光帝(こうてい)クライス/Kuraz the Light Monarch》

効果モンスター
星6/光属性/戦士族/攻2400/守1000
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
フィールドのカードを2枚まで対象として発動できる。
そのカードを破壊し、破壊されたカードのコントローラーは
破壊された枚数分だけデッキからドローできる。
(2):このカードは召喚・特殊召喚したターンには攻撃できない。

 Vジャンプ(2008年2月号) 付属カードで登場した光属性戦士族上級モンスター
 の1体であり、召喚・特殊召喚に成功した時にフィールド上のカード破壊し、破壊されたカードコントローラードローする誘発効果と、召喚特殊召喚したターンには攻撃できない永続効果を持つ。

 の1体だが、アドバンス召喚時のみに効果発動する6とは違い、特殊召喚に成功した時にも効果発動できるのが最大の特徴。
 破壊するカードは種類を問わずにどちらのフィールドからも選ぶことができ、枚数を1枚のみに絞っても良い。
 ただし破壊した数だけドローするため、普通に使っただけではカード・アドバンテージを稼げず、アドバンス召喚時のディスアドバンテージを回復できない。
 採用する場合は、この点をよく考えた上で使用したい。

 自分フィールドフリーチェーンカードや、破壊された時に効果発動するシャドール《鎖付き爆弾》などを対象にすればアドバンテージが得られる。
 効果を使い終わって無意味にフィールドの残ったカードや、自己再生モンスター、弱小トークン破壊するのもよい。
 使い減りしないペンデュラムモンスタードローに変換したり、あるいはペンデュラムスケールの張り替えのために使用する事もできる。
 破壊ドローは同時に行うことを利用して、機皇帝特殊召喚トリガーというのも良いだろう。
 もちろん、こちらの行動を阻害するような邪魔なカードがある場合は、相手のカード破壊するのも選択肢の1つである。

 召喚特殊召喚したターン攻撃できないデメリットは、相手ターン特殊召喚すれば解消できる。
 リリースシンクロ素材エクシーズ素材にしてしまうのも1つの手。
 また、自身の効果で自らを破壊してドローに変換するのも有効な選択肢である。
 《リビングデッドの呼び声》《竜魂の幻泉》とは相性が良く、このカードとそれらのカードの両方を破壊することで擬似《強欲な壺》となる。
 また、蘇生モンスターシンクロ素材エクシーズ素材にして無意味にフィールドに残ったそれらのカード破壊すれば、場の圧迫解消とドローとで一石二鳥となる。

 【帝王】では、《天帝アイテール》効果相手ターンリクルートをすることで相手の行動を妨害できるのが最大の利点となる。
 自分フィールドカード破壊する場合でも、《天帝従騎イデア》《冥帝従騎エイドス》などの墓地発動する効果を持つカード破壊すればアドバンテージとなる。
 それ以外では、自己再生できるモンスターや、《ダンディライオン》等で生み出された綿毛トークン等もねらい目だろう。

  1. 《神剣−フェニックスブレード》効果発動、《光帝クライス》2枚をゲームから除外し、《神剣−フェニックスブレード》手札加えフィールド上にセットする。
  2. 《次元融合》発動、《光帝クライス》2体と《混沌の黒魔術師》特殊召喚する。
  3. 《混沌の黒魔術師》効果《次元融合》手札加え、《光帝クライス》2体の効果《混沌の黒魔術師》と《光帝クライス》2体、《神剣−フェニックスブレード》破壊し、カードを2枚or4枚ドローする。

この1〜3のサイクルを繰り返すことで、無限ドローが成立する。
《光帝クライス》の効果発動タイミングの関係上、途中から始めるということは出来ないので注意が必要である。
しかし、《混沌の黒魔術師》エラッタにより、現在ではこのコンボは使用できなくなった。

  • 「クライス」の由来は「キリスト」の英語読みである「クライスト(Christ)」ではないかと思われる。
    英語名は宗教上の理由のためか独自の綴りになっている。
    これは《大天使クリスティア》等にも言える。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではEXステージのシェリーが使用する。
    データ自体はシェリーの収録前から存在しており、SDGP MAXの商品として登場していた。

関連カード

効果関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:カード破壊する効果対象をとる効果ですか?
A:対象をとる効果になります。(07/12/21)

Q:自分フィールド上に《神殿を守る者》が存在する場合、このカードの効果発動する事ができますか?
A:はい、発動する事はでき、相手フィールドカードを選択して破壊する事もできます。その場合、相手カードドローする事ができません。(08/02/19)

Q:カード破壊する効果ドローする効果は2つで1つの誘発効果ですか?
  それとも、破壊した後にドローする効果チェーンブロックが新たに作られますか?
A:2つで1つの誘発効果でそれぞれの効果が別々に分かれているわけではありません。(07/12/21)

Q:ドローするのはどのようなタイミングですか?
  また、ドローをするかどうかを決めるタイミングはいつですか?
A:破壊した後にドローするかどうか決めます。
  ゆえに効果処理中に決める事になりますが、効果処理の終了したタイミングでは破壊ドローを同じタイミングとして扱います。(09/01/29)

Q:自分《早すぎた埋葬》によって特殊召喚したこのカード《早すぎた埋葬》破壊することで、カードを2枚ドローできますか?
A:はい、2枚ドローできます。(07/12/21)

Q:カードを2枚破壊された場合、1枚だけドローする事はできますか?
A:2枚破壊してドローをすると決めたのであれば2枚ドローしなければいけません。(07/12/21)

Q:相手フィールド上に存在する「自分が元々の持ち主モンスター」を破壊した時、ドローできるのはどちらですか?
A:相手です。(09/06/19)

Q:相手《インフェルニティ・ガーディアン》1枚を対象にして効果発動したとき、チェーンして《D.D.クロウ》発動され、相手手札が0枚になり、対象破壊できなかった場合、相手ドローできますか?
A:《光帝クライス》の効果は、効果によって破壊した枚数分のカードを、ドローする事ができます。よって、対象に選択したカード破壊できなかった場合、カードドローする事もできません。(09/12/23)

Q:《スキルドレイン》適用中であれば、召喚特殊召喚されたターンにこのカード攻撃宣言を行う事ができますか?
A:はい、攻撃宣言を行う事ができます。(07/12/21)

Q:ドローフェイズ中にこのモンスター特殊召喚し、《D−HERO ダッシュガイ》破壊しました。
  このモンスター効果ドローしたカードを、破壊した《D−HERO ダッシュガイ》効果を使い特殊召喚できますか?
A:はい、条件を満たしているモンスタードローしたのであれば可能です。(12/11/28)

Q:ダメージステップ中に特殊召喚された時でも破壊及びドローする効果発動できますか?
A:はい、できます。(13/03/23)


Tag: 《光帝クライス》 効果モンスター モンスター 星6 光属性 戦士族 攻2400 守1000

広告