雲魔物の雲核(クラウディアン・エアロゾル)/Cloudian Aerosol》

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):手札から「雲魔物」モンスター1体を捨て、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
対象のモンスターにそのレベルの数だけフォッグカウンターを置く。
(2):自分の墓地からこのカードと「雲魔物」モンスター1体を除外して発動できる。
デッキから「雲魔物」モンスター1体を特殊召喚する。

 DARK NEOSTORMで登場した通常魔法
 雲魔物手札コスト対象レベルの数だけフォッグカウンター置く効果墓地の自身と雲魔物コスト雲魔物リクルートする効果を持つ。

 (1)は対象にしたモンスターにそのレベルの数だけフォッグカウンター置く効果
 手札コストが必要だが、雲魔物蘇生サルベージ手段に長けているため然程重いコストではなく、(2)のコストにもなる。

 対象とするモンスターに指定は無いが、雲魔物は自身以外のフォッグカウンターを利用できないものも多い。
 素直に雲魔物置く場合、特に《雲魔物−タービュランス》は、このカードを経由することで一気に5体のモンスターを並べることができる。
 (フォッグカウンターをこのカードで4つ置く→3つ使って《雲魔物−スモークボール》3体を特殊召喚《雲魔物−スモークボール》1体をリンクモンスターに変える→残ったフォッグカウンター1つで墓地《雲魔物−スモークボール》蘇生
 手札に来てしまって《雲魔物−タービュランス》特殊召喚できなくなった《雲魔物−スモークボール》手札コストに使える点でも非常に相性は良い。
 それ以外も《雲魔物−キロスタス》等なら2回分の除去《雲魔物−ニンバスマン》なら攻撃力2500アップとなるため、手札コストの消費を取り戻す程度は出来るだろう。

 《ギブ&テイク》レベルを水増しするのも有効で、大量のフォッグカウンターを置けばリンクモンスターエクシーズモンスターの大量展開、全体除去攻撃力大幅アップなどが十分に可能。
 フォッグカウンターは6〜8つほどあれば大抵の場合余るほどになるため、《ギブ&テイク》用に高レベルモンスターを用意せずとも使っていける。

 《雲魔物−アルトス》《ダイヤモンドダスト・サイクロン》《上昇気流》は他のモンスターフォッグカウンターでも効果を使えるので、相手の高レベルモンスター対象にする選択肢もある。
 ただし、レベルの数という制限故にエクシーズモンスターリンクモンスターには置けないため、それらへの対処という意味合いでも高レベル壊獣は相性が良い。
 《雲魔物−アルトス》の消費フォッグカウンターが3つであることを考えると、壊獣レベル9以上のものを用いたいところ。

 (2)は墓地から自身と雲魔物除外して雲魔物リクルートする効果
 表示形式は自由だが、雲魔物は基本的に守備表示だと自壊するので攻撃表示リクルートすることになる。
 攻撃力3000の《雲魔物−アイ・オブ・ザ・タイフーン》リクルートでき、アタッカーとなる。
 フォッグカウンターを多数置いてあるならば《雲魔物−ニンバスマン》も高い攻撃力となる。

 (1)から(2)に繋げるのは可能だが、同一ターンではどちらか片方しか発動できないためその流れを作るには1ターン待つ必要がある。
 場合によっては(2)を直接狙うために手札デッキから直接墓地へ送っても良いだろう。

  • 「雲核」とは、雲を形成する水滴や氷の粒「雲粒」の核となるもののこと。
    また「エアロゾル」とは、気体の中に固体もしくは液体(もしくはその両方)が分散し存在している状態を指す。
    多くの雲粒は、大気中のエアロゾル粒子を雲核とし、周りに水が集まってできている。
    具体的には、砂ぼこり、花粉、海水が蒸発した際に発生する塩分、人為的なすすなどが雲核となる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《雲魔物の雲核》 魔法 通常魔法

広告