水精鱗(マーメイル)−アビスパイク/Mermail Abysspike》

効果モンスター
星4/水属性/魚族/攻1600/守 800
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
手札の水属性モンスター1体を墓地へ捨てて発動できる。
デッキからレベル3の水属性モンスター1体を手札に加える。
「水精鱗−アビスパイク」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 ABYSS RISINGで登場した水属性魚族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した時、水属性モンスター手札コストと引き換えにレベル3の水属性モンスター1体をサーチできる誘発効果を持つ。

 類似効果を持つ《水精鱗−アビスタージ》と比べ、サーチ効果であるため腐りにくいが、レベル3ちょうどを指定しているため範囲は狭い。
 しかし、《鬼ガエル》が対応しないレベル3の水属性モンスターデッキからサーチできるため、《水精鱗−アビスグンデ》とは相性がよく、《水精鱗−アビスグンデ》を捨てつつ後続の《水精鱗−アビスグンデ》サーチすることができる。
 このとき《水精鱗−アビスグンデ》蘇生効果発動できるため、墓地レベル4の水精鱗がいれば即座にエクシーズ召喚も可能。

 《ジェネクス・ウンディーネ》サーチし、《海皇の竜騎隊》墓地へ送る事で、間接的に海竜族全てをサーチできる。
 《海皇の竜騎隊》自体は手札にあっても、こちらのコストにできるため都合が良い。
 《ジェネクス・ウンディーネ》召喚権を使うので、このカード自体は《アビスフィアー》自壊コンボ含め、《水精鱗−アビスリンデ》相手ターン特殊召喚するのが望ましい。

 また、《海皇の狙撃兵》サーチし、《海皇の竜騎隊》リクルート《バハムート・シャーク》などをエクシーズ召喚するという経路でもサーチの幅を広げられる。
 この場合、やはり相手ターンリクルートし、《海皇の重装兵》《海皇の狙撃兵》手札コストとする事で、除去を行い《海皇の狙撃兵》攻撃を通しやすくしておければベストである。

 【水精鱗】ではなく、水属性主体のデッキに入れる手もある。
 《ブリキンギョ》から特殊召喚し、《キラー・ラブカ》等のレベル3をサーチ《バハムート・シャーク》エクシーズ召喚して《No.47 ナイトメア・シャーク》特殊召喚し、その効果サーチしたモンスターエクシーズ素材にする流れができる。

  • 名前の由来は「アビス」+「pike(カワカマス属)」に「スパイク」をかけたものだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発効果になります。(12/08/08)

Q:ダメージステップ中にこのカード特殊召喚した時も発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/07/23)


Tag: 《水精鱗−アビスパイク》 効果モンスター モンスター 星4 水属性 魚族 攻1600 守800 水精鱗

広告