水精鱗(マーメイル)−ディニクアビス/Mermail Abyssteus》

効果モンスター(制限カード)
星7/水属性/水族/攻1700/守2400
自分のメインフェイズ時、
手札からこのカード以外の水属性モンスター1体を墓地へ捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果で特殊召喚に成功した時、
デッキからレベル4以下の「水精鱗」と名のついたモンスター1体を手札に加える。
「水精鱗−ディニクアビス」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。

 EXTRA PACK −SWORD OF KNIGHTS−で登場した水属性水族最上級モンスター
 手札水属性1枚をコストに自身を特殊召喚する起動効果と、その効果特殊召喚した際にサーチを行う誘発効果を持つ。

 《海皇の竜騎隊》と共に、【水精鱗】の高い回転力に貢献する1枚。
 アドバンテージを失わずに特殊召喚でき、《水精鱗−ガイオアビス》などのランクエクシーズモンスターへのアクセスが容易になる。
 自己特殊召喚を行いつつ手札交換を行え、召喚権も残るので、サーチしてきた水精鱗の追加展開もできる。

 捨てるカードに一部の海皇水精鱗を選ぶ事でさらなるアドバンテージを得る事ができるため、自身の効果特殊召喚する分には小型の《水精鱗−メガロアビス》のようにも運用できる。
 《水精鱗−アビスヒルデ》《水精鱗−アビスグンデ》を捨ててレベル7のモンスター特殊召喚すれば、そのままランク7のエクシーズ召喚につなぐことも可能である。

 ただし、他のレベル水精鱗とは異なり水族であるため、《海皇の竜騎隊》からのサーチができないことに注意したい。
 自身のサーチ効果にもターン制限があるため、あくまでこのカードは「起点の1つ」と考えるべきだろう。

  • 名前の由来は、古生代デボン紀後期に生息していた板皮類の属「ダンクルオステウス(Dunkleosteus)」の科名呼称「ディニクティス(ディニクチス)」だろう。
    体長は約6〜10mと推測され、これは現在発見されている板皮類では最大である。
    日本名が科名呼称に崩されているのは、図鑑などでこちらの方をお目にかかることが多いからか。
    他のレベル水精鱗の命名規則である《水精鱗−〇〇アビス》に揃えた節もあるだろう。
  • 元々は、海外版Cosmo Blazerで追加された10種の海外新規カードの内の1枚である。
  • 原作・アニメにおいて―
    Dチーム・ゼアルで複数のオボット(改)との決闘シーンで登場。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

広告