銀河衛竜(ギャラクシー・サテライト・ドラゴン)/Galaxy Satellite Dragon》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/ドラゴン族/攻2000
【リンクマーカー:左下/右下】
ドラゴン族モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のバトルフェイズに、フィールド・墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの元々の種族・属性がドラゴン族・光属性の「No.」Xモンスター1体を対象として発動できる。
バトルフェイズ終了時まで、相手が受ける戦闘ダメージは半分になり、
対象のモンスターの攻撃力は、そのモンスターの持つ「No.」の数値×100になる。
(2):相手エンドフェイズに発動できる。
デッキからカード1枚を選んでデッキの一番上に置く。

 CHAOS IMPACTで登場した闇属性ドラゴン族リンクモンスター
 バトルフェイズドラゴン族光属性No.エクシーズモンスターをそのカード名の数字に比例して強化できる誘発即時効果相手エンドフェイズデッキからカードデッキトップ置く誘発効果を持つ。

 (1)はNo.エクシーズモンスター攻撃力を一定値にする効果
 最低でも《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》の3800、最高でギャラクシーアイズ・タキオン・ドラゴンの10700となるため、どのモンスターでも強化となる。
 戦闘ダメージこそ半減するものの、特に大きな数字のNo.攻撃力の上昇が極めて高いため、結果的にはダメージが大きくなる事も多い。
 対象にするモンスターでの攻撃を最後にして、その直前に発動すれば、他のモンスターデメリットを負う事もない。
 《No.91 サンダー・スパーク・ドラゴン》なら、相手モンスターを一掃した上で直接攻撃することで、4550もの戦闘ダメージを与えられる。

 (2)は相手エンドフェイズデッキトップカードサーチできる効果
 カードの種類を問わず、次のドローフェイズドローできるが、自身のステータスが低いため、相手ターン除去される可能性が高い。
 相手エンドフェイズ蘇生するのが一番現実的だろう。

 最も相性が良いのは《RUM−七皇の剣》で、次のターンドローすれば《CNo.107 超銀河眼の時空龍》エクシーズ召喚できる。
 その場合、このカードリリースして連続攻撃発動し、墓地から(1)の効果発動できるため1ターンキルも容易となる。

 このカードリンク素材ドラゴン族を必要とし、対象となるモンスターランク8がほとんどのため、それらを混ぜ合わせたデッキで採用したい。
 《守護竜エルピィ》などと《螺旋竜バルジ》を利用すれば対象エクシーズモンスター特殊召喚し、それらを素材にこのカードを出せるため、【ドラゴン族】なら概ね組み込めるコンボである。
 また、(1)の対象を採用していない場合でも、ドラゴン族を軸としている場合、(2)を目当てに採用することも考えられる。

関連カード

光属性ドラゴン族No.エクシーズモンスター

収録パック等


Tag: 《銀河衛竜》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク2 闇属性 ドラゴン族 攻2000 ギャラクシー

広告