札公開しています。
  相手チェーンして《王宮の鉄壁》を発動しました。
  ドローした後、闇属性モンスターがありました。
  しかし除外できず、手札にあるカード公開もできませんが、手札を全部捨てなければなりませんか?
A:その場合でもこのカードの効果処理時は通常通り行われ、その後手札闇属性モンスター1体を、除外する代わりに墓地へ送ります。(14/10/09)

Q:カードを2枚ドローした後に、自分手札闇属性モンスターが1枚以上存在する場合、除外をせず手札を全て墓地へ送れますか?
A:自分手札闇属性モンスターが1枚以上存在する場合、《闇の誘惑》の手札を全て墓地へ送る効果を適用することはできません。(11/11/03)

広告