聖刻龍(せいこくりゅう)−トフェニドラゴン/Hieratic Dragon of Tefnuit》

効果モンスター
星6/光属性/ドラゴン族/攻2100/守1400
相手フィールド上にモンスターが存在し、
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚したターン、このカードは攻撃できない。
このカードがリリースされた時、
自分の手札・デッキ・墓地からドラゴン族の通常モンスター1体を選び、
攻撃力・守備力を0にして特殊召喚する。

 GALACTIC OVERLORDで登場した光属性ドラゴン族上級モンスター
 自身を手札から特殊召喚し、そのターン攻撃を制限する召喚ルール効果ドラゴン族通常モンスター特殊召喚する誘発効果を持つ。

 同じ半上級モンスター《サイバー・ドラゴン》と同じ攻撃力を持つが、特殊召喚した場合はデメリットが付随する。
 2つ目の効果の存在を考えると、アタッカーとしてよりは、リリース要員として扱う方が良いだろう。
 《聖刻龍−シユウドラゴン》《聖刻龍−ネフテドラゴン》特殊召喚の為にリリースすれば、召喚権を使わずにモンスターを展開できる。
 その際、《神龍の聖刻印》特殊召喚すれば、これら2体のモンスター効果発動する事もできる。
 あるいは、残った召喚権で《聖刻龍−アセトドラゴン》妥協召喚し、モンスター3体でのエクシーズ召喚を行うというのも考えられる。

 【聖刻】以外にも採用が考えられる。
 半上級モンスターの中でもレベル6は珍しく、より高レベルシンクロ召喚や、ランク6のエクシーズ召喚を狙える。
 儀式召喚デッキではアドバンテージを取り戻す事も可能。
 【ドラゴン族】においても、《バイス・ドラゴン》同様に様々な活用法がある。

  • 名前の由来は、エジプト神話における湿気の女神「トフェニス」だろう。
    「テフヌト」とも表記され、九柱神エネアドの一人である。
    兄であり夫であるシューとの間にゲブヌトをもうけた。

関連カード

―《聖刻龍−トフェニドラゴン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《スキルドレイン》が存在する時にこのカードを自身の効果特殊召喚した場合、このターンこのカード攻撃できますか?
A:いいえ、攻撃できません。(15/02/22)

Q:このカードを自身の効果特殊召喚した後に《スキルドレイン》発動した場合、このターンこのカード攻撃できますか?
A:いいえ、攻撃できません。(12/08/29)


Tag: 《聖刻龍−トフェニドラゴン》 効果モンスター モンスター 星6 光属性 ドラゴン族 攻2100 守1400 聖刻

広告