海皇龍(かいおうりゅう) ポセイドラ/Poseidra, the Atlantean Dragon》

効果モンスター
星7/水属性/海竜族/攻2800/守1600
自分フィールド上のレベル3以下の
水属性モンスター3体をリリースして発動できる。
このカードを手札または墓地から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
フィールド上の魔法・罠カードを全て持ち主の手札に戻す。
この効果でカードを3枚以上手札に戻した場合、
相手フィールド上の全てのモンスターの攻撃力は
手札に戻したカードの数×300ポイントダウンする。

 ストラクチャーデッキ−海皇の咆哮−で登場した水属性海竜族最上級モンスター
 自身を手札墓地から特殊召喚する起動効果と、その成功時魔法・罠カード戻し条件付きで攻撃力を下げる誘発効果を持つ。

 特殊召喚効果蘇生にも対応しているが、コストに指定されたモンスターが3体も必要なので非常に重いため、ある程度特化しないと苦しい。
 海皇では、《深海のディーヴァ》《海皇の重装兵》特殊召喚し、さらに《海皇子 ネプトアビス》を追加召喚すれば、このカード墓地へ送りつつ、コストを揃えられる。
 また、海皇にはコスト墓地へ送る事で発動する効果があるため、ディスアドバンテージ軽減の点からも併用したい。
 該当モンスターを3体同時に蘇生できる《海皇の咆哮》も有力である。
 他にも、ガエル雲魔物にもコストに適した展開力のあるモンスターが存在している。
 水属性レベル2以下の通常モンスターを入れて《トライワイトゾーン》で展開したり、《素早いアンコウ》効果《素早いマンタ》《素早いマンボウ》を出す手もある。
 リリースであるため、《レクンガ》《オイスターマイスター》の生み出すトークンも利用できる。

 自身の効果特殊召喚に成功した場合、《ハリケーン》と同様のバウンス効果発動し、3枚以上のカードバウンスさせれば攻撃力を減少させる追加効果が付く。
 しかし、あくまでバウンスのため一時凌ぎの側面も否めず、《奈落の落とし穴》等が伏せてあれば除去されてしまう可能性も高い。
 追加効果を狙うのであれば、《心鎮壷》《魔封じの芳香》魔法・罠カードを封じながら特殊召喚を狙うといいだろう。

 しかし、召喚コスト重さに見合うほどの効果とは言い難く、コストにするモンスターシンクロ召喚エクシーズ召喚を狙った方が有効な場面も多い。
 海皇としても《海皇の重装兵》《海皇の狙撃兵》対象が重複しやすいため、使いづらさは拭えず、採用率は低い。
 使うならば自身の効果での特殊召喚は狙わず、《真海皇 トライドン》《海皇子 ネプトアビス》から特殊召喚できる最上級モンスターと考えた方が無難だろう。

  • ちなみに、中国名では「波賽龍」と、「ポセイドラ」の韻を残しつつ「波賽(ポセイドン)」+「龍(ドラゴン)」であることをわかりやすくしている。

関連カード

―《海皇龍 ポセイドラ》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:自身を特殊召喚する効果の種別は何になりますか?
A:起動効果になります。(12/06/16)

Q:裏側表示レベル3以下のモンスターリリースして自身を特殊召喚する効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/06/16)

Q:3枚以上手札に戻した時に攻撃力をダウンさせる効果魔法・罠カード手札戻す効果一連の効果処理ですか?
A:はい、魔法・罠カード手札戻すのは誘発効果で、その誘発効果一連の効果処理になります。(12/06/16)

Q:魔法・罠カード手札戻す処理と3枚以上戻した場合に攻撃力をダウンする処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いになります。(12/06/16)

Q:墓地でこのカード特殊召喚する効果発動し、効果処理時にこのカード《儀水鏡の反魂術》効果手札に戻った場合、手札のこのカード特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。(12/06/27)


Tag: 《海皇龍 ポセイドラ》 効果モンスター モンスター 星7 水属性 海竜族 攻2800 守1600 海皇

広告