間炎星(かんえんせい)−コウカンショウ/Brotherhood of the Fire Fist - Cardinal》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/炎属性/獣戦士族/攻1800/守2200
「炎星」と名のついたレベル4モンスター×2
このカードのエクシーズ素材を2つ取り除いて発動できる。
自分のフィールド上・墓地の「炎星」
または「炎舞」と名のついたカード合計2枚と、
相手の墓地または相手フィールド上に表側表示で存在する
カード合計2枚を選択して持ち主のデッキに戻す。
「間炎星−コウカンショウ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した炎属性獣戦士族エクシーズモンスター
 自分フィールド墓地炎星もしくは炎舞2枚と、相手フィールド墓地カード2枚をデッキに戻す起動効果を持つ。

 エクシーズ素材炎星に限定された、【炎星】専用のエクシーズモンスター
 厳しい縛りではあるが、《炎舞−「天枢」》《微炎星−リュウシシン》《殺炎星−ブルキ》を用いれば、レベル炎星を並べるのはさほど難しいものではない。

 モンスター効果カードの種類を問わずにデッキ戻すという非常に強力な除去
 類似効果を持つ《クイーンマドルチェ・ティアラミス》と比べ、対象をとる点やセットカードに対応できない点で劣るが、その分相手墓地アドバンテージを奪う事もできる。
 エクシーズ素材を2つ取り除いて発動するため実質一回限りではあるが、除去の豊富な環境やあまり高くないステータスを考慮すると1度のみでも十分だろう。

 効果を使用する際には自分炎星または炎舞デッキ戻す必要があるが、基本的には墓地炎舞デッキ戻すことになるだろう。
 墓地炎星《炎星師−チョウテン》《微炎星−リュウシシン》蘇生できる一方、炎舞墓地にあっても《極炎舞−「星斗」》コストくらいにしか利用できない。
 また、デッキ炎舞は多くの炎星効果セットできるため、デッキ戻すことで再利用が容易となる。

  • モデルは『水滸伝』の登場人物である、「天間星」の生まれ変わりの「公孫勝」だろう。
    「入雲竜」という渾名を持つ道士であり、その道術で梁山泊の危機を幾度も救っている。
    カード名は「コウカンチョウ(紅冠鳥)」と掛け合わせたものだと思われる。
    「コウカンショウ」という名前は、三国志及び演義における蜀の猛将『黄忠』の「姓-字」の読み其の物であるが、イラスト効果共に関連性は一切ない。

関連カード

炎星と名のついたレベルモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:対象を取る効果ですか?
A:はい、とります。(13/02/16)

Q:対象となったカード効果解決時フィールドを離れるなどした場合、他のカードデッキに戻りますか?
A:戻ります。(13/02/16)

Q:自分炎星または炎舞デッキに戻すのは墓地フィールド上から1枚ずつ戻す必要がありますか?
A:いいえ、どちらか片方だけ2枚戻すことも可能です。(13/02/16)

Q:相手表側表示カードデッキに戻すのは墓地フィールド上から1枚ずつ戻す必要がありますか?
A:いいえ、どちらか片方だけ2枚戻すことも可能です。(13/02/16)

Q:相手フィールド上と墓地炎属性モンスターを対象に効果発動し、それにチェーンして相手《炎王炎環》を発動して、選択したフィールド上と墓地モンスターを入れ替えました。
  この時この2体のモンスターデッキ戻すことはできますか?
A:いいえ、できません。(13/02/16)

Q:フィールド上に《王家の眠る谷−ネクロバレー》が存在している時に、《間炎星−コウカンショウ》効果発動しました。
  1枚でも墓地対象にしている場合、《間炎星−コウカンショウ》の効果はどうなりますか?
A:フィールドのカード対象にした効果も含めて無効になります。(13/02/20)


Tag: 《間炎星−コウカンショウ》 エクシーズモンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ モンスター ランク4 炎属性 獣戦士族 攻1800 守2200 炎星

広告