星神器(せいしんき)デミウルギア/World Gears of Theurlogical Demiurgy》

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/サイバース族/攻3500
【リンクマーカー:左/右/下】
レベル5以上のモンスター3体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク素材にできない。
(1):リンク召喚したこのカードは他のモンスターの効果を受けない。
(2):種族と属性が異なるモンスター3体を素材としてこのカードがリンク召喚されている場合、
自分メインフェイズに発動できる。
このカード以外のフィールドのカードを全て破壊する。
(3):相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚した場合に発動できる。
デッキから「星遺物」モンスター1体を特殊召喚する。

 DARK NEOSTORMで登場した闇属性サイバース族リンクモンスター
 リンク素材にできない効果外テキストリンク召喚された状態での効果耐性を持つ永続効果、特定条件下で自身以外のフィールドのカード全てを破壊する起動効果相手エクストラデッキからの特殊召喚トリガーとして星遺物リクルートする誘発効果を持つ。

 リンクモンスターでもトップクラスの攻撃力と有用な3つの効果を持つが、その分リンク素材縛り重く難度が高い。
 (2)の効果を狙う場合、種族属性が偏ったデッキでは難しいため、必然的にそれらのサポートカードが使えなくなり難易度は更に上がる。

 一応、【ランク5】の様な特殊召喚が容易な上級モンスターを複数採用するなら(2)の条件を満たすことも不可能ではない。
 種族属性がばらけていて、最上級モンスターのいる【空牙団】のようなデッキ《ギャラクシー・クィーンズ・ライト》を採用するというのもありだろう。
 《星遺物の胎導》種族属性が異なるモンスターリクルートを行うため、(2)の効果の条件を満たしつつリンク素材を揃えられる。
 数は少ないが高レベルトークンを利用するのも手であり、例えば《冥府の使者ゴーズ》冥府の使者カイエントークンを出せば2体は用意できる。
 《EMプラスタートル》で自身を含めたレベルモンスター2体をレベル5にするという方法もある。

 (1)はリンク召喚された状態では他のモンスター効果を受けない耐性
 自身のステータスと相まって場持ちに大きく貢献するが、魔法・罠カードには無力な点に注意。

 (2)は自身以外のフィールド全体除去
 上記の通り条件を満たす難度は高いが得られるアドバンテージは期待しやすく、直接攻撃による大ダメージも狙える。
 自分フィールドを巻き込む点に関してはこのカードリンク召喚の過程でフィールドのカードを消費しやすいため損失は抑えやすい。

 (3)は相手エクストラデッキからの特殊召喚時にデッキから星遺物特殊召喚する効果
 《星遺物−『星冠』》リクルートすれば効果を妨害できる。
 戦闘破壊を狙ってくるのであれば《星遺物−『星鎧』》《星遺物−『星槍』》サーチすることで対応可能。
 《星遺物の守護竜メロダーク》であれば相手モンスター攻撃力守備力を下げることができる。

  • 名前の由来は「デミウルゴス」+「ギア(歯車・道具・装置などの意味)」+「テウルギア(降神術)」だろう。
    「デミウルゴス」は書籍『ティマイオス』に登場する創造主の名であり、その名はギリシャ語で「工匠」などを意味する。
    一方、善き存在であるそちらから一転してグノーシス主義においてはヤルダバオトとも呼ばれる悪しき点もある存在とされている。
    悪神であるデミウルゴスがこの世を創造したために、この世は根本的に不完全な悪の世界であるとされる。
  • グノーシス主義ではSophiaと表記される牛頭の女神が存在することから、《端末世界》とモチーフ上のつながりは強い。
    星遺物の世界でサイバース族が特別な存在として扱われてきたことも、《端末世界》が電脳世界上にある存在であることを考えれば、整合性が取れる。
  • 「星神」は創星神から取られたものであると思われる。

関連カード

―《星神器デミウルギア》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《星神器デミウルギア》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 闇属性 サイバース族 攻3500

広告