焔聖騎士(えんせいきし)−ローラン》

効果モンスター
星1/炎属性/戦士族/攻 500/守 500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを手札から攻撃力500アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。
デッキから「焔聖騎士−ローラン」以外の
戦士族・炎属性モンスター1体または装備魔法カード1枚を手札に加える。

 ストラクチャーデッキR−ウォリアーズ・ストライク−で登場した炎属性戦士族下級モンスター
 手札のこのカード自分モンスター装備カードにする誘発即時効果同名カード以外の戦士族炎属性1体または装備魔法1枚をサーチする誘発効果を持つ。

 (1)は、自身を攻撃力500アップの装備カードとして手札から装備する効果
 強化値はそこまで高くないが、非公開情報からの発動なのでコンバットトリックとして使用できる。
 装備カードの弱点である「装備モンスター除去された場合にディスアドバンテージになる」という点も(2)で補える。

 (2)は、自身が墓地へ送られた場合に炎属性戦士族装備魔法サーチする効果
 エンドフェイズとタイミングは遅いが、どこから墓地へ送られて発動するため発動しやすい。
 炎属性戦士族装備魔法サーチ要員としてこちらの効果のみ目当てに入れてもいい。
 《聖騎士の追想 イゾルデ》なら容易にリクルートでき、リンク素材に使えば発動条件を満たす。

 《ゴッドフェニックス・ギア・フリード》とは非常に相性が良く、(2)であちらをサーチ可能。
 既にフィールドにある場合は(1)であちらに装備することで、あちらの(3)の発動コストを賄いつつ、このカードの(2)の効果発動できる。
 あちらの特殊召喚効果コストにもなるが、その場合除外されるため、このカードの(2)の効果発動は狙えない。

  • 「ローラン」とは、フランスの叙事詩『ローランの歌』などに登場する英雄。
    シャルルマーニュ王に仕えた十二勇将の一人で、聖剣デュランダルを持つ。
  • 聖騎士に属するが、《聖騎士ジャンヌ》と同様にモチーフやカード名は「アーサー王伝説」とは直接は関係がない。
    ただ、『ローランの歌』の前日譚である『狂えるオルランド』などにはマーリンが登場することもあり、全くの無関係とも言えない。

関連カード

戦士族炎属性モンスターについてはイグナイトを参照。

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:自分フィールド上のモンスター対象に《焔聖騎士−ローラン》の(1)の効果発動しました。
  これにチェーンして対象としたモンスター破壊したり、表示形式裏側守備表示にした場合、《焔聖騎士−ローラン》の(1)の効果はどのように処理されますか?
A:《焔聖騎士−ローラン》の対象としたモンスター効果処理時フィールド表側表示で存在しない場合には、効果発動した《焔聖騎士−ローラン》は墓地へ送られます。(19/10/02)


Tag: 《焔聖騎士−ローラン》 モンスター 効果モンスター 星1 炎属性 戦士族 攻500 守500 聖騎士

広告