星因士(サテラナイト) シャム/Satellarknight Alsahm》

効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1400/守1800
「星因士 シャム」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手に1000ダメージを与える。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した光属性戦士族下級モンスター
 召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合にバーンを行う誘発効果を持つ。

 召喚するだけで1000ダメージを与えられる驚異的なバーン性能を持ち、【フルバーン】でも採用圏内となるモンスターである。
 発動条件ダメージ量が同じ《ファイヤー・トルーパー》と比べると、ノーコストであるため効果発動後もフィールドを空にせずに済む点で勝る。
 また、《ファイヤー・トルーパー》を妨害する《マクロコスモス》などの全体除外カードの影響も受けない。
 攻撃力は低いためアタッカーにはならないが、そのレベル属性種族から優秀なエクシーズモンスターに繋げやすい。

 ただし、【フルバーン】ではフィールドに残るということが逆に欠点となることもあり、特に《エフェクト・ヴェーラー》などに妨害されてしまうのは見過ごせない。
 他のバーンカードには使われる機会がほぼないカードである以上、このカードが格好の的になってしまうのは疑いない。
 墓地へ送られない可能性があることと1ターンに1度発動制限により、蘇生カード《戦士の生還》での使い回しがしにくくなっているのもやや気になる。
 ステータスエクシーズ素材としての扱いやすさに優れる点も、攻撃エクシーズ召喚を行える可能性が乏しいため、受ける戦闘ダメージの軽減以外で役立てられる見込みは少ない。
 《ファイヤー・トルーパー》に対しては上位互換のようで一長一短の関係なので、双方の特徴をよく考えて採用したい。

 テラナイトとして用いる場合は特殊召喚サポートカードが豊富なため、モンスター効果の発動は狙いやすい。
 しかし、カード・アドバンテージを稼げないこともあり、他のテラナイトモンスターと比べると優先度は下がる。
 それでも、状況を選ばず発動可能な効果のため、ダメ押しの一手には充分な1枚である。
 各テラナイトの同じ効果1ターンに1度しか使えない性質上、最終的な特殊召喚対象としても有用である。

  • カード名の由来は、矢座α星の「シャム(Sham)」。
    全天で3番目に小さな星座であり、ギリシャ神話の愛の神エロスが持つ「キューピッドの矢」を星座にしたものといわれている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果ダメージステップ中に特殊召喚された時に発動できますか?
A:はい、できます。(14/04/19)


Tag: 《星因士 シャム》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 戦士族 攻1400 守1800 テラナイト

広告