活路(かつろ)への希望(きぼう)/Hope for Escape》

通常罠
(1):自分のLPが相手より1000以上少ない場合、
1000LPを払って発動できる。
お互いのLPの差2000につき1枚、自分はデッキからドローする。

 STORM OF RAGNAROKで登場した通常罠
 ライフポイント差によりドロー枚数の変わる一風変わったカード

 相手より3000ライフ少ないときに発動することで、《八汰烏の骸》を超えるドロー効果となる。
 相手ライフデュエル開始時から変動していない場合、最大3枚のドローとなる。

 デュエルにおいて、ライフポイントが大きく下回っている状況は基本的には劣勢ということになる。
 よく考えずにドロー目的で投入しても事故原因にしかならないため、上手く活用するにはお互いライフポイントを操作し、効果的にドローする策が必要となる。

 《光の護封壁》など容易にライフポイントを調整できるカードはあるが、自分ライフポイントを減らす一方ではリスクが高いため、相手ライフポイントを増やすカードコンボしたい。
 特に1:1交換を行いながら相手ライフポイント回復させる《ソウルテイカー》《成金ゴブリン》との相性は抜群。
 1:1交換を中心としながらもこのカードアドバンテージを得る構築が考えられる。
 《絶対王 バック・ジャック》デッキキーカードとなりやすいこのカードセットできる確率を高められる他、デッキ操作効果《成金ゴブリン》を併用する事で好きなカードドローできるので相性が良い。
 相手ライフを削らない【エクゾディア】【終焉のカウントダウン】等の特殊勝利デッキ自分ライフを減らすことに意義のある《E・HERO エアー・ネオス》軸の【コンタクト融合】での投入も検討できる。
 特に【自爆スイッチ】には是非とも投入したい。

 このカードを複数枚同時に発動することでドロー枚数を増やせる。
 効果処理時まではドローが行われないので、たとえば相手ライフが8000、自分ライフが6000の時に《活路への希望》2枚を同じチェーン上で発動する場合、先にライフコストによりライフ差は4000となり、その後それぞれの《活路への希望》の効果で2枚ずつ、合計4枚のドローが可能となる。

  • アニメVRAINS第25話にて、SOLテクノロジー社の北村セキュリティ部長を叩くネットユーザーのハンドルネームの1つに「活路ベンケイビート」なる名前が確認できる。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果解決時自分ライフ相手ライフより2000ポイント以上多い場合はドローできますか?
A:はい、できます。(10/11/13)

Q:自分デッキの枚数が2枚のみで、自分ライフポイントが2000、相手ライフポイントが8000の場合、自分はこのカード発動できますか?
A:調整中。(17/01/30)


Tag: 《活路への希望》 通常罠

広告