奇跡(きせき)のマジック・ゲート》

通常魔法
(1):自分フィールドに魔法使い族モンスターが2体以上存在する場合に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスター1体を選んで守備表示にする。
その後、そのモンスターのコントロールを得る。
この効果でコントロールを得たモンスターは戦闘では破壊されない。

 20th ANNIVERSARY LEGEND COLLECTIONで登場した通常魔法
 相手攻撃表示モンスター守備表示にしてコントロールを奪い、そのモンスター戦闘破壊耐性を与える効果を持つ。

 守備表示モンスター守備表示にならないリンクモンスターを奪えないという欠点はあるものの、無効化や用途の限定等の制約がなく扱いやすい。
 発動条件魔法使い族2体以上と緩く、魔法使い族が中心のデッキであれば容易に満たせる。
 コントロールを奪う際に守備表示になるが、そのターン特殊召喚されたわけでもない限りは1ターンに1回の表示形式の変更権があるため、すぐに攻撃表示に戻して攻撃させることもできる。
 壊獣などを送りつけ奪うのも良く、戦闘破壊耐性も生かしやすくなる。

 ただし、このカードの採用にあたり、同じ通常魔法《精神操作》が競合してくる。
 あちらは攻撃リリースに制約がかかり、奪えるのもそのターンのみだが、発動条件がなく、奪えるモンスターも限定されていない。
 また、それらのデメリットも、奪った後に何かしらの素材にすることを考えるのであれば気にならない。
 対象耐性を持つモンスターにも有効なことや攻撃ができる点、永続的なコントロール奪取である事等に重きを置く場合の採用になるか。

収録パック等


Tag: 《奇跡のマジック・ゲート》 魔法 通常魔法

広告