成金(なりきん)ゴブリン/Upstart Goblin》

通常魔法
(1):自分はデッキから1枚ドローする。
その後、相手は1000LP回復する。

 Magic Ruler −魔法の支配者−で登場した通常魔法
 相手ライフ回復させる代わりに、自分ドローをする手札交換効果を持つ。

 《八汰烏の骸》《強欲な瓶》と違い即座にドロー可能なので、1ターンキルデッキロックデッキで重宝する。
 特に相手ライフが関係ない特殊勝利デッキでは必須カードとなる。
 中でも【エクゾディア】ではドロー加速とデッキ圧縮を兼ねるため、抜きん出て重要なカードである。
 ビートダウン系のデッキでも、【未来オーバー】等のオーバーキルに達するほどのダメージを与えるタイプのデッキなら採用を検討できるだろう。
 逆に、総ダメージが初期ライフを僅かに越えるタイプの1ターンキルデッキにおいては、相手を仕留め損なう危険性が高い。

 また、《ソウルテイカー》と同様に【自爆スイッチ】【シモッチバーン】での相性も良い。
 【シモッチバーン】においては、1ドローして相手に1000ダメージ与えるという強力なバーンカードと化す。
 《活路への希望》《自爆スイッチ》といった、発動条件お互いライフポイントの差を要求するカードとの併用も考えられる。

  • 「成金」とは、急激に財産を築き上げて金持ちになった者を指す言葉。
    由来は将棋で敵陣に侵入した弱い駒が強力な将にることから。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメ5D'sの「ジャックvsガロメ」戦においてガロメが使用。
    頭上に降り注ぐ紙幣の演出と共にジャックのライフポイント回復させ、自分ライフ相手より少ない時特殊召喚できる《ヘル・トレーダー》の特殊召喚に繋げた。
    高利貸しのガロメのイメージにぴったりのカードだが、バーン手札破壊を主体とするガロメのデッキはこのカードと相性が悪く、実際この行為が彼の敗因になっている。
    ガロメはこの回復を「ジャックに貸した金」と表現しており、逆に《地獄徴収官トイチ》のバーン効果は「借金の取立て」と表現していた。
  • アニメZEXALII(セカンド)の「IV(フォー)vsナッシュ」戦においてIVが使用した通常罠《パニック・シャッフル》のイラストに描かれている。
  • 漫画ZEXALの「凌牙vs八雲」戦において凌牙が使用した速攻魔法《報復の隠し歯》のイラストに描かれている。
  • アニメARC-Vの「権現坂vs暗国寺」戦において暗国寺が使用した通常罠《バーバリアンの呪術》のイラストに描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALステージのステンドグラスにこのカードイラストが使用されている。
    • フォルスバウンドキングダムでは拠点に設置できる設備の一つ、「商人組合」として登場する。
      「商人組合」を設置すると、その拠点に商人が常にいるようになり、アイテムの値上がりを防止できる。
      ちなみに商人はゴブリンではないので、内容とイラストに全く関連性はない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードに対して、《精霊の鏡》発動できますか?
A:いいえ。回復ドローお互いプレイヤー対象としているため発動できません。

Q:ドロー回復は同時扱いですか?
A:いいえ、ドローを行った後で相手ライフ回復します。(09/03/24)

Q:このカードの発動チェーンして相手フィールド上に《神殿を守る者》表側表示特殊召喚された場合、回復効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(10/07/09)


Tag: 《成金ゴブリン》 魔法 通常魔法

広告