星遺物(せいいぶつ)守護竜(しゅごりゅう)メロダーク》

効果モンスター
星9/風属性/ドラゴン族/攻2600/守3000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の手札・墓地から通常モンスター2体を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力は、
自分フィールドのドラゴン族モンスターの数×500ダウンする。
(3):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードとは元々の種族・属性が異なる
レベル9モンスター1体を自分の墓地から選んで手札に加える。

 DARK NEOSTORMで登場した風属性ドラゴン族最上級モンスター
 手札墓地から通常モンスターを2枚除外して手札から特殊召喚する起動効果自分フィールドドラゴン族の数に比例した全体弱体化永続効果フィールド破壊された場合に自身と種族属性が異なるレベルモンスター1体をサルベージする誘発効果を持つ。

 3つの効果を持つモンスターだが、それぞれ方針はバラバラである。
 (1)は【通常モンスター】と、(2)は【ドラゴン族】と、(3)はレベル9中心のデッキとそれぞれ相性が良い。
 3つ全てを活かせるデッキは難しいので、1つまたは2つに狙いを絞った構築にするとよいだろう。
 守護竜関連のカードを多く採用するデッキならば、通常ドラゴン族も複数投入可能なので、(1)(2)の両立も狙える。

 (1)は手札墓地から通常モンスターを2枚除外して手札からの特殊召喚効果
 【通常モンスター】やそれに類するデッキならばコストを用意するのは簡単であり、序盤からアタッカーとして利用できる。
 《苦渋の決断》を使えば手札墓地通常モンスターを1枚ずつ用意できるので即座にコストが揃う。

 (2)は自分フィールドドラゴン族の数×500の数値分相手モンスター全体弱体化
 自身もドラゴン族なので、単体でも実質攻撃力3100・守備力3500のモンスターとして扱える。
 【ドラゴン族】では高い弱体化数値も期待でき、ドラゴン族自体の高打点も合わさって短期決戦が望める。

 (3)はフィールド破壊された場合に自身と種族属性が異なるレベル9のサルベージ
 この効果レベル9中心のデッキに採用した場合に除去を受けても後続の戦力確保に役立つ。
 なお、レベル9中心のデッキ通常モンスターを入れるのは難しいので、この場合は(1)の効果による特殊召喚が狙いにくくなる。
 この効果を狙う場合、《星遺物の胎導》効果や、《竜の渓谷》などで墓地へ送り蘇生するなどして特殊召喚を狙うといいだろう。

  • 《星杯竜イムドゥーク》の由来からして、モチーフはメソポタミア神話の神マルドゥク(Marduk)か。
    メソポタミア神話の創造神であり、旧約聖書では「メロダク」の名で言及されている。
  • マルドゥクは元来バビロンの都市神及びバビロニアの国家神であり、最高神という訳ではなかったという。
    しかし、バビロンの繁栄と共に信仰が拡大し、当時メソポタミア神話の最高神であったエンリルに代わって最高神として信仰されるようになったと言われる。
    バビロニア神話の創世記叙事詩『エヌマ・エリシュ』には、マルドゥクが女神ティアマトを討ち滅ぼし天地を創造したという神話が残されている。

関連カード

(3)の効果サルベージできるレベルモンスター

収録パック等


Tag: 《星遺物の守護竜メロダーク》 効果モンスター モンスター 星9 風属性 ドラゴン族 攻2600 守3000 星遺物

広告