十二獣(じゅうにしし)ドランシア/Zoodiac Drident》

エクシーズ・効果モンスター(禁止カード)
ランク4/地属性/獣戦士族/攻   ?/守   ?
レベル4モンスター×4
「十二獣ドランシア」は1ターンに1度、
同名カード以外の自分フィールドの「十二獣」モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードの攻撃力・守備力は、
このカードがX素材としている「十二獣」モンスターのそれぞれの数値分アップする。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 レイジング・テンペストで登場した地属性獣戦士族エクシーズモンスター
 十二獣エクシーズモンスターの共通能力に加え、フィールド表側表示カード破壊する誘発即時効果を持つ。

 十二獣共通の召喚条件と(1)の効果については《十二獣ブルホーン》を参照。
 エクシーズ素材4体を揃えて通常のエクシーズ召喚を行うのは現実的ではないため、他の十二獣の上に重ねてエクシーズ召喚するのが基本となる。

 (2)の効果フリーチェーン単体除去
 シンクロ召喚エクシーズ召喚の妨害をはじめ、幅広く使える汎用性の高い効果である。
 十二獣エクシーズモンスターの中で相手ターンに使える効果を持つのはこのカードだけなので、【十二獣】ではエクシーズモンスターを重ねてアドバンテージを稼いだ後、最後にこのカードを出して相手にターンを回すのが基本となる。
 消費するエクシーズ素材十二獣エクシーズモンスター効果を使い終えた《十二獣モルモラット》など、取り除いても攻撃力が下がらないものを優先したい。

 エクシーズ素材次第で高い攻撃力を得られるモンスターではあるが、【十二獣】の展開パターンの都合上、攻守0のこのカードを立てて相手ターンを回さざるを得ない状況も多い。
 この場合十分にコントロール能力を発揮できず、このカード戦闘破壊しにきた下級モンスター除去を撃つだけになりがちである。
 可能であれば《熱血獣王ベアーマン》を利用し、《No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー》を並べておくとよい。
 このカード攻撃される事を防げる上、1ターンに1度魔法カード無効化とフリーチェーン除去を併用する事で相手の行動を強く制限できる。

  • モチーフは十二支の「辰」と思われる。
    イラストでは槍を持っていることから、「ドラゴン」と「ランサー」を捩ったカード名と思われる。
    • 英語名はDragon(ドラゴン)とTrident(トライデント)を組み合わせたものと思われる。

関連カード

―《十二獣ドランシア》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《十二獣ドランシア》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク4 地属性 獣戦士族 攻? 守? 十二獣

広告