聖刻龍(せいこくりゅう)−アセトドラゴン/Hieratic Dragon of Eset》

効果モンスター
星5/光属性/ドラゴン族/攻1900/守1200
このカードはリリースなしで召喚できる。
この方法で召喚したこのカードの元々の攻撃力は1000になる。
1ターンに1度、フィールド上のドラゴン族の通常モンスター1体を選択して発動できる。
フィールド上の全ての「聖刻」と名のついたモンスターのレベルは
エンドフェイズ時まで選択したモンスターと同じレベルになる。
また、このカードがリリースされた時、
自分の手札・デッキ・墓地からドラゴン族の通常モンスター1体を選び、
攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 GALACTIC OVERLORDで登場した光属性ドラゴン族上級モンスター
 リリースなしで妥協召喚できるルール効果聖刻レベルを変更する起動効果ドラゴン族通常モンスター特殊召喚する誘発効果を持つ。

 聖刻上級モンスターが多いとは言え、そのほとんどがモンスター効果特殊召喚可能である。
 そのため、このモンスター召喚権を使っても困る事は少ない。
 召喚したこのカード《聖刻龍−シユウドラゴン》リリースに使い、モンスターを展開する効果に繋ぐのも良い。
 聖刻リリースされた時の効果を使用できる場合なら、聖刻リリースしてアドバンス召喚するのも良い。
 妥協召喚した場合はステータスが低下するが、レベルを変更する効果を用いてエクシーズ素材にしてしまえば気にならない。

 レベル変動は全ての聖刻適用される。
 ドラゴン族通常モンスターが必要になるが、聖刻効果特殊召喚できるため、発動は容易。
 レベルの異なる聖刻以外の通常モンスターを並べてしまうと動きにくくなるため、レベルを揃えておくか、聖刻と名の付いたドラゴン族通常モンスターである《神龍の聖刻印》も入れておくと良い。
 全ての聖刻レベルを揃えられるので、《ヴェルズ・ウロボロス》《超銀河眼の光子龍》エクシーズ召喚も、比較的容易に行えるだろう。

 また、このカード光属性レベル5のモンスターなので、《セイクリッド・プレアデス》エクシーズ素材として使える。
 そのため、レベル変更の効果を考えず、聖刻と関係のないデッキ妥協召喚できる光属性レベル5としても採用できる。
 その場合《アレキサンドライドラゴン》も入れておくと、何らかでリリースした際にを用意できる。

  • アセトとはエジプト神話の女神であり、ギリシャ語では「イシス」と表記される。
    九柱神エネアドの一柱である。
    ゲブヌトの子で、オシリスの妹であり妻、セトネフティスの姉、ホルスの母であるとされている。
    • イシスはその妹ネフティスと見た目がよく似ており、見分ける方法は「頭に載せているのが玉座か祠堂か」しか存在しない。
      ちなみに玉座を載せているのがイシス、祠堂を載せているのがネフティスである。
      また神話においてイシスは生を与えるのに対し、ネフティスは死を与えるといった風に、この二柱は対の存在として描かれている。

関連カード

―《聖刻龍−アセトドラゴン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《聖刻龍−アセトドラゴン》 効果モンスター モンスター 星5 光属性 ドラゴン族 攻1900 守1200 聖刻

広告