緊急救急救命(きんきゅうきゅうきゅうきゅうめい)レスキュー/Emerging Emergency Rescute Rescue》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分のLPが相手より少ない場合に発動できる。
デッキから攻撃力300/守備力100の獣族モンスター3体を相手に見せ、
相手はその中から1体選ぶ。
そのモンスター1体を自分の手札に加え、残りをデッキに戻す。

 CODE OF THE DUELISTで登場した通常魔法
 攻撃力300・守備力100の獣族1体をサーチする効果を持つ。

 サーチできるモンスターは現状レスキューシリーズに限られている。

 相手よりライフポイントが少なく、サーチ先のモンスターが3体以上デッキに残っていなければカードの発動自体ができない。
 前者は《成金ゴブリン》《チキンレース》で満たせるが、デッキにあるサーチ先を先に引いてしまう可能性がある。
 レスキューシリーズ3枚に加えてこのカードまで複数積むと、このカード自体が事故要因になってしまう恐れも高まる。
 サーチするカード相手が選ぶため準制限カード《レスキューキャット》は実質このカードサーチできず、1枚でもサーチしたいカードデッキからなくなってしまえば確実にはサーチできなくなってしまうので、サーチ先を使い分けるといった運用も難しい。
 基本的にレスキューシリーズを2種類以上採用するかデッキ戻すギミックを採用した上で、《成金ゴブリン》《チキンレース》などが入るデッキで各種3枚目以降の採用となるだろう。
 デッキからの特殊召喚ができない《レスキューラビット》サーチできるのは中々に大きく、序盤で発動できれば《エヴォルカイザー・ラギア》等で盤面を制圧できる可能性は上がる。

 《レスキューフェレット》は自身の効果によりデッキに戻るため、中盤以降でも他のレスキューシリーズよりは「デッキに3体以上」の発動条件が満たしやすい。

関連カード

イラスト関連

カード名関連

サーチできる攻撃力300・守備力100の獣族

収録パック等


Tag: 《緊急救急救命レスキュー》 魔法 通常魔法

広告