擬似空間(ぎじくうかん)/Pseudo Space》

フィールド魔法
(1):1ターンに1度、自分の墓地からフィールド魔法カード1枚を除外して発動できる。
エンドフェイズまで、このカードは除外したカードと同名カードとして扱い、同じ効果を得る。

 EXTRA PACK Volume 3で登場したフィールド魔法
 1ターンに1度だけ、エンドフェイズ時まで墓地フィールド魔法効果を得られる。

 墓地フィールド魔法除外する必要がある上に、期間に限りがある。
 このカードよりも、そのフィールド魔法自体や《テラ・フォーミング》を追加したほうが有益である。
 相手に利用されたくないフィールド魔法を扱う場合は、2枚目をセットして張り替えておいたほうが良い。
 基本的に、同名カード《テラ・フォーミング》で足りない場合に採用を検討すべきカードと言える。
 《惑星探査車》《Z−ONE》《マインフィールド》なども競合するが、それぞれクセがあるので利用できるデッキも変わる。

 多くのフィールド魔法は維持を前提としているので、基本的には同名カード《テラ・フォーミング》で不足する事態は起こりにくく、むしろ手札にかさばってしまうリスクのほうが大きい。
 一方で、1ターンに1度の制約などで張り替える事に意味のあるものを扱う場合は、このカードを有効に活用できる。
 ただし、《竜の渓谷》《暗黒界の門》など該当する多くはコストも同時に確保する必要がある。
 リクルート先によってトリガーを再び引ける《霞の谷の神風》は相性が良いが、制限カードなので先にあちらを確保する必要があり、2枚目以降のこのカード腐るので注意。

 この他、手札フィールドコストとしてフィールド魔法を利用する場合などに採用が検討できる。
 《忘却の都 レミューリア》1ターンに1度レベル変更も利用でき、《コダロス》などで墓地へ送る機会も多いため相性が良い(ただし二重にレベルをあげる事は不可)。
 蘇生カードとして用いる場合の《ブラック・ガーデン》《ハーピィ・チャネラー》《召喚僧サモンプリースト》コストとしても、フィールド魔法としても利用価値のある《ハーピィの狩場》なども相性が良いといえる。

 さらに、フィールド離れた時点で効果が切れるため《脳開発研究所》との相性は抜群。
 直接利用できないので手間はかかるが、実質的にライフコストの踏み倒しが可能となる。
 一方、フィールドを離れると元に戻るため《歯車街》をコピーしても破壊され墓地へ送られた時の効果発動する事ができない点に注意。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:複製効果チェーンブロックを作りますか?
A:はい、作られます。(10/09/18)

Q:墓地フィールド魔法除外するのはコストですか?
A:はい、そうです。(10/09/18)

Q:《摩天楼 −スカイスクレイパー−》等を複製した後で、このカードの効果無効にされました。
  カード名効果はどうなりますか?
A:その場合でもカード名効果は得た状態のままですが、その得た効果無効になった状態になります。(10/09/18)

Q:《脳開発研究所》を複製しました。
  サイコカウンターが乗った状態で破壊された場合、ダメージは起きますか?
A:いいえ、起きません。(10/09/18)

Q:《脳開発研究所》を複製しました。
  サイコカウンターが乗った状態でエンドフェイズを終える場合、サイコカウンターはどうなりますか?
A:全て取り除かれます。(10/09/18)

Q:手札セットされているこのカード発動する際同時にフィールド魔法除外して効果発動することはできますか?
A:いいえ、できません。(10/09/23)

Q:《伝説の都 アトランティス》除外した場合、カード名《海》になりますか?
A:はい、カード名《海》になります。(13/08/17)

Q:相手の《擬似空間》が存在する時、自分自分墓地フィールド魔法を除外して効果発動する事ができますか?
A:いいえ、《擬似空間》はコントローラーのみが効果発動する事ができます。(17/03/24)


Tag: 《擬似空間》 魔法 フィールド魔法

広告