増殖(ぞうしょく)する(ジー)/Maxx "C"》

効果モンスター
星2/地属性/昆虫族/攻 500/守 200
このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
このターン、相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、
自分はデッキからカードを1枚ドローする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
「増殖するG」は1ターンに1度しか発動できない。

 EXTRA PACK Volume 4で登場した地属性昆虫族下級モンスター
 手札から墓地へ送る事で、相手特殊召喚に反応してドローを行う効果を持つ。

 現環境においては特殊召喚を行わないデッキそのものが希少であるため、腐ることはほとんどないだろう。
 特にシンクロ及びエクシーズ召喚は、その性質上複数回の特殊召喚を経由することが多いため、これらを相手として発動した場合には莫大なアドバンテージを見込める。
 無論、このカード発動したことで相手特殊召喚を控える可能性もあるが、「カード1枚消費で1ターン限りの特殊召喚抑止役」と考えても十分に強力。
 発動時点で手札を1枚消費することになるが、この点はチェーンブロックを作る特殊召喚効果の場合、その発動に対し発動することで最低でも1ドローができ、単純なデッキ圧縮となるのでさほど気にはならない。

 一方、相手が大量の特殊召喚をためらわなかった場合、いくらドローしてもそのターンで決着がついてしまう可能性も高い。
 必ずドローしなくてはならないので、ループコンボ等で大量に特殊召喚され、デッキ切れに追い込まれるケースもある。
 ドロー効果自体は直接相手の行動を阻害するものではない事を心がけ、《バトルフェーダー》《トラゴエディア》《エフェクト・ヴェーラー》宣告者機皇帝等、ドローによって相手を止める手に繋がる構築を意識したい。
 耐えることさえできれば、返しのターンで膨大なハンド・アドバンテージに物を言わせて畳み掛けることもできる。

 手札発動故に奇襲性に優れ、発動後の維持が不要な残存効果であることは大きな評価点である。
 類似効果を持つ《TG ハイパー・ライブラリアン》と比べると、トリガー相手限定となったものの、シンクロ召喚以外にも対応する。
 《ゴキポン》によってサーチでき、墓地へ送られた後は《ジャンク・シンクロン》《デブリ・ドラゴン》蘇生する、《デビルドーザー》《巌征竜−レドックス》コストにするといった戦術もある。

 相手依存であり、性質上相手特殊召喚を直接止める《神の宣告》等とは使い分けが求められる。
 前述したように《バトルフェーダー》等との共存が望ましいことを考えると、【フルモンスター】のようなモンスターの比率が大きいデッキでは特に有効に働く。
 罠カードが少ないデッキの弱点であった大量展開を抑止できる貴重な存在である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ドローチェーンブロックを作りますか?
A:いいえ、作りません。(11/09/17)

Q:特殊召喚の後に別の処理を挟むカード(例:《ディメンション・マジック》)の処理が解決される時、《増殖するG》の効果ドローするのは特殊召喚の直後・別の処理前ですか、それともその処理全体の解決直後ですか?
A:《ディメンション・マジック》効果によってモンスター特殊召喚し、その後フィールド上のカード破壊する効果処理を行った場合、その《ディメンション・マジック》効果処理が終了した時点でドローします。(11/09/17)

Q:このカード適用中に相手特殊召喚を行った場合、自分ドローの後で《カオスハンター》特殊召喚できますか?
A:はい、タイミングを逃すことなく《カオスハンター》特殊召喚できます。(13/03/30)

Q:このカード発動後、相手チェーン1で《ディメンション・マジック》発動しました。
  自分モンスター破壊された時、《機皇帝ワイゼル∞》特殊召喚できますか?
A:はい、特殊召喚できます。
  なお《機皇帝ワイゼル∞》を《増殖するG》でドローした場合であっても特殊召喚可能です。(12/11/28)

Q:このカード発動後、相手《高等紋章術》発動しました。
  どのタイミングで何枚ドローしますか?
A:相手エクシーズ召喚まで終えた時に2枚まとめてドローします。(13/01/27)

Q:上記の状況でドローした2枚は、同時にドローした扱いとなりますか?
  また、《神の恵み》回復するライフはいくらになりますか?
A:2枚同時にドローします。
  よって、《神の恵み》回復するライフは500となります。(13/04/06)

Q:《光天使スローネ》効果によって、《光天使スローネ》ドローした光天使特殊召喚されました。
  何枚ドローできますか?
A:《光天使スローネ》特殊召喚と、ドローした光天使特殊召喚は同時扱いではありません。
  このカードの効果適用されている場合、2枚ドローできます。(14/11/09)

Q:自分が、このモンスターが持つ効果発動しました。
  「相手自分フィールド上に《ヴォルカニック・クイーン》特殊召喚」した場合にドローはできますか?
A:はい、その場合でも特殊召喚を行ったのが相手なのでドローします。(11/09/23)

Q:フィールド上に相手コントロールする《ブラック・ガーデン》が存在し、自分《増殖するG》効果発動している時、自分モンスター召喚しました。
  これにより《ブラック・ガーデン》効果相手フィールド上にトークン特殊召喚されますが、自分デッキからカードドローすることはできますか?
A:はい、ドローすることができます。(11/10/02)

Q:プレイヤーAのフィールド上に《カラクリ小町 弐弐四》《メカ・ザウルス》が存在しています。
  この時、プレイヤーBが手札から《増殖するG》を発動しました。
  その後、Aが《カラクリ大将軍 無零怒》シンクロ召喚しました。
  Bのデッキの一番上カード《エフェクト・ヴェーラー》でした。
  Bはカードを1枚ドローしますが、この時ドローした《エフェクト・ヴェーラー》を、《カラクリ大将軍 無零怒》効果チェーンして発動できますか?
A:ご質問の場合、《カラクリ大将軍 無零怒》シンクロ召喚に成功した時点で、先にBがデッキからカードドローする為、《カラクリ大将軍 無零怒》効果発動した時点で、Bの手札には《エフェクト・ヴェーラー》が存在する事になります。
  したがって、《カラクリ大将軍 無零怒》モンスター効果の発動チェーンして《エフェクト・ヴェーラー》効果発動し、《カラクリ大将軍 無零怒》効果無効にできます。(12/04/09)

Q:このカード効果の発動無効になった場合、同じターンに2体目の《増殖するG》の効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/08/10)

広告