真竜皇(しんりゅうおう)V.F.D.(ザ・ビースト)

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/闇属性/幻竜族/攻3000/守3000
レベル9モンスター×2体以上
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、属性を1つ宣言して発動できる。
ターン終了時まで、フィールドの表側表示モンスターは宣言した属性になり、
宣言した属性の相手モンスターは効果を発動できず、攻撃もできない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の手札の「真竜」モンスターの効果で破壊するモンスターを相手フィールドからも選ぶ事ができる。

 マキシマム・クライシスで登場した闇属性幻竜族エクシーズモンスター
 モンスター属性宣言した属性に変更し、さらに宣言した属性モンスター攻撃モンスター効果の発動を防ぐ誘発即時効果真竜モンスター破壊するモンスター相手フィールドから選べる永続効果を持つ。

 レベル9のエクシーズ素材を揃える方法は《No.9 天蓋星ダイソン・スフィア》を参照。
 自身の属する真竜は自己特殊召喚能力を持つレベルモンスター真竜皇(凰)(以下、真竜皇と表記)を擁するカテゴリであり、エクシーズ召喚は難しくない。
 真竜皇手札フィールドモンスター2体を破壊して自身を手札から特殊召喚する(1)の効果と、破壊された場合に発動する(2)の効果を持つ。
 1枚目の真竜皇の(1)の効果手札真竜皇破壊しながら特殊召喚し、破壊された《真竜皇バハルストスF》の(2)の幻竜族リクルート効果、または《真竜皇リトスアジムD》の(2)の幻竜族蘇生効果を使用する事で容易に2体のエクシーズ素材が揃う。
 変わったところでは、闇属性である点を活かし、《RR−ラスト・ストリクス》から出された《RR−サテライト・キャノン・ファルコン》を素材に《RUM−幻影騎士団ラウンチ》エクシーズ召喚する事も可能。

 (1)はフィールドモンスター属性を揃え、攻撃モンスター効果の発動を封じる効果
 相手ターンに使い動きを封じる他、闇属性宣言相手モンスター《超融合》融合素材として処理することなども可能になる。
 発動した後にフィールドに出されたモンスター宣言した属性になるため制圧力は高く、ランク9のエクシーズ召喚を狙えるデッキでは(2)の効果を無視してこの効果目当てでの採用も十分に考えられる。

 (2)は【真竜】で使われる効果で、相手モンスターを2体破壊して手札真竜皇特殊召喚するという、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》のような芸当が可能となる。
 真竜皇は自身と同じ属性1体を含むモンスター2体を破壊する事で特殊召喚されるが、自身と同じ属性2体を破壊した場合は、更に相手カード除外する追加効果適用される。
 (1)で手札真竜皇と同じ属性宣言してからこちらの効果を使えば、モンスター破壊除外で大きなアドバンテージを奪い取れる。

 出しやすさ、モンスターに対する制圧力、他の真竜皇と連携しての除去能力がいずれも優秀であり、真竜皇軸【真竜】の切り札となるカードである。

  • カード名の由来はヨハネの黙示録に登場する「獣の数字」およびそれがローマ教皇を指しているとする説からだろう。
    「獣の数字」である「666」は、「神の子の代理」を意味する「Vicarius Filii Dei」からローマ数字部分を抜き出したときの和であるというものである。

関連カード

―《真竜皇V.F.D.》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:発動後に特殊召喚されたモンスター宣言された属性になりますか?
A:宣言された属性になります。
  そのため、効果発動攻撃もできません。(17/01/14)

Q:発動後に自身がフィールドから離れた場合、相手フィールドモンスター効果発動できますか?
A:効果発動した《真竜皇V.F.D.》がフィールドを離れた場合でも、効果適用されたままとなります。(17/01/22)

Q:炎属性を宣言して(1)の効果発動しているターンです。
  このターン闇属性宣言して《DNA移植手術》発動した場合や《煉獄の騎士 ヴァトライムス》特殊召喚した場合、それぞれフィールドモンスター種族はどうなりますか?
A:フィールドモンスター種族は、《煉獄の騎士 ヴァトライムス》《DNA移植手術》効果適用された種族となります。(17/02/15)


Tag: 《真竜皇V.F.D.》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク9 闇属性 幻竜族 攻3000 守3000 真竜

広告