聖刻龍(せいこくりゅう)−シユウドラゴン/Hieratic Dragon of Su》

効果モンスター
星6/光属性/ドラゴン族/攻2200/守1000
このカードは自分フィールド上の
「聖刻」と名のついたモンスター1体をリリースして手札から特殊召喚できる。
1ターンに1度、このカード以外の自分の手札・フィールド上の
「聖刻」と名のついたモンスター1体をリリースする事で、
相手フィールド上の魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。
このカードがリリースされた時、
自分の手札・デッキ・墓地からドラゴン族の通常モンスター1体を選び、
攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。

 GALACTIC OVERLORDで登場した光属性ドラゴン族上級モンスター
 自身を特殊召喚する召喚ルール効果魔法・罠カード破壊する起動効果ドラゴン族通常モンスター特殊召喚する誘発効果を持つ。

 自身を特殊召喚する効果により、他の聖刻召喚特殊召喚から素早く展開していける。
 また、《聖刻龍−トフェニドラゴン》等をリリースすれば通常モンスターを並べる事ができ、そのまま《聖刻龍王−アトゥムス》エクシーズ召喚する事も可能。
 《エレキテルドラゴン》を並べれば《セイクリッド・トレミスM7》を出し、サルベージもできる。

 魔法・罠カード除去する効果は、手札聖刻リリースする事もでき、同様に通常モンスターを呼ぶ手段となる。
 手札聖刻スペルスピード1の《サイクロン》になると考えれば、なかなか便利な効果だと言える。
 その後の展開の補助にもなるので、【聖刻】の中でも重要な役割となる。

 最後の効果は自身をリリースできるものではなく、あくまで他のカードによるリリースが必要なものである。
 リリースの手段は指定されないため、各種コストの他、アドバンス召喚儀式召喚等でも条件を満たす事ができる。
 ドラゴン族通常モンスターであればレベル属性を指定しないため、選択肢は広い。
 場合によっては、【青眼の白龍】【真紅眼の黒竜】でも利用できるだろう。

 ただし、特殊召喚した通常モンスターステータスが0になってしまうため、各種コンボエクシーズ素材シンクロ素材としての活用が基本となる。
 それを逆手に、《地獄の暴走召喚》トリガーにする事で、素材を3体要するエクシーズ召喚や、《青眼の究極竜》融合素材確保等が可能になる。

 強制効果のためにタイミングを逃す事がない反面、特殊召喚する通常モンスターが存在しない場合はデッキを見せなければならない場合がある。(非公開情報参照)
 とは言え、除外ゾーン以外ならどこからでも特殊召喚できるため、通常モンスターを多用する【聖刻】なら、気にする必要はほぼない。

  • シュウとはエジプト神話における大気の神であり、九柱神エネアドの一柱である。
    妹であるテフヌトを妻とし、彼女との間に大地の神ゲブと天空の神ヌトをもうけた。
    ゲブヌトの間に立ち空を支えている構図で知られている。

関連カード

―《聖刻龍−シユウドラゴン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自身の効果特殊召喚する際に裏側表示聖刻リリースできますか?
A:はい、できます。(12/02/24)

Q:『このカード自分フィールド上の「聖刻」と名のついたモンスター1体をリリースして手札から特殊召喚できる。』という部分の効果分類はなんですか?
A:特に分類される種別の無い効果になります。(12/03/28)

Q:『「聖刻」と名のついたモンスター1体をリリースする事で、相手フィールド上の魔法・罠カードを選択して破壊する。』という効果におけるリリースコストですか?
  また、破壊する対象を取る効果ですか?
A:リリースする「聖刻」と名のついたモンスター発動コストになり、対象に取る効果になります。(12/03/28)


Tag: 《聖刻龍−シユウドラゴン》 効果モンスター モンスター 星6 光属性 ドラゴン族 攻2200 守1000 聖刻

広告