炎舞(えんぶ)−「(テン)キ」/Fire Formation - Tenki》

 ※「キ」は機種依存文字のためカタカナで代用しています。正しくは玉偏に幾。

永続魔法
「炎舞−「天キ」」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキからレベル4以下の獣戦士族モンスター1体を手札に加える事ができる。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分フィールドの獣戦士族モンスターの攻撃力は100アップする。

 COSMO BLAZERで登場した永続魔法
 炎舞の1枚であり、下級獣戦士族サーチする効果獣戦士族強化する効果を持つ。

 発動時に下級獣戦士族モンスター1体をサーチするため、獣戦士族版の《増援》と言える。
 サーチする種族の違いに加え、こちらは永続魔法でありバウンス等で再利用できる点や微弱な全体強化効果を持つ点が異なっている。
 一方で《サイクロン》等をチェーンされるとサーチできない点は《増援》に劣っているが、アドバンテージの観点では1:1交換に収まる。

 永続魔法でありバウンス系のカードとは相性が良く、流石に同名カードも含め1ターンに1枚しか発動できないものの、この強力な効果を繰り返し使用することができる。
 特にディスアドバンテージなくバウンスでき、獣戦士族《烏合の行進》が共有できる《霞の谷のファルコン》は好相性と言える。
 発動後は炎星コストとするにもうってつけであり、特に《暗炎星−ユウシ》は互いにサーチし合いつつ除去効果発動コストにもなるため相性は良い。

 全体強化効果の数値は微弱だが、獣戦士族アタッカーが多いため影響力は意外に大きく、先出ししておけば相手《ライオウ》にも対抗できる。
 戦闘破壊アドバンテージに直結する《コアキメイル・クルセイダー》等ならば尚更である。
 変わったところでは《ネコ耳族》をこのカードサーチすれば、戦闘破壊に関してのみとなるものの、強固なとなる。

 総じて、【獣戦士族】デッキ回転を支えるキーカードと言える。
 【炎星】を筆頭に、数多くの獣戦士族下級モンスターが要となるデッキへの投入が推奨される。
 前述したように強いシナジーを持つ《暗炎星−ユウシ》とのセットや、優れたアドバンテージ源となる十二獣との出張採用も検討できる。

  • 「天キ」とは、北斗七星を構成する星の1つであるおおぐま座のγ星「フェクダ」の中国での呼び名である。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:カードの発動チェーンして《サイクロン》発動され破壊された場合、デッキからカード手札加える事ができますか?
A:いいえ、できません。(12/11/19)

Q:このカード発動し、かつレベル4以下の獣戦士族モンスター1体を手札加えない事はできますか?
A:はい、できます。(13/03/01)

Q:フィールド《ライオウ》が存在する時、このカード発動する事ができますか?
A:はい、できます。(13/01/11)

Q:このカード発動する時に、レベル4以下の獣戦士族モンスター1体を手札加えるかどうかを宣言する必要がありますか?
A:いいえ、カードの発動時にそれを伝える必要はなく、効果処理時手札加えるかをコントローラーが選び処理を行います。(13/03/01)


Tag: 《炎舞−「天キ」》 魔法 永続魔法 炎舞

広告