(きん)じられた聖杯(せいはい)/Forbidden Chalice》

速攻魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
ターン終了時までそのモンスターは、攻撃力が400アップし、効果は無効化される。 

 RAGING BATTLEで登場した速攻魔法
 モンスター1体の攻撃力単体強化し、そのモンスター効果無効にする効果を持つ。

 コンバットトリックにも、相手の展開の妨害にも、モンスター効果無効化を利用したコンボにも利用できるなど、汎用性の高い速攻魔法である。
 《天罰》等とは違い、効果無効にするだけで破壊までは行わないが、ここもコンボに転用しやすい理由である。
 《スキルドレイン》等と違ってコストも必要なく、速攻魔法なので扱いやすく無効化もされにくい。

 まず自分モンスターに使用する場合、デメリットを持つモンスター妥協召喚したモンスターステータスリセットを行うことができる。
 例えば《神獣王バルバロス》との相性は抜群で、妥協召喚したとしても攻撃力は3400まで引き上がり、効果が切れた後も攻撃力3000のモンスターが居座り続ける。
 また無効するだけで破壊までは行わないため、《大天使クリスティア》等の全体に影響する効果をこのカード自分ターンだけ無効にし、相手だけを拘束する使用方法もある。

 相手モンスターに使用する場合は厄介な効果モンスターに対応でき、ダメージステップに対応することからリバースした場合の効果無効にできるのは心強い。
 ただし、効果無効にしても破壊までは行わず追撃を許す点、次のターンに再びモンスター効果発動される可能性がある点、わずかだが攻撃力を上昇させる点等には注意が必要である。

 「対象モンスター効果を一時的に無効にするカード」としては、相互互換が複数存在する。
 妨害や予想のされにくさ、先攻1ターンキルへの対抗、自分ターンでの使用・自分モンスターへの使用の可不可など一長一短であり、自分のデッキで使う場面をよく考えて運用したい。

  • 第2回カリスマデュエリスト最強決定戦「カイザー海馬vs千丈目」においてはカイザー海馬が使用。
    何故かダメージステップ発動せずにセットした。
  • 聖杯とは、キリスト教の伝承にて最後の晩餐で使用されたとされる器のことである。
    また、聖槍の対として、磔刑となったキリストの血を受け止めた器という話もある。
    著名な創作物には度々聖杯が登場し、例えば「アーサー王伝説」では重要な要素となっている。

関連カード

―名前関連

収録パック等

FAQ

Q:効果モンスター以外のモンスター対象に選択できますか?
A:はい、できます。(09/04/20)

Q:ライトロード等のエンドフェイズ時に発動する誘発効果を持つ効果モンスター効果発動されますか?
A:《禁じられた聖杯》のモンスター効果無効にする効果は、エンドフェイズ時の任意のタイミングまで適用される効果となります。
  よって、例の場合、《禁じられた聖杯》の効果適用されなくなる処理よりも前に、ライトロード効果発動した場合、その効果無効化されます。(09/09/06)

Q:ダメージステップ発動できますか?
A:発動できます。このカード対象となったモンスター効果無効となります。(09/02/14)

Q:自身の効果により攻撃力1900の《神獣王バルバロス》発動した場合、数値はどうなりますか?
A:攻撃力3400になります。エンドフェイズを過ぎた後は3000になります。(09/02/14)

Q:《キラー・トマト》《クリッター》等の、墓地発動する効果無効にすることはできますか?
A:いいえ、できません。(09/02/14)

Q:《禁じられた聖杯》で効果無効になった状態の《ならず者傭兵部隊》が存在します。
  その場合自身をリリースして効果発動する事は可能ですか?
  またその場合モンスター破壊する効果適用されますか?
A:《禁じられた聖杯》の効果によって無効化されている《ならず者傭兵部隊》効果を、自身をリリースして発動する事はできますが、モンスター破壊する効果適用されません。(09/02/16)

Q:《墓守の番兵》効果発動チェーンして《禁じられた聖杯》を発動しました。
  それにチェーンして相手《死のデッキ破壊ウイルス》発動し、効果処理時《墓守の番兵》フィールド上に表側表示で存在しなくなった場合、《墓守の番兵》効果無効になりますか?
A:《禁じられた聖杯》の効果処理時に、対象モンスターフィールド上に存在しない場合、攻撃力をアップし効果無効化する効果適用されません。(09/02/16)

Q:ダイレクトアタックが可能なモンスター相手プレイヤー攻撃しました。
  ダメージステップにこのカードをそのモンスター発動した場合、どうなりますか?
A:そのモンスター攻撃力は400ポイントアップし、そのままダイレクトアタックが可能です。(09/09/06)

Q:自身の効果により攻撃力守備力の下がった《光と闇の竜》発動した場合、数値はどうなりますか?
A:攻撃力3200、守備力2400になります。エンドフェイズを過ぎた後は攻撃力2800、守備力2400になります。(09/02/20)

Q:自身の効果により攻撃力の下がった《バーサーク・デッド・ドラゴン》発動した場合、数値はどうなりますか?
A:攻撃力3900になります。エンドフェイズを過ぎた後は3500になります。(09/02/20)

Q:このカードによって効果無効になっている状態の《地縛神 Aslla piscu》《E・HERO アブソルートZero》《キング・もけもけ》フィールドを離れた場合、効果発動しますか?
A:効果発動し、適用されます。(09/02/20)

Q:このカードモンスタートークンに使用した場合、モンスタートークン効果無効になりますか?
A:いいえ、その場合効果無効にならず、攻撃力が400アップする効果のみ適用されます。(09/03/24)

Q:このカードの効果適用されているモンスター効果発動し、それにチェーンして《月の書》でそのモンスター裏側守備表示にしました。
  モンスター効果無効化されますか?
A:いいえ、無効化されません。(11/09/10)

Q:《禁じられた聖杯》の効果適用された《ローンファイア・ブロッサム》効果綿毛トークンコスト発動し、チェーンして以下のカード《ローンファイア・ブロッサム》に対して発動しました。《ローンファイア・ブロッサム》効果無効になりますか?
A:《月の書》:いいえ。有効となり特殊召喚できます。(12/07/28)
  《強制脱出装置》:はい、無効になります。(12/05/12)
  《サンダー・ブレイク》:はい。無効になります。(12/02/13)
  《亜空間物質転送装置》:はい。無効になります。(12/02/13)
  《鳳翼の爆風》:はい、無効になります。(12/05/12)
  《暴君の威圧》(コスト):はい。無効になります。 (12/02/13)

Q:以下のカード相手発動され、チェーンしてこのカード発動し先に効果無効にしました。
  エンドフェイズ時にこのカードの効果適用を終わらせるだけで、対象に選択したモンスター効果適用されるようになりますか。
A:《エフェクト・ヴェーラー》:はい、対象に選択したモンスター効果適用されます。(13/12/28)
  《ブレイクスルー・スキル》:はい、対象に選択したモンスター効果適用されます。(13/12/28)
  《禁じられた聖杯》:いいえ、チェーン1の《禁じられた聖杯》の効果もまだ適用されているため、それだけでは効果無効のまま適用されません。(13/12/29)
  《神竜騎士フェルグラント》:いいえ、《神竜騎士フェルグラント》効果もまだ適用されているため、それだけでは効果無効のまま適用されません。(13/12/28)


Tag: 《禁じられた聖杯》 魔法 速攻魔法

広告