一点着地(いってんちゃくち)/Pinpoint Landing》

永続魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手の手札から自分フィールドに、
モンスター1体のみが特殊召喚された場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(2):自分ターンにこのカードの(1)の効果でドローしていない場合、
そのターンのエンドフェイズにこのカードは墓地へ送られる。

 EXTRA PACK 2019で登場した永続魔法
 手札からモンスター1体を特殊召喚した際に1枚ドローできる効果、この効果を使わなかった自分エンドフェイズにこのカード自身を墓地へ送る効果を持つ。

 ドロートリガー特殊召喚であればチェーンブロックの有無を問わない。
 召喚ルール効果によって特殊召喚できるモンスターや、《ブリキンギョ》などの展開サポートができるモンスターを併用すれば条件を満たしやすい。
 ペンデュラム召喚でも使えるが、2体以上の特殊召喚には対応していないので注意。
 また、自分ターンドローができなかった場合自壊してしまうので、安定して手札から特殊召喚できるデッキで採用したい。
 【ジャックナイツ】ではカードの存在する縦列を増やしつつドローができるため相性が良い。

 自壊の判定は自分ターンのみだが、ドロー相手ターンでもできる。
 《バトルフェーダー》等の手札誘発や、相手ターンでもフィールド手札を入れ替えられる【ドラゴンメイド】とも相性が良い。
 また、壊獣送りつけのように相手手札から特殊召喚された場合にも発動できる。

  • Vジャンプ2018年10月号の定期購読特典ペーパーで、海外先行カードの1枚として紹介されている。
    曰く「【空牙団】などなら扱いやすいだろう」とのこと。
  • イラストは、サメが周囲を周回している小島に空からパラシュートでピンポイントに着地(ランディング)しようとしている場面のようだ。
  • カード名の由来は「五点着地(五点接地転回法)」だろうか。
    高所からの着地の衝撃を体の各部分に分散させる技であり、パラシュートで着地する際にも使われる。

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:相手トーチトークン2体を特殊召喚して《トーチ・ゴーレム》自分フィールド特殊召喚しました。
  この場合、自分は《一点着地》の(1)の効果発動する事はできますか?
A:《トーチ・ゴーレム》は、自身のモンスターゾーントーチトークン2体を攻撃表示特殊召喚した後に、相手モンスターゾーン特殊召喚を行います。
  2つの特殊召喚は同時ではないので、手札から自分フィールドモンスター1体のみが特殊召喚されたとして、《一点着地》の(1)の効果発動する事ができます。(19/09/13)

Q:手札モンスター1体と、エクストラデッキペンデュラムモンスター1体をペンデュラム召喚しました。
  この場合、自分は《一点着地》の(1)の効果発動する事はできますか?
A:この場合、ペンデュラム召喚によって自分手札エクストラデッキモンスターが同時に特殊召喚されていますので、《一点着地》の(1)の効果発動する事はできません。(19/09/30)

Q:《ホップ・イヤー飛行隊》効果により、《ホップ・イヤー飛行隊》手札から特殊召喚し、続けてシンクロモンスターシンクロ召喚しました。
  この場合、自分は《一点着地》の(1)の効果発動する事はできますか?
A:《ホップ・イヤー飛行隊》効果は、効果処理として自身のみを手札から特殊召喚します。
  その効果処理の完了後、ただちにシンクロ召喚が行われる事になります。
  2つの特殊召喚は同時ではないので、手札から自分フィールドモンスター1体のみが特殊召喚されたとして、《一点着地》の(1)の効果発動する事ができます。(19/09/30)


Tag: 《一点着地》 魔法 永続魔法

広告