剛鬼(ごうき)ツイストコブラ/Gouki Twistcobra》

効果モンスター
星3/地属性/戦士族/攻1600/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「剛鬼」モンスター1体をリリースし、
自分フィールドの「剛鬼」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、リリースしたモンスターの元々の攻撃力分アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「剛鬼ツイストコブラ」以外の「剛鬼」カード1枚を手札に加える。

 CODE OF THE DUELISTで登場した地属性戦士族下級モンスター
 剛鬼リリースして他の剛鬼強化する誘発即時効果フィールドから墓地へ送られた場合に剛鬼サーチする誘発効果を持つ。

 (1)は剛鬼コストとして強化を行う効果
 自身を含む剛鬼が2体以上存在すれば使用でき、フリーチェーンなので相手ターンでも攻撃牽制となる。
 メインデッキ剛鬼モンスターは後述の共通サーチ効果を備えるのでディスアドバンテージも補える。

 (2)は自身が墓地へ送られた場合に剛鬼カードサーチするメインデッキ剛鬼モンスター共通の効果
 タイミングを逃すことがなくリンク素材シンクロ素材リリースなど非常に緩い条件での発動が可能であり、カードの種類に指定がないため魔法・罠カードサーチできる。
 このカードの場合、自身を(1)の効果コストにすることで能動的に使用でき、《剛鬼再戦》サーチして蘇生リンク素材につなぐことも可能。
 この効果を如何に活用するかが剛鬼デッキでは重要な要素となるが、同名カードを含めて1ターンに1度の誓約には気を付けたい。

 この効果により手札モンスターを集め、《剛鬼ヘッドバット》特殊召喚に繋ぐことでリンク召喚を狙いやすくなる。
 また、ペンデュラム召喚との相互補完がしやすく、手札に溜まったモンスターペンデュラム召喚で展開してリンク召喚に繋ぎ、エクストラデッキからのペンデュラムモンスター特殊召喚枠の確保に使える。
 ペンデュラムモンスター破壊を前提とする効果持ちも多く、剛鬼メタルフォーゼなどのペンデュラム効果破壊してサーチに繋ぐといったことも可能。

  • 名前の由来は、プロレス技の一つ「コブラツイスト(アバラ折り)」だろう。
    また動物のコブラとも掛かっており、イラストではコブラの装飾を身に纏っている。

関連カード

―《剛鬼ツイストコブラ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《剛鬼ツイストコブラ》 モンスター 効果モンスター 星3 地属性 戦士族 攻1600 守0 剛鬼

広告