星遺物(せいいぶつ)対焉(ついえん)/World Legacy Cliffhanger》

通常罠
(1):リンクモンスター同士が戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
お互いのフィールド・墓地のモンスターを全て持ち主のデッキに戻す。
このカードを発動したターン、お互いにリンク召喚できない。

 DARK NEOSTORMで登場した通常罠
 お互いフィールド墓地モンスターを全てデッキに戻し、リンク召喚を封じる効果を持つ。

 フィールド墓地モンスターリセットし、さらにリンク召喚も封じられるので、相手の動きを大きく制限できる。
 ただ、条件はリンクモンスター同士が戦闘を行う場合と限定的である。
 リンクモンスター自体の採用率は高いとはいえ、リンクモンスターとそれ以外のモンスター戦闘を行う状況も多く、容易な発動条件ではない。
 《夢幻崩界イヴリース》相手に押し付ける事で、お互いのフィールドリンクモンスターが居ると言う状況を狙う事はできる。

 相手ターンに使えればメインフェイズ2以降でも動きを制限できるため、有効打になり得る。
 その場合攻撃宣言までにこのカードを守り切る必要がある。

 自分ターンに使うと相手モンスター除去できても攻撃できるモンスターがいなくなってしまう。
 《ナーガ》効果を受けない耐性を持つモンスターを併用すれば追撃は可能になる。

 総じて発動条件が厳しく自分モンスター戻すため、非常に使い辛い。

  • イラストでは、《星神器デミウルギア》に向かって《双穹の騎士アストラム》がオーラを纏いながら突撃しているシーンが描かれている。
    • 「cliffhanger(クリフハンガー)」は、元々は英語で「崖にぶら下がった人」という意味。
      その「どうなるかハラハラする状況」から転じて「連続ドラマ・連載小説などで続きが気になる終わり方をした場面」「結末が読めない競争」なども指す。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《星遺物の対焉》 通常罠 星遺物

広告