御前試合(ごぜんじあい)/Gozen Match》

永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いのフィールドにそれぞれ1種類の属性のモンスターしか表側表示で存在できない。
お互いのプレイヤーは自身のフィールドの表側表示モンスターの属性が
2種類以上の場合には1種類になるように墓地へ送らなければならない。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した永続罠
 フィールドに出せるモンスター属性を制限する効果を持つ。

 《群雄割拠》属性バージョン。
 種族は25種類存在するが、属性は7種類しか存在しない。
 第7期前半までは【ライトロード】【BF】属性統一デッキが流行していたためメタとしては刺さりにくかった。
 また種族統一デッキに対しても、【悪魔族】【天使族】【魚族】等はほとんど自然に属性が統一されているため、効果が薄い事がある。

 一方、【植物族】【戦士族】【ドラゴン族】【サイキック族】等のデッキは、属性がバラけている事が多いため《群雄割拠》以上の拘束力を期待できる。
 【スタンダード】【剣闘獣】【六武衆】【フォーチュンレディ】等の属性がバラけているモンスターを採用するデッキに対しても、有効である。
 また、シンクロモンスターエクシーズモンスターに対しても非常に強い。
 これらを使用する場合は必然的に種族属性がバラけ易く、軸にしているデッキに対してはメタとして機能し易い。

  1. フリーチェーン発動できる。
    モンスターが存在しない場合でも発動できる。
  2. 効果発動時に処理はない。
  3. モンスター属性が1種類になるようにお互い墓地へ送る
  4. 効果の適用中、モンスターの召喚に対して様々な制約が科せられる。
  • 「試合」のイメージで考えると、属性が多岐にわたる六武衆の中から(試合に勝った)一人だけが残る様子とこのカードの効果を関連付けさせたのかもしれない。
  • 「御前試合」とは将軍や大名の面前で行う武術の試合や、天皇の前で行う試合のことを指す。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:フィールド上にモンスターが存在していなくても発動はする事ができますか?
A:発動できます。(08/09/28)

Q:自分フィールド上1体の表側表示モンスターがいる時、これをリリースし別の属性モンスター表側表示アドバンス召喚特殊召喚することはできますか?
A:この場合「違う属性モンスターアドバンス召喚」そのものが不可能となります。(08/07/23)

Q:自分フィールド上の水属性表側表示モンスターリリースし、別の属性モンスターセットすることはできますか?
A:はい、できます。(09/09/24)

Q:自分フィールド上に闇属性モンスターが2体存在する時、どちらか一体をリリースして地属性モンスターを「アドバンス召喚アドバンスセット」することはできますか?
A:できます。(09/08/22)

Q:何らかのモンスターが存在する時に《マジカルシルクハット》効果特殊召喚された魔法・罠カード表側表示となった場合、どうなりますか?
A:「属性なし」として扱うため、そのままフィールド上に残り続けます。(08/08/04)

Q:相手フィールド上と自分フィールド上に属性が違うモンスターが1体ずつ存在する場合、《強制転移》発動できますか?
A:できます。(10/09/12)

Q:相手フィールド上と自分フィールド上に属性が違うモンスターが存在する場合、《精神操作》発動できますか?
A:可能です。そのモンスターコントロールを得た直後に墓地に送られます。(10/11/13)

Q:自分フィールド《E・HERO ワイルドマン》《トラファスフィア》のみが存在している時にこのカード発動した場合、モンスター墓地へ送る処理を行う必要がありますか?
A:その場合でも、《E・HERO ワイルドマン》《トラファスフィア》のどちらかを墓地へ送らなければなりません。(17/03/17)

Q:このカードの効果適用中、自分フィールド上の唯一のモンスターである《レスキューキャット》効果発動できますか?
A:デッキ特殊召喚することができる、地属性モンスターがいれば発動できます。
  また、特殊召喚されるモンスター属性地属性以外でも問題ありません。(09/07/16)

Q:このカードの効果適用中、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、「複数の属性モンスター特殊召喚できる効果」を発動できますか?
A:発動できます。   複数の属性モンスター特殊召喚することもできますが、特殊召喚に成功した直後に属性を1つ選び、選ばなかった属性モンスター墓地へ送ります。(09/03/08)

Q:このカードの効果適用中、自分フィールド上に風属性モンスターが存在する場合、「複数の属性モンスター特殊召喚できる効果」を発動できますか?
A:発動できます。特殊召喚できるのは風属性モンスターのみです。(14/10/20)

