月鏡(つきがみ)(たて)/Moon Mirror Shield》

装備魔法
(1):このカードの装備モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
装備モンスターの攻撃力・守備力はダメージ計算時のみ、
戦闘を行う相手モンスターの攻撃力と守備力の内、高い方の数値+100になる。
(2):表側表示のこのカードがフィールドから墓地へ送られた場合、
500LPを払って発動する。
このカードをデッキの一番上または一番下に戻す。

 EXTRA PACK 2015で登場した装備魔法
 戦闘に関しほぼ無敵となる効果と、墓地へ送られた場合にデッキトップデッキボトム戻せる効果を持つ。

 (1)の効果により、相手モンスター守備表示だろうと攻撃表示だろうと戦闘破壊することができる。
 また、攻撃力守備力の内高い方の数値を得るため、場合によっては100よりも大きいダメージを与えられることもある。
 例えば、攻撃表示《千年の盾》攻撃した場合、3100ポイントの戦闘ダメージを狙える。
 攻撃してもされてもダメージ計算時強制効果発動するため、この戦闘に耐えられるのは、戦闘破壊耐性以外では《邪神アバター》などごく一部くらいのものである。
 ただし発動であるため、ダメージステップ時を含む封殺効果を持つモンスターに対して効果を発揮することができない。

 一方、ダメージ計算時強制効果発動するため、装備モンスター攻撃力相手モンスター攻撃力を大幅に上回っていた場合でも多くの場合には100ポイントしか戦闘ダメージを与えられない。
 ダメージを与えるカードと見るよりも、相手モンスター戦闘破壊した場合に発動する効果や、戦闘ダメージを与えた場合に発動する効果トリガーとして使いたい。
 例としては、《H・C 強襲のハルベルト》の場合は自身の貫通効果と合わせ確実にサーチができ、《KA−2 デス・シザース》《ニードルバンカー》ならば高レベルモンスターも容易に戦闘破壊可能になり、攻撃力に難がある《ヴァンパイア・ベビー》も問題なく使えるようになる。
 また、強力な抑止力を持つがステータスが低く戦闘破壊されやすい《フォッシル・ダイナ パキケファロ》《ナチュル・バンブーシュート》などに装備させるのも良い。

 (2)の効果により、容易に再利用できるのも利点である。
 ドローロックを嫌う場合にはデッキの一番下にも送れるが、どんな弱小モンスターでも装備さえすれば攻撃力4000以上のモンスターとの戦闘にも勝てるため、状況によっては次のドローを捨ててでも利用する価値はあるだろう。
 また、サーチ効果を使うにはデッキ内に装備魔法が3枚以上ある必要がある《パワー・ツール・ドラゴン》の補助としても有効である。
 この他、《サンライト・ユニコーン》コンボになるので併せて使う手も考えられる。
 ただし、強制効果なので自分ライフが500未満でない限り発動は止められず、500丁度の場合はそのまま敗北してしまう。

 戦闘による突破という点では非常に高い性能を持つため、メインデッキ戦闘力が低いデッキではピン挿しもしくはサイドデッキに投入する事で、《ヴェルズ・オピオン》等の苦手なモンスターへの対処が行える。

  • 読みは「つきかがみ」ではなく「つきがみ」である。
    宣言の際には注意したい。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:相手フィールド攻撃表示《ダイナミスト・プレシオス》のみが存在しています。
  このカードを装備した攻撃力1500のモンスター攻撃した場合、どのような結果になりますか?
A:装備モンスター攻撃力は1800になりそのまま処理を進め戦闘ダメージを計算、相手に100の戦闘ダメージを与え戦闘破壊します。(15/10/26)

Q:《月鏡の盾》を装備しているモンスター《ロケットハンド》を装備し、(2)の効果を使いました。
  その後で装備モンスター戦闘をする場合、数値は変動しますか?
  それとも0のままで固定されますか?
A:《月鏡の盾》の(1)の効果発動し、数値は「戦闘を行う相手モンスター攻撃力守備力の内、高い方の数値+100」になります。(16/05/08)


Tag: 《月鏡の盾》 魔法 装備魔法

広告