邪竜星(じゃりゅうせい)−ガイザー/Yazi, Evil of the Yang Zing》

シンクロ・効果モンスター
星7/闇属性/幻竜族/攻2600/守2100
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
「邪竜星−ガイザー」の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは相手の効果の対象にならない。
(2):自分フィールドの「竜星」モンスター1体と
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(3):自分フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた時に発動できる。
デッキから幻竜族モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場した闇属性幻竜族シンクロモンスター
 相手効果の対象にならない永続効果自分竜星相手カード破壊する起動効果、自身が破壊されると幻竜族リクルートする誘発効果を持つ。

 シンクロ素材縛りのないレベル7のシンクロモンスターの中では高いステータス効果対象にならない耐性を持ち、場持ちがよい。
 また(2)の効果として竜星限定の《スクラップ・ドラゴン》のような除去効果を備えており、自身を対象にすれば単体除去としても扱え、さらにリクルート効果を使用できる。
 このタイミングでも耐性は有効なので、採用率が高い《エフェクト・ヴェーラー》や、《ブレイクスルー・スキル》などに無効にされずに除去を遂行できる。
 また、(3)のリクルート効果は(2)の効果破壊されても有効なので、【竜星】以外でも幻竜族を採用していれば戦線維持も両立しやすい。

 《ブラック・ローズ・ドラゴン》ほどの除去能力はない反面、こちらはアタッカーとして動かした後でも除去が狙える小回りの良さが売りである。
 あちらと違い除去する際に《スターライト・ロード》にはかからないものの、《大革命返し》には共通して弱い。
 どちらを優先するかはデッキの相性次第だが、レベルシンクロモンスターを中心とするのであれば両方採用して柔軟に対応できるようにしておきたい。

 同じく竜星シンクロモンスター《輝竜星−ショウフク》とはレベルが1つ違うだけなので、各種竜星によるリクルート対象を使い分けるだけで、シンクロ召喚先も使い分けられるようになる。
 《輝竜星−ショウフク》と違い幻竜族リクルート効果を有するため、もし破壊されても戦線を維持できる。

 採用率の高い2体素材のランクエクシーズモンスターを仮想敵に据えた場合、《励輝士 ヴェルズビュート》《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》に注意が必要。
 後者の場合、(3)の効果をも封じられて戦闘破壊されてしまう。
 できる限り《地竜星−ヘイカン》を素材に使用したい。
 《幽鬼うさぎ》にも注意したい。
 こちらは《虹光の宣告者》を併用すれば対策は可能。

  • モデルは竜生九子の一体である「睚眦(がいし、がいさい、やず)」だろう。
    気性がとても荒く、争いや殺す事を好むとされている。
    《竜星の凶暴化》イラストに登場しているのはこれが理由だろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-V第60話において、徳松が囚人たちから巻き上げたカードの中に確認できる。
    61話では徳松のプロ時代の回想で金にモノを言わせて強いカードを手にしたトップスのデュエリストが使用しているのが確認できる。

関連カード

―《邪竜星−ガイザー》の姿が見られるカード

リクルート可能なレベル5以上の幻竜族

レベル4以下については《竜宮のツガイ》 を参照の事。

通常モンスター

効果モンスター

ペンデュラムモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《邪竜星−ガイザー》の(2)の効果で、相手《神竜騎士フェルグラント》とこのカード対象効果発動しました。
相手の《神竜騎士フェルグラント》がそれにチェーンし、《神竜騎士フェルグラント》自身に効果発動しました。この場合、処理はどうなりますか?
A:この状況の場合、《邪竜星−ガイザー》の効果によって自身のみが破壊されます。(14/08/02)

Q:《邪竜星−ガイザー》の(2)の効果で、相手モンスターとこのカード対象効果発動しました。
相手はその効果チェーンし、対象モンスターコスト《神秘の中華なべ》発動しました。この場合、処理はどうなりますか?
A:この状況の場合でも、発動した《邪竜星−ガイザー》の(2)の効果は通常通り適用され、自身の効果によって、《邪竜星−ガイザー》だけが破壊されます。(14/08/03)


Tag: 《邪竜星−ガイザー》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 星7 闇属性 幻竜族 攻2600 守2100 竜星

広告