Q:このカード《DNA移植手術》(炎属性宣言)の適用中に、「複数の属性モンスター特殊召喚できる効果」を発動できますか?
例として、除外ゾーンに《E・HERO フェザーマン》《E・HERO バーストレディ》《E・HERO スパークマン》《E・HERO クレイマン》が存在しています。この状態において《異次元からの帰還》発動することは出来ますか?また、発動でき、特殊召喚が出来る場合、どう処理しますか?
A:まず、《御前試合》と《DNA移植手術》適用下において、自分フィールド上にモンスターが存在しない場合は《異次元からの帰還》によって、《E・HERO フェザーマン》《E・HERO バーストレディ》《E・HERO スパークマン》《E・HERO クレイマン》を、それぞれ特殊召喚することが出来ます。
《異次元からの帰還》によって特殊召喚した時点で、《DNA移植手術》効果によって、炎属性となっているため、それらのモンスターは全てフィールドに残ります。
また、《御前試合》と《DNA移植手術》適用下において、自分フィールド上にモンスターが1体以上存在している場合、そのフィールド上のモンスター属性《DNA移植手術》によって、炎属性となっているため、《異次元からの帰還》発動することは出来ますが、特殊召喚できるのは炎属性である、《E・HERO バーストレディ》のみとなります。(15/07/03)

Q:このカードの効果適用中、自分フィールド上に風属性モンスターが存在する場合、どの属性モンスター特殊召喚されるか不定である《名推理》《モンスターゲート》発動できますか?
A:発動できます。ただし特殊召喚できるのは風属性モンスターのみです。(14/10/20)

Q:このカードの効果適用中に、剣闘獣と名のついたモンスター効果発動し、デッキから異なる属性剣闘獣と名のついたモンスター特殊召喚することはできますか?
A:デッキ内に同じ属性モンスターが存在すれば、効果発動することができます。
  特殊召喚するモンスター属性が異なっていても、他にモンスターが存在しなければ特殊召喚することができます。(09/07/16)

Q:このカード《ブラック・ガーデン》発動していて、相手の場には地属性モンスターが存在します。
  この時、自分モンスター召喚した場合、どのように処理するのですか?
A:召喚したモンスター攻撃力を半分にする効果適用されますが、相手の場に特殊召喚されたローズ・トークン墓地へ送られます。(09/02/25)
  (厳密に言えば、トークンは消滅する)

Q:このカードの効果適用中、裏側守備表示《剣闘獣ラクエル》と2体の裏側守備表示剣闘獣デッキに戻して、《剣闘獣ヘラクレイノス》特殊召喚することは可能ですか?
A:裏側守備表示からの状態で特殊召喚できるならこのカードの効果適用されないので、可能です。
  融合素材属性の違う《剣闘獣ゲオルディアス》《剣闘獣ガイザレス》も上記の場合なら可能です。
  ただし、融合モンスター属性以外の剣闘獣が1体でも表側表示である場合は融合素材にできず、特殊召喚できません。(08/08/09)

Q:このカードの効果適用しており、自分フィールド上に《E・HERO アナザー・ネオス》のみが存在します。
  エクストラデッキ《E・HERO The シャイニング》が存在する場合、フィールド上の《E・HERO アナザー・ネオス》手札《E・HERO バブルマン》墓地へ送ってフィールド上を空にした後、融合召喚するモンスター《E・HERO アブソルートZero》に変える事はできますか?
A:この場合、《E・HERO アブソルートZero》特殊召喚できません。(13/01/16)

Q:このカードの効果適用中、相手フィールド上に表側表示《オネスト》セットされた《異次元の戦士》がいます。
  セットされた《異次元の戦士》《きのこマン》攻撃した場合、どう処理しますか?
A:《御前試合》の効果が適用され《異次元の戦士》墓地へ送られた後、《異次元の戦士》戦闘を行ったモンスター除外されます。(09/02/25)

Q:このカードの効果適用中、相手フィールド上に表側表示《クリッター》セットされた《異次元の女戦士》がいます。
  セットされた《異次元の女戦士》《きのこマン》攻撃した場合、《異次元の女戦士》除外効果発動できますか?
A:発動できます。
  《きのこマン》除外されますが、墓地へ送られて効果発動した《異次元の女戦士》自身は除外されずに墓地に残ります。(14/02/27)

Q:相手フィールド上にこのカード表側表示で存在し、自分フィールド上に闇属性以外のモンスターが存在する場合、このカード墓地送って《トラップ・イーター》特殊召喚することはできますか?
A:できません。(08/12/30)

Q:フィールドにこのカード《DNA移植手術》(光属性指定)が存在するとします。
  元々の属性光属性ではないデュアルモンスター再度召喚することはできますか?
A:はい、出来ます。(15/06/29)

Q:地属性がいる時、セットされた水属性攻撃を受けリバースしました。
  この水属性守備力より攻撃してきたモンスター攻撃力が高かった場合、この水属性モンスター戦闘破壊されますか?
  それとも《御前試合》の効果墓地に送られますか?
A:《御前試合》の効果適用されており、地属性モンスター表側表示で存在する時に、裏側守備表示で存在する水属性モンスター相手モンスターから攻撃を受けた場合、ダメージ計算の結果、水属性モンスター戦闘によって破壊される場合でも、《御前試合》の効果によって墓地に送られた扱いとなり、戦闘によって破壊された扱いではありません。(10/06/14)

