星遺物(せいいぶつ)−『星鍵(せいけん)』/World Legacy - "World Key"》

効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻   0/守   0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から「星遺物」カード1枚を捨てて発動できる。
このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズにアドバンス召喚できる。
(2):このカードが相手リンクモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。
そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻す。

 CHAOS IMPACTで登場した闇属性機械族下級モンスター
 星遺物カード手札コストとして召喚権を増やす形でアドバンス召喚を行える起動効果戦闘する相手リンクモンスターバウンスする誘発効果を持つ。

 (1)は召喚権を増やす形でアドバンス召喚を行う効果
 召喚したこのカードリリースして上級モンスターアドバンス召喚するのが基本的な流れとなるか。
 ただ、このカード手札コストの2枚のカードを消費してアドバンス召喚を行うため手札消費が荒いのが難点。
 召喚するモンスター効果ディスアドバンテージを取り戻す、墓地効果を持つカード手札コストにする等の工夫が欲しい。
 《星遺物−『星杯』》なら星遺物サーチでき、《星遺物−『星盾』》なら自己再生が可能なので、これらを手札コストにすると良いか。

 (2)は戦闘を行う相手リンクモンスターバウンスする効果
 ダメージステップ発動する・対象を取らない破壊を介さない、と除去性能では優れる。
 ただし、リンクモンスター以外には何の影響もないため、返しのターンで格好の的となる。
 効果発動後のメインフェイズ2に各種素材やリリースで処理してしまうのが望ましい。

  • デザインは、鍵というよりも剣に近い。
    「せいけん」は「聖剣」と重ねているのだろうか。

関連カード

―《星遺物−『星鍵』》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《星遺物−『星鍵』》 モンスター 効果モンスター 星1 闇属性 機械族 攻0 守0 星遺物

広告