森羅(しんら)姫芽宮(ひめみや)/Sylvan Princessprite》

エクシーズ・効果モンスター
ランク1/光属性/植物族/攻1800/守 100
レベル1モンスター×2
「森羅の姫芽宮」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。
自分のデッキの一番上のカードをめくる。
めくったカードが魔法・罠カードだった場合、そのカードを手札に加える。
違った場合、そのカードを墓地へ送る。
(2):手札及びこのカード以外の自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
植物族モンスター1体を墓地へ送り、
自分の墓地の「森羅」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 ディメンション・オブ・カオスで登場した光属性植物族エクシーズモンスター
 デッキトップカードをめくり、それが魔法・罠カードだった場合は手札に加え、違った場合は墓地へ送る起動効果、自身以外の手札フィールド植物族コスト森羅蘇生させる起動効果を持つ。

 エクシーズ素材に縛りがなく、素材数も2体なのでエクシーズ召喚は容易。
 森羅には有力なレベル1が多く、《スポーア》《コピー・プラント》《薔薇恋人》なども採用するため、出せる機会は多い。
 《イービル・ソーン》ならば、手札1枚からエクシーズ召喚できる。

 (1)の効果は、森羅共通のデッキトップめくる効果だが、魔法・罠カード手札に加えられるのでアドバンテージを得やすい。
 攻撃力ランク1としては破格の数値であり、【金華猫】のようなランクデッキでも手札補充兼アタッカーとして採用することができる。
 【ローレベル】で採用されるレベル1の《絶対王 バック・ジャック》であらかじめデッキトップを操作しておくのも良い。
 【ワイト】ならエクシーズ素材にした《ワイトプリンス》を能動的に墓地へ送れモンスターが落ちてもアンデット族なら蘇生しやすく墓地効果発動するモンスターも多い。
 攻撃力に加え、(1)だけでもランク1の中でも特に扱いやすい効果なので、《シャイニート・マジシャン》との2択でレベル1を少量採用するデッキでの候補となるだろう。

 (2)の効果は、手札フィールドの自身以外の植物族墓地へ送る事で墓地森羅蘇生する効果
 コストを払ってから特殊召喚するモンスターを選ぶため、コストにしたモンスターをそのまま蘇生する事も可能。
 このため、1ターンに1度効果を持つ《森羅の仙樹 レギア》などの効果を再使用するといったコンボも可能である。
 この効果エクシーズ素材を必要としないので、《増草剤》等で蘇生しても発動可能なのも利点である。

  • 「姫宮」とは、古語において天皇の娘および姉妹を指す。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《手違い》効果が適用されている時、発動できますか?
A:できません。(16/02/17)


Tag: 《森羅の姫芽宮》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク1 光属性 植物族 攻1800 守100 森羅

広告