音響戦士(サウンドウォリアー)ベーシス/Symphonic Warrior Basses》

チューナー・効果モンスター
星1/風属性/機械族/攻 600/守 400
(1):1ターンに1度、フィールドの「音響戦士」モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、そのモンスターのレベルを手札の枚数分上げる。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「音響戦士」モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時まで、その自分の「音響戦士」モンスターのレベルを手札の枚数分上げる。

 STORM OF RAGNAROKで登場した風属性機械族下級モンスターチューナー
 音響戦士の1体であり、音響戦士レベル手札の枚数に応じて上昇させる2種類の効果を持つ。

 (1)の効果は、音響戦士レベル手札の枚数に応じて上昇させる効果
 自身も対象になるため、幅広いレベルシンクロモンスターを使い分ける事ができる。
 魔法・罠カードセットすることである程度レベルを調整する事も可能だが、性質上常に一定のレベルを狙うのは難しいため、エクシーズ素材や特定のシンクロモンスターだけを狙うといった事は難しい。
 そのため、幅広いレベルシンクロモンスターを採用して、対応力を上げるようにしたい。

 (2)の効果は、墓地に存在する自身を除外して音響戦士レベルを上昇させる効果
 他の音響戦士と違って重複可能なため、2枚目以降の同名カードに対して発動すれば、より高レベルシンクロモンスターを狙える。
 ただし、レベルを上げ過ぎるとシンクロ素材に使いづらくなるため、《アンプリファイヤー》音響カウンターを貯める役には向かない。

 レベル1なので《ワン・フォー・ワン》《金華猫》《ワンチャン!?》《ロード・ウォリアー》といった豊富なサポートカードに対応している。
 これらを使うデッキモンスターが低レベルで固まりがちなので、高レベルシンクロモンスターも交えて戦術の幅を広げるために、採用を検討できる。
 また、《音響戦士ギータス》リクルート蘇生可能なのも利点で、制限カードになった《緊急テレポート》に代わる出張セットとして採用しても良いだろう。

  • カード名の「ベーシス」とは、楽器の「ベース(bass)」である。

関連カード

―《音響戦士ベーシス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《音響戦士ベーシス》の効果は同一モンスターに重ねて使用することはできますか?
A:複数枚の《音響戦士ベーシス》の効果発動する場合、同一のモンスター対象に選択する事ができます。(11/02/28)

Q:《音響戦士ベーシス》の効果は、自分の手札が0枚の場合に発動することはできますか?
A:発動できません。(15/01/28)


Tag: 《音響戦士ベーシス》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 風属性 機械族 攻600 守400 音響戦士

広告