光波双顎機(サイファー・ツイン・ラプトル)/Cipher Twin Raptor》

効果モンスター
星4/光属性/機械族/攻1600/守 800
「光波双顎機」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在し、
自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):手札を1枚捨てて発動できる。
手札・デッキから「サイファー」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「サイファー」モンスターしか特殊召喚できない。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した光属性機械族下級モンスター
 自身を特殊召喚する召喚ルール効果手札コストサイファー特殊召喚する起動効果を持つ。

 (1)は自身を特殊召喚する効果
 条件を満たせる機会は少なくないが、狙って使うのは難しい。
 基本的には召喚して使うことになる。

 (2)の効果サイファー特殊召喚する効果
 同じレベルモンスターを並べられるが、そのターンサイファー以外を展開できなくなる制約がある。
 現状ランクサイファーは存在しないため、そのままではエクシーズ召喚できない。
 《光波翼機》手札から特殊召喚して効果発動し、このカードともう1体をレベル8にして《銀河眼の光波竜》を出すのが狙いとなる。
 手札消費が多くなりやすいため、手札コストリクルート先に《光波鏡騎士》《光波異邦臣》を含めてディスアドバンテージを軽減しておきたい。
 ただし、《光波異邦臣》レベル1なのでリクルートしてもエクシーズ召喚は狙えない。
 《ワンダー・エクシーズ》相手ターン《セイクリッド・オメガ》などをエクシーズ召喚し、《光波鏡騎士》コストにすることでエンドフェイズサーチ効果を使える。

 また、《サイファー・スカウター》リクルートして戦士族の突破を狙う手もある。

 リクルートしたモンスターエクシーズ召喚できない場合、《光波鏡騎士》リクルートし、次の相手ターン《強制終了》コストにすると良い。
 あちらのサーチ効果を使えばさらに次のターンエクシーズ召喚が狙え、《強制終了》《銀河眼の光波竜》で奪ったモンスター墓地へ送ることで除去に転用できる。

 《ブラック・ガーデン》効果とは相性が良い。
 攻撃力が半減するため、同名カード《光波翼機》リクルートすると《タンホイザーゲート》が使用でき、ランク8のサイファーにつながる。
 また、このモンスターローズ・トークン2体を破壊すれば蘇生できる攻撃力である。
 (2)の効果特殊召喚を制限することでローズ・トークンの数を調整できるため、このカードを素材にした後、《ブラック・ガーデン》破壊蘇生といった動きも狙える。

関連カード

収録パック等


Tag: 《光波双顎機》 モンスター 効果モンスター 星4 光属性 機械族 攻1600 守800 サイファー

広告