Q:地属性がいる時、セットされた水属性攻撃を受けリバースしました。
  どのタイミングで墓地に送られますか?
  ダメージ計算の直後ですか?通常の戦闘破壊が起きた場合モンスター墓地に送られるべきタイミングですか?
A:《御前試合》の効果適用されており、地属性モンスター表側表示で存在する時に、裏側守備表示で存在する水属性モンスター相手モンスターから攻撃を受けた場合、ダメージ計算を行った後に《御前試合》の効果によって水属性モンスター墓地に送られます。(10/06/25)

Q:地属性がいる時、セットされた水属性《デュアル・ソルジャー》攻撃を受けリバースしました。
この水属性守備力より《デュアル・ソルジャー》攻撃力が高かった場合、それぞれをどのような順番で処理しますか?
A:まずはダメージ計算後に水属性モンスター墓地へ送られます。この場合、その水属性モンスターは、戦闘破壊した扱いにはなりません。
 その後、《デュアル・ソルジャー》の『このカードが戦闘を行う場合、そのダメージ計算後に自分のデッキから「デュアル・ソルジャー」以外のレベル4以下のデュアルモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する事ができる』効果発動する・しないを選択します。(15/06/29)

Q:《真六武衆−カゲキ》効果発動した時、相手が《御前試合》を発動し、これによって手札特殊召喚できるモンスターが存在しなくなりました。
  この時、自分のフィールド墓地除外ゾーンに他の《真六武衆−カゲキ》2体と《六武衆−ニサシ》3体の存在が確認できる場合、相手はこちらの手札公開を求める事ができますか?
A:はい、出来ます。ショップデュエルの場合は当事者同士で話し合って決めるか、大会では当日の審判の指示に従ってください。(15/06/29)

Q:《幻惑の巻物》を装備され、闇属性に変更されている《E・HERO ワイルドマン》1体のみが自分フィールド上に表側表示で存在しています。
  相手は、自分が《RUM−七皇の剣》発動した際にこのカードチェーン発動しました。
  《RUM−七皇の剣》《No.104 仮面魔踏士シャイニング》特殊召喚した場合、モンスター墓地に送る効果エクシーズ召喚はどう処理しますか?
A:その場合、《CNo.104 仮面魔踏士アンブラル》の上に重ねてエクシーズ召喚することが出来ないため、《No.104 仮面魔踏士シャイニング》特殊召喚することも出来ません。(15/06/29)

Q:相手フィールドに同じ属性モンスターが2体いる時、一方の属性《A・ジェネクス・チェンジャー》で変更しました。
  この場合、どのような処理になりますか?
A:属性を変更されたモンスター墓地に送られます。
  なお、属性が変わらなかった方のモンスター墓地に送ることはできません。(14/09/03)

Q:自分フィールド《くいぐるみ》が存在する時に《融合》を発動しました。
それにチェーンして《御前試合》を発動しました。
自分のエクストラデッキには闇属性モンスターしか存在しなかったために《融合》不発となりました。
この時エクストラデッキを公開して、エクストラデッキ地属性モンスターが存在しないことを証明しなければなりませんか?
またエクストラデッキ地属性モンスターが存在した場合、手札も公開しなければなりませんか?

A:《御前試合》の効果が適用された事で、融合モンスター融合召喚する事ができなくなり、《融合》の処理が行えなくなったとしても、対戦相手にエクストラデッキや手札の内容を確認させる義務はございません。
ただし、対戦相手からエクストラデッキの確認を求められたのであれば、デュエル中のトラブルを避けるという意味合いとして、エクストラデッキの確認に応じて頂ければと存じます。
なお、《御前試合》の効果が適用される場合であっても、《融合》の効果によって《くいぐるみ》と同じ地属性融合モンスター融合召喚できるのであれば、手札エクストラデッキの確認は行わずに、そのまま融合召喚を行います。(15/10/04)

Q:自分フィールドモンスター表側表示で存在しない時にペンデュラム召喚でそれぞれ違う属性モンスターを複数体特殊召喚できますか?
A:はい、特殊召喚する事は可能ですが、その後1種類なるようにペンデュラムモンスターならエクストラデッキ表側表示で加えます。(15/11/05)

Q:自分フィールドモンスター表側表示で存在する時にペンデュラム召喚でそのモンスター属性が異なるモンスター特殊召喚する事自体できますか?
A:いいえ、特殊召喚する事自体できず、同じ属性モンスターしかペンデュラム召喚できません。(15/11/05)


Tag: 《御前試合》 永続罠

広告