炎舞(えんぶ)−「(テン)セン」/Fire Formation - Tensen》

 ※「セン」は機種依存文字のためカタカナで代用しています。正しくは玉偏に旋。

永続罠
このカードの発動時に、自分フィールド上の獣戦士族モンスター1体を選択する。
選択したモンスターの攻撃力はエンドフェイズ時まで700ポイントアップする。
また、このカードがフィールド上に存在する限り、
自分フィールド上の獣戦士族モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 COSMO BLAZERで登場した永続罠
 獣戦士族攻撃力を上げる全体強化獣戦士族1体に《突進》と同じ数値の単体強化をする効果を持つ。

 単体強化に関しては数値自体は《突進》と同程度だが、全体強化を合わせれば1000ポイントの強化になり、妥協召喚した《神獣王バルバロス》などでも《ダーク・アームド・ドラゴン》等の最上級モンスターを一方的に倒せるようになる。
 これは同じく単体強化である《幻獣の角》にはない利点。
 ただし、こちらは発動ターンを過ぎると強化値が下がり、またあちらのように直接アドバンテージを稼ぐことはできない。
 モンスターや戦線の維持ではなく、上記のような大型モンスターを処理する手段の一つとして考えるべきだろう。
 この点は、サーチ手段に恵まれる点や、対象をエクシーズ素材などに使用しても全体強化の恩恵が残る点からも適している。

 全体強化の数値は微小ではあるが、獣戦士族下級アタッカーの多くが《サイバー・ドラゴン》等を一方的に倒せるようになる。
 獣族との併用を前提とする場合、《一族の結束》が使いにくいため、代用とする事も考えられるが、その場合は両者が恩恵を受けられる《幻獣の角》のほうが使いやすい。
 もちろん、単体強化全体強化では性質も異なってくるのだが、その場合はフィールド魔法など他の強化手段も比較対象となる。
 コンバットトリックとしての性能は決して悪くないので、《魁炎星王−ソウコ》エクシーズ召喚できるデッキでは、競合を気にせずピン挿しするだけでも活躍は期待できる。
 また、《輪廻天狗》《ゼンマイラビット》など、維持が容易なものを主軸に用いるならば、これらの強化カードを併用してしまっても良いだろう。

 炎星においても戦闘効果を発揮する《暗炎星−ユウシ》などのサポートが可能。
 ただし、罠カードゆえに発動までが遅く、全体強化が1ターン遅れることを計算に入れておきたい。

  • 「天セン」とは、北斗七星を構成する星の1つであるおおぐま座のβ星「メラク」の中国での呼び名である。
  • 原作・アニメにおいて―
    Dチーム・ゼアルの「遊馬vs激翔太」戦において翔太が使用。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド上に獣戦士族モンスターが存在しない場合発動することはできますか?
A:いいえ、発動することはできません。必ず対象に取る必要があります。(12/11/17)

Q:このカード効果適用後、このカードフィールド上から離れた場合、選択した獣戦士族モンスター攻撃力はどうなりますか?
A:その場合であってもエンドフェイズまで攻撃力は700ポイントアップします。(12/12/06)

Q:このカード効果攻撃力が700ポイントアップしているモンスター《収縮》発動した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:例えば、《収縮》効果を受けたモンスター《暗炎星−ユウシ》である場合、エンドフェイズまで(1600/2)+700+300の1800ポイントとなります。(13/04/18)


Tag: 《炎舞−「天セン」》 永続罠 炎舞

